私のhide遍歴(再)

先日書いたhide遍歴を、他の記事と間違えて
うっかり消してしまったので(Sorry,MUMU~!)、
改めて、「私は如何にしてhideのファンになったのか」
「どのようにhideへの愛が深まっていったのか」を
自己紹介がてら書かせていただきます。
前と違っている部分があったらごめんなさい。。。(^^;

1991 友人から、「Jealousy」を借りる。「Es durのピアノ線」だけ気に入る。
     TV出演したXの演奏を聴いて、度肝を抜かれる。
     雑誌に掲載されたYOSHIKIの写真の数々に衝撃を受ける。
     YOSHIKIのファンとなり、Jealousyを一日に何度も聴くようになる。
 ↓
アルバムを繰り返し聴くうちに、HIDE作詞作曲の
「Love Replica」の素晴らしさに気付く。
1日に10回は聴く位ハマる。
Jealousy中のHIDE作品「Miscast」「Love Replica」「Joker」が
アルバムに厚みを持たせている事に気付き、このような
幅広いジャンルの世界を描けるHIDEの才能に惚れる。
歌詞を読んで、彼の持つ語彙の傾向とそれを操る独自のセンスに惚れる。
 ↓
PVやライヴビデオを見て、彼の人間離れしたパフォーマンスに惚れる。
雑誌のフォトセッションで見せる、オリジナリティ溢れるアイデアに惚れる。
インタビュー記事を読んで、彼の独特の言葉遣いと、音楽及びファンへの姿勢に惚れる。
 ↓
大島暁美さんの「ロックンロール日記」やシマあつこさんの8ビートギャグを読んで、
酒の席etcで彼が見せるヤンチャの数々にも惚れる。

※なぜかXのライブやイベントには行こうとせず、
ひたすらメディアからの情報をチェックする
『インドア系お茶の間リスナー』の道をひた走る。

1992 HIDE 写真集「無言激」発売
     カッコよく見せる、といったナルシズムではなく、
     自分をいち「素材」と見なして、これでもかと
     アイデアを詰め込む姿勢に、また惚れる。

(↓無言激より)
e0039100_310441.jpg


e0039100_3102978.jpg


e0039100_3105687.jpg



1993 hide ソロ活動開始
     小文字表記に慣れない間は少し戸惑う
     (Xでは大文字のHIDE、ソロ名義は小文字のhide)


1994 1st solo album「HIDE YOUR FACE」リリース
     新生活を始めた自分にとって、心を支える一枚となる。
     特に「DICE」のギター、メロディ、歌詞、声に衝撃を受ける。
     「一生ついていきますっ!」と叫ぶ。
     
     1st solo tour 立ち見しか席が取れず、諦める。
     (行っておけば良かった…orz)
   
     X'mas限定発売のライヴビデオを購入、遊び心満載のパッケージが届く。
     この人のファンで良かった~~、と満足。

1996 2nd solo album「PSYENCE」リリース
     更に新境地を開いた彼に、戸惑いつつもますますハマる。

     2nd solo tour 出張から帰ったその足で大阪城ホールへ。
     2階席だったので、ピンクと黄色の米粒のようだったのが、
     人生で唯一、私が見た"生hide"。

1997 X解散

1998 Jan. 「hide with Spread Beaver」始動。
         バンド名の意味を調べていて、
         辞書を取り落としそうになるほど驚く。
         
         「ROCKT DIVE」リリース。
         つねにないブレイクぶりを嬉しく思う。
 
     Apr. ファンクラブ「JETS」に関するお知らせが届く。
         生まれて初めて、ファンクラブなるものに入会する。 
         今年のライヴは、ダフ屋を通してでも
         良い席を手に入れようと心に誓う。

     May. …。

  ↓
とにかく、hideに関する物は何でも集めずにはられなくなる。
hideに関わった人達がそれぞれの角度から書いたコメントを読んで
自分の中のhide像が修正されたり強化されたりする。
  ↓
hideを通じて、素晴らしい友人達に出会う。
  ↓
Zilchの歌詞を訳したい一心でECCに通ったり、
データを処理したくてEXCELやACSESSに取り組んだり、
hideファンのメル友を訪ねて中国のあちこちへ行ったり、
メル友とやりとりがしたくて中国語入力ソフトをインストールしたり、
画像処理を始め様々なソフトに手を出してみたり、
hideのおかげで広がった世界と手に入れたスキルは数知れず。

2005 彼のように、強くて優しくて感受性豊かで
     ポジティブで独創的でセンスが良くて
     プロ意識が強くて頭の回転が速くて思いやりの深い、
     そんな33歳になりたい!と思いつつ、
     彼の作品の数々を心の栄養にしながら、現在に至ります。
[PR]

  # by rosa_hiho | 2005-09-06 03:08 | hide & X

勝手にレビュー:Vanishing Vision

VANISHING VISION
X / ワーナーミュージック・ジャパン
ISBN : B000050740
スコア選択: ※※※※

Xがインディーズ時代にリリースした、伝説のアルバム。
発売当初は、ジャケットが余りにもナニで
購入もレンタルもためらわれたものでした。
若かったなぁ…

4 SADISTIC DESIRE(TOSHIのシャウトが素敵)
7 ALIVE(イントロが『月光』なのが面白い)
8 KURENAI(歌詞全編英語)
9 UN-FINISHED...(BLUE BLOOD収録分とは別バージョン)

あたりがお気に入りです。
勢いとエネルギーに溢れた1枚。
ストレスをブッ飛ばしたい時にオススメです。
[PR]

  # by rosa_hiho | 2005-09-05 11:29 | Lifelog

ブログの功罪

(と、大仰なタイトルをつけるほどのネタでもないんですが…)

日経の連載小説「愛の流刑地」に疑問を感じています。

「なんで今更、こんな失楽園の焼き直しのような小説を?」
とは前々から思っていたのですが、
5月24日付掲載分を読んだ時は、筆者の職歴まで疑いたくなりました。
今現在は、また別のとんでもない方向へ暴走しているようです。

そんな今日この頃、とある掲示板にて
某下着メーカーの社長が、自分のblogで
この小説を「好き」だと書いたばっかりに
非難ごうごうでblog内がエライことになっている…
という記事を見つけたので、読んでみました。

…うーん、なるほど。

意識して「不買!」とかまでは思わないけど、
本能的に買う気がなくなりますね。
だって生理的に嫌だもの。
商品が、直接肌につけるものだけに、なおさら。

まったくの一個人としてならともかく、
ご自身の立場と、扱っている商品を考えたら
まずかったんじゃないかなと思います。
購買層ど真ん中を敵に回してどうする。

ただ、ここまでの騒ぎになった背景には
肝心の日経がろくに対応してくれないから…
てぇのもあるような気がします。
やりばの無い怒りを抱えた読者達が
唯一のはけ口を見つけたのがここだった、と。

そう考えると、この方のblogはある意味
日経及び渡辺氏にとって格好の生贄、
という気がしなくもないです。
[PR]

  # by rosa_hiho | 2005-09-03 10:37 | Others

リスニング強化ツール 2

先日ご紹介したのはラジオサイトなのですが、
こちらはテレビサイトです。

「中国中央电视台」
(ラジオと同じく、Rialplayer使用)

左下の「央视新闻名栏」→「新闻联播」内しか
まだ確認していないのですが、どうやら
画像・映像(もちろん音声も)・文章と
三方向から報道内容を確認できる模様。
学習者にはうってつけではないですか!

実は、このサイト、半年ほど前に教わったのですが
Media Playerしか入ってなかったウチのPCでは
なにをどうやっても聴くことができず、
ずーっと放置していたのです。
今回、ラジオサイト使用にあたってRialplayerを入れ、
もしかしたら?と思って再チャレンジしてようやく聴けたという次第。

みなさんは、私の轍を踏まず、ぜひ今日から
どんどん活用してくださいね!!!
[PR]

  # by rosa_hiho | 2005-08-31 23:47 | China & Chinese

旗袍qi2pao2

先日、飲み会の席で
チャイナドレスを4着持っていると言ったら
「どんなのか見てみたい!」
と言われたので、画像アップしてみました。
11万画素のショボ携帯画像なので
見づらいかもしれません、ごめんなさい。


e0039100_2232530.jpg
初代。半袖、膝下丈、裏地付。
高校の合格祝いに買って貰った既製品。
今でも体が入るかどうかは謎。


e0039100_2232489.jpg
生地拡大。




e0039100_22412022.jpg
二代目。ノースリーブ、足首丈、裏地付。
最初の短期留学で作ったオーダーメード。
でも結構ユルユルに作られました。
スリットも、「これぐらいで充分!」と
かなり浅くされました。


e0039100_2246730.jpg
上着を着たらこんな感じ。ややおばちゃん臭い。


e0039100_22483780.jpg
生地拡大。




e0039100_22495088.jpg
三代目。半袖、足首丈、裏地なし。
上海友諠商店で購入。
土産物屋で買ったわりには柄が上品で
気に入っているのですが、
残念ながら丈が若干長め。
身長160cmあると綺麗に着れそう。


e0039100_22541665.jpg
生地拡大。
クリーム地に白の竹柄。




e0039100_22554017.jpg
四代目。半袖、足首丈、裏地なし。
二回目の留学でオーダーメードしたもの。
普段着のように気軽に着られて
家で洗えるコットン生地の旗袍が欲しくて、
店員さんに無理を言って作ってもらいました。
今いちばんのお気に入り!


e0039100_22594290.jpg
生地は難波の「とらや」で購入。
当初のイメージとは
だいぶ違う色柄でしたが、
今はこちらの方で良かったと
満足しています。
上から下までボタンがずらっと
並んだデザインなので、
着物のようにぺろんと
脱ぎ着できるのも気に入っています。






(私の身近な方へ私信)
ご希望の方にはレンタルしますので、
お気軽に随時ご連絡くださいね!(^^
サイズはMか9号あたりです。
オーダーメイドのもいい加減な採寸(笑)で、
私限定サイズという訳ではないです。
[PR]

  # by rosa_hiho | 2005-08-29 22:26 | Others

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE