<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

ヨガる。

久々に、ほんっっっっっとに久しぶりに、
旅行等の予定が何も入っていない状態で有給とりました。
どこの公共施設も混んでないって素敵ですね。
ビバど平日の昼間!!!

んで、近所のコナミの
「1日体験500円(3月末迄)」なるサービスを使って
ヨガのスタジオレッスン2種類受けてきました。
スポーツクラブ自体は何度か
お試しで使った事あるけど、ヨガは初めて。

いやぁもうキツかった!

ポーズというポーズがよろけるやら保てないやらで…
片足立ち系(飛行機とか樹とか)はほぼ全滅。
自分がバランス感覚無いのは知ってたけど、
ここまでとは思わなかったですorz

でもやっぱり気持ちよかったので、
機会があればまたやりたいなと思いました。
BGMもインドっぽいのかけたりしてくれたし。

ヨガは、あの独特の雰囲気が良いですよね。
お香炊いたり、マットもそれっぽくしたりしたら
もっと楽しいかもしれない。
家でおさらいする時は
「XCLAMATION」でもかけてみようかな(笑)

間に酸素カプセルにも入って、
最後にお風呂にも入って
(ここ銭湯みたいに湯船があるんです)、
これで500円!

多店舗でもやってるとしたら
コレはお薦めです、ゼヒどうぞ♪
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-02-28 00:30 | Others

鲜橙雪纺蛋糕!

先日、職場で派遣仲間のSさんは
シフォンケーキがお得意、という話になりまして。

思わず「あのぅ…」と言いかけたら、みなまで言わぬ内に
「分かりました、今度作ってきます」とのお返事が。
よっぽど訴えるような眼差しだったんでしょうか私(笑)。

で!
一週間も経たない内に
本当に作ってきてくれました!!
良い人だ!!!

しかも、なんとオレンジ風味。
チョコとか抹茶とかはよく聞くけど
こういう果汁系のって、
レモカフェのレモンシフォンを除いたら
初めてだったんで、凄く新鮮でした。
しっとりしてて、んまかったです♪♪♪

お菓子作りって、一見華やかだけど
実は結構大変だったりするんですよね。
分量のアバウトさを許さない点では
普通の料理より厳しかったりするし。
なぜかやたらめったら器は要るし。
結果として洗い物は大量になるし。

私の中では、お菓子を作る時間イコール
実際の作成時間プラス
材料用意する時間プラス
洗い物の時間プラス、
それらの手間をかけるという気合を入れる為の時間
の合計であるような気がします。
何が言いたいかというと、
自分にはとても真似できねぇという事です(笑)。

ジャガイモ摩り下ろして片栗粉作るとか、
生クリームすりこ木で叩いてバター作るとか、
小麦粉捏ねて洗ってお麩を作るとか、
そういうのをたまにやるのは好きなんですけどねー。

そんな訳で、自力ではまずお目にかかれない
お菓子に出会えて、とても嬉しかったです。
こういう喜びがあると、午後のお仕事もはかどりますね。

(ごちそうさまでした!!)
e0039100_0393089.jpg



(090302追記)
もうひとりのSさんが写真をくださったので追加。
背景が加わって更に素晴らしい映りになってます。

(クリックで拡大します♪)
e0039100_02957.jpg


e0039100_022931.jpg





中国語ではなんていうのかなと思って検索したら
タイトルの単語がヒットしました。
「雪纺」は音訳兼意訳かな?
雰囲気出てますね~。
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-02-25 00:39 | Food

しまったあああ

hideトリビュートシルバーアクセって、
年明けに受付終了してたんですね。

ピンスパ気になってたのに…(泣)

もう手に入らないとなると、
余計に欲しくなるもんですね…

もうこれは「その予算を5月の東京ドームにまわしなさい」と
神様か何かがおっしゃってるんだと思って、貯金に励む事にします。

ところで、大将の風邪、
少しはマシになったみたいですね。
よかったよかった。
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-02-11 23:32 | hide & X

ガラナ対決

先日、北海道旅行に行った際、物産店で
「日本では北海道にしか無いんですよ!」と
添乗員さんが声を張り上げていたガラナ飲料。

「あぁ、確かにまだ本州では余り見かけませんね」と言ったら
「全っ然無いんですよ!(笑顔)」と返されました。

すみませんねロクスタ知名度低くて…


で、長年北海道に君臨してきた先輩は
ロクスタと比べてどうなのか、
とりあえず購入して試してみようと思った訳です。

まずは外観。

e0039100_21403526.jpg


インパクト度合いでは負けてない気がします。

お次は色合い。

e0039100_21405499.jpg



…熊色?

つかこれ、
イソジンかルゴールか何かじゃないんですか?
なんか色だけでなく、匂いまで
そんな気がしてくるんですが…

e0039100_21411099.jpg


ロクスタがおとなしく見えてきます。

味わいは、かなりの違いがありました。
熊ジュース、もとい北海道ガラナジュースは
飲む瞬間の匂いが、なんか薬草っぽかった。
シナモンと牧草を混ぜたような、
そんでちょっと野性味ある感じ。
やっぱりパッケージがコレだから
イメージ合わせたのかな?

ロクスタの匂いはカキ氷シロップですよね。
あの人工的な色を連想させる匂い。
あと、ロクスタのような酸味は
北海道ガラナジュースにはありませんでした。


贔屓目かもしれませんが、やっぱり私は
ROCKST☆Rの方が飲みやすい気がするなぁ。



でも「ガラナ」と名のつく飲み物は
他にも何種類かあったから、
中にはもっと美味しいのもあるかもしれませんね。
今回は思いっきり外観で選んできちゃったから(笑)
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-02-08 21:39 | Others

歓送会@雑穀食府

少し前のお話になってしまいますが。

クラスメートの1人が、この2月からキルギスタン勤務と相成り、
先日、「雑穀食府 朋友」なるお店で歓送会を致しました。

e0039100_1665025.jpg


こちらは西安料理のお店で、
西安に留学経験がある幹事Miさんのセレクト。
Miさん曰く、「日本人に媚びない味付けと
接客様式が魅力」なんだそうです(笑)。

e0039100_167821.jpg
口水鶏。


e0039100_1672826.jpg
雑穀チャーハン。


重慶に留学していたIさんが、メニューにない
「蚂蚁上树」をダメ元でオーダーしたところ、すんなりOK。
こういう柔軟なところがありがたいですね。
尤も、味付けは「(第二の)故郷のとだいぶ違う…」とのことでしたが(笑)。

そして、この日私にとって最大のヒットだったのは、「羊肉泡馍」。
Miさんが食べ方を伝授してくれました。
まず、オーダーすると「馍」と呼ばれる発酵していない
パンのような物が運ばれてくるので、それを細かくちぎるんだそうです。
充分細かくなってないと、お店の人に突っ返されるらしい。

e0039100_1684246.jpg


これが「馍」。
小麦粉と水だけで作られたような、素朴な素朴なパン。
事前に「ベーグルみたいなもんですか」と尋ねて
「そんなお洒落なもんじゃない」と言われたのですが、
端っこ少し味見してみて、その意味がよく分かりました(^^;

地元のお店だと「機械でor手で」という選択肢があるそうです。
コレ専用のシュレッダーみたいな機械があるんだとか。

で、充分細かくできたら店員さんに渡して、
羊肉その他の具が入ったスープをかけてもらって出来上がり。

e0039100_169326.jpg


これが!!
よそでは食べた事の無い味と食感で、凄く美味しかったんですよ。
味もそっけもない「馍」が、羊のこってりしたスープに浸されたことで
コシのあるすいとんみたいな感じに変化してて。
普通のベーグルやパンだったら逆にくどくなってしまいそうなところが
「馍」の素朴さのお陰で絶妙な味わいになってるんです。

思い出すと無性に食べたくなる味でした。
あぁ、こうやって書いている今も食べたい(笑)。

料理を楽しみつつおしゃべり全開。
みんな、それぞれに中国に思い入れがるんだなと聞いてて思いました。
共通していたのは「『日本とここが違う』で嫌いになるのはつまらないよね」
という意見。
違うのは当たり前なんだから、そこを楽しまなきゃ、と。
まぁこれは日本‐中国だけじゃなくて、
他の国同士でも言える事なんでしょうね。

あと、それぞれの中国及び中国語にハマったきっかけが面白かった。
なにしろ、そこに居た6名全員が見事にバラバラだったんですよ。

私:ジャッキー・チェンが好きだった
(本当は広東語がやりたかったけど、当時環境が無くて仕方なく普通話に)

Nさん:大学で、第二外国語で選んだ

Miさん:卓球で高校の時に日中交流をした

Maさん:NHKのシルクロード紹介番組

Oさん:三国志


でも一番印象深かったのはIさん。
なんと、映画「西太后」がきっかけだったそうです。
あの壺漬けのシーンが相当にインパクトあったと。


…いやぁ、改めて奥の深い国ですね(笑)。



楽しい時間はあっという間に過ぎて、
東京研修から真っ直ぐ参加してくださった
Maさんは、スーツケースを引きながら渡航準備へ向けて帰宅されました。
今頃キルギスの空の下なんだろうなぁ…
落ち着かれたら是非、キルギスレポなどしていただきたいです。


ところで、「華文時報」という新聞に、このお店ともう一つ
「兄弟粥」の記事が載っていたのですが、
どうもそちらもこの「雑穀食府」の近くにあるようで。
とても気になっているので、是非近いうちに開拓したいと思います。
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-02-07 16:05 | Others

我ながらちょっとどうかと思った時。


派遣先の女性職員さん(推定20代後半)の

引き締まったふくらはぎと
質の良さそうな黒ストッキングと
ヒール細めで高めの黒パンプスが
コンボで目に入った瞬間、

脳裏に浮かんだ一行が




…踏まれてみたいかも…




だった時。
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-02-03 01:16 | Others

この本が気になる

振り返ること5年以上前、中国語の授業中に
「○○さん(←本名)は勿論、中国語で周期表言えるよね?」と言われ
「日本語でだって言えません!」と胸張って答えた記憶があります。
そして勿論、今でも全く言えません。

そんな私でも、これなら覚えられるんじゃないか!?
と思わず期待してしまう一冊です。

「エレメントガールズ 元素周期 萌えて覚える化学の基本」


いやあ、こういう本が学生時代に欲しかったな~~
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-02-02 23:28 | Others

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE