<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

妄想構築中

えー。
先日垂れ流した「hideデータベース」妄想について、色々アドバイスいただいて
頭の中でぼんやりと形が見えてきたので、とりかかっているのですが…
思ったより大変ですよ、これ。

なんつーか、予想以上に情報量が膨大です。
残暑厳しい室内でちまちまちまちまデータ入力し続けていると
滂沱と流れる汗と一緒に魂まで流れ出ていきそうです。
「何やってんだろ自分」と我に返るのだけはやめとけと、自分に言い聞かせています。
誰だよこんなのやってみたいとか言い出したの。私だよ。

矛盾したこと言うようですが、作業自体は物凄く愉しいんですよ。
「デビュー当時は死ぬほどイベント出てた」ってのは本当なんだなぁと実感したり、
あのライヴの後にこの宴会があるのかぁと再認識したり。
やった事無いけど、廃人になりそうな位ハマるゲームなどという物が
世間にはあるらしいですよね。それに近いモノがあります。
ほかの事何にも考えずに朝から晩までコレだけできたら、とても幸せだと思う。

えー、手順としては、手持ちの資料から情報をどんどこAccessに入力しているところです。
で、有る程度溜まったらレポートにデータ抽出表示して、Excelに落として、
ちょこっと加工して、ブログにコピペ、で基本の時系列データができます。

その後は、ネタとかエピソードとか追加情報とか提供してくれる人は
コメント欄に投稿してもらって、それを一旦Accessに入力して、
定期的に上の手順を繰り返してまとめて更新、で良いんじゃないかなと。

以下は見本です。1990年1月から12月まで。
日付 曜日
出来事(ツアー/TV番組/雑誌etc)(会場/TV局/号数etc)
・補足エピソードetc(補足の出典)
の順で掲載しています。
多少見辛いかもしれませんが、おばちゃんもうこれが精一杯(泣)。
あ、日にちが分からない事項は月末に、
月が分からない事項は年末に、
それぞれまとめて表示する仕様になってます。

補足欄に「出典」を明記しているのは、それを読んだ人が
インタビュー全体を知りたくなった時に、バックナンバー購入の手がかりにしてもらう為です。
そうやってhide物が世間を往来してくれればと(笑)。

********************

02/04 Sun
YOSHIKI復活ライヴ(日本武道館)
03/06 Tue
「ROSE & BLOOD TOUR」再開(渋谷公会堂)
03/09 Fri
(名古屋市公会堂)
03/15 Thu
(静岡市民会館)
03/19 Mon
(水戸市民会館)
03/23 Fri
(郡山市民文化センター)
03/28 Wed
(新潟産業センター)
04/02 Mon
(福井文化会館)
04/04 Wed
(石川厚生年金会館)
04/09 Mon
(札幌市民文化会館)
04/11 Wed
(青森市民文化会館)
04/17 Tue
(福岡ももちパレス)
04/20 Fri
(福岡市民会館)
04/21 Sat
CDs「WEEK END」リリース
04/29 Sun
「ROCK WAVE」(イベント)名古屋
05/07 Mon
「ROSE & BLOOD TOUR FINAL」(日本武道館)
05/09 Wed
「ROSE & BLOOD TOUR FINAL」(日本武道館)
05/17 Thu
「ROSE & BLOOD TOUR FINAL」(大阪城ホール)
05/21 Mon
「X PHOTO & TALK」取材(チャート式Q&A)
05/23 Wed
「X PHOTO & TALK」取材(4vs1バトルロイヤル座談会)(青山)
・「俺は思ったよ。YOSHIKIは美しいよなァ。」(『X PHOTO & TALK』)
05/29 Tue
呑む(青山・パブ→六本木・バー→パブ→今井宅)
06/30 Sat
(日不明)セカンドアルバムレコーディングの為活動休止
08/02 Thu
呑む(西武球場→六本木・バー→パブ)
・「市川さんが全部仕切って盛り上がってて、俺市川さんの打ち上げかと思った」(酒呑み日記15)
08/14 Tue
エクスタシー・レコード呑み会(目黒・居酒屋)
・先月号の自分のインタビューを読んでる。「単行本のもそうだけど、凄く面白いけど俺こんな奴大嫌い!」。複雑な男だ。(酒呑み日記15)
10/10 Wed
Magazine「X PHOTO & TALK」(月刊オンステージ10月号増刊)(少年出版社)
・メンバー別インタビュー、ライヴ写真、座談会、過去LIVEセトリetc(『X PHOTO & TALK』)
11/24 Sat
レコーディングの為渡米
12/31 Mon
(日不明1)「X FILM GIGS~血と薔薇にまみれて~」スタート(東京ベイNKホール)
・メッセージCD配布(hideDAYS)
(日不明2)日本有線大賞有線音楽最優秀賞受賞

********************

この手法だと、どうしても重複が出るんですが…
例えば、DICEについて「音楽と人94年2月号」で語っていたとすると、
DICEの補足欄・取材日・音人発売日の3ヶ所に、この「音楽と人94年2月号」が表示される事になる。
この点については、良い解決策が思いつかなかったので、もうこのまま放置してます(笑)。

今参考にしてるのは、主に「hideDAYS」のバイオグラフィー。
あとできれば「X JAPAN イヤーズ・ブック」のデータも追加して、
有る程度まとまったカタチになったところで、
年内にはお目にかけることが…たぶん…できたら良いなぁと思っています。
その後は随時ゆっくりメンテナンスして、少しずつでも充実させていきたいなと。

…ライフワークになりそうですね(笑)。
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-08-26 23:12 | hide & X

CHOPIN VS YOSHIKI

録ったどー!

…すみません、ちょっと書いてみたかっただけです。
ついでに言うと、タイトルも何となく思いついただけです。
全然versusでも何でもない。



という訳で、毎度お世話になってる連弾の相方Kさんと共に、本日
最近仕上げた課題曲の録画会なんぞしたので、UPしてみました。
近所のヤマハ(つか三響楽器店)は、
¥1,575/hでグランドピアノのお部屋を貸してくれるとです。
ついでに¥500毎に1ptくれて、20ptで1時間無料レンタルというサービス有。

まずはKさんの「ショパン 12の練習曲 作品10-4 嬰ハ短調
(F.F.Chopin 12 Etudes Op.10-4 cis moll)」
。3分11秒。

のだめのコンクール課題曲(練習で炎の演奏、本番で燃え尽き)としてもお馴染みのこの曲、
テクニックや体力的に大変なのは勿論の事、
曲中に一ヶ所たりとも気を抜ける箇所が無いので、精神的にも大変です。
でも、弾いた後の達成感や爽快感は凄そう。体育会系?(笑)






こちらは私の「YOSHIKI『愛・地球博』公式イメージソング"I'll be your love"」
ピアノコンチェルトバージョン、のピアノアレンジです。8分37秒。
案の定、キメどころを悉くハズしてしまいました…orz

よく巷のサイトで「YOSHIKI曲を弾いていると、途中でYOSHIKIの魂が降りてくる」
というコメントを見かけるのですが、私のところには
愛知博のキャラクターしか降って来ませんでした(しかもモリゾー限定)。
濃緑の着ぐるみがモッサリ揺れてる様をイメージして頂けましたら幸いです。


終了後、受付のお姉さんから「最後に弾いてた曲何でした!?
どこかで聞いた憶えはすっごくあるんだけど、思い出せなくて…」

興味津々と言った面持ちで訊かれて、ちょっと嬉しかったです。



帰りに、POIREにてお茶。
手前はショコラムース、奥は試食でくれた抹茶ロール。ラッキー♪
e0039100_0493171.jpg

藤原紀香さんのウエディングケーキ用人形って、
ここの本店の職人さんが作ってたんですね!!
知らなかった~~
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-08-20 00:49 | Others

妄想拡大中

昨日の「ウィキhideア」に予想以上の好評を頂いて
妄想に拍車がかかっております。
こんな零細ブログでこれだけの賛同があるって事は、
実際かなりの需要が見込まれるんじゃ…

これ、本気で作る必要があるんじゃないか、って気がしてきました。

しかしどうやったら良いサイトができるんだろう…
例えば「DICE」に関連するデータを挙げるとしたら、考えられるのは
・リリース日
・制作スタジオ
・関連スタッフ
・レコーディング機材一覧
・歌詞
・バンドスコア
・発表音源(各ver.)
・ライヴ映像
・プロモーション記録(雑誌・ラジオ・TV)
・関連エピソード
ざっとこんな感じ?
これらを探しやすく、見やすい構造にサイト構築…
何をどうやれば良いやら皆目見当がつきませんorz
あと、できればそれぞれのデータの各国語バージョンとか、
歌詞への個人的考察なんかを載せる場も欲しいかなーなんて
…ますます収集がつかなくなってきた(T T)

やっぱ、本家のWikipediaを真似るのが一番堅実かなーという気はしますが。
ちょっと調べたら、あれってWikipedia財団ってのが運営してるんですね。
小口寄付を収入源に、財団のスタッフが荒らしやガセ記事をチェックしてるって。
それぐらいの体制じゃないと、ああいう規模は難しいでしょうね。

何より、最大のネックはやっぱり肖像権著作権版権の類、ですよね。
上記のコンテンツを全部掲載しようと思ったら、
事務所と雑誌社とテレビ局とラジオ局とにお願いして廻らないといけない。
てか、お願いしても了承が得られるとは思えない。
見切り発車でやったら、下手したら手ェ後ろに廻る事態になりかねないしなぁ。
酒呑み日記ログは市川さん御本人からOKが出ててイイなぁ…羨ましい。

とにかく、考えれば考える程、
個人の手に負える物じゃないという事だけは良く分かるのですが。
かといって、事務所がやってくれるとも思えない(Xのもソロのも)。
でも需要がメチャクチャありそうなのも今回ひしひしと分かったし、
…何とかならないものでしょうかねぇ(泣)。


トップのロゴはWikihideaとか表示するのも可愛くて良いかも♪とか、
そういう事だけはいくらでも思いつくんですがorz
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-08-17 23:29 | hide & X

続・hideにまつわるエトセトラ「あんな願望こんな妄想」

何度か書いている事ですが。
ファン歴こそ「93年以降」とそれなりの長さを持っている私ですが、
hideちゃんのいわゆる「ご家庭ロック」ユーザーだった為、
情報源はCD・雑誌・TV・ラジオに限られていました。
(それすら見逃す事も多かった)
どうして文通でも良いからhide友を作って情報交換する、とか思いつかなかったのか。
なんでライヴは大阪の物にしか行けないと思い込んでいたのか。
東京はあんなに近いんだという事にもっと早く気付かなかったのか。
hideちゃんのライヴはよそよりお得なんだという事を分からなかったのか。
当時の自分を叱ってやりたい気持ちで一杯です。

そんな訳で、人様のサイトで今更知って驚くエピソードも多く、
ネットの恩恵に感謝しつつ、現在サイト巡りをしています。
そうやって各サイトの様々な情報に触れる度に思う事。

「これ、ひとつにまとめる事ができたら、最強のデータベースができるんだろうなぁ…」

みなさんそれぞれに貴重な情報をお持ちなんですよ。
でも散在していて、検索しないと辿り着けないのが非常に歯がゆい。
さらに勿体無い事に、運営できずに閉鎖しちゃったりしているのもある。
これを全部、一括して見る事ができたなら!!!
そんなサイトができたなら!!!

まず各媒体について、余さず見れるようにする訳ですよ。
雑誌のインタビューとか、TV・ラジオの出演記録とか。
もちろん、超ローカルな物まで余さず網羅。
モノによっては、映像プラスと文字データの両方あっても良い。
んで、キーワードで一発検索できるようになってるんですよ。
著作権とか版権とか肖像権とか色々難しいだろうけど、
何なら有料サイトにしても良いから実現できないかと。

ついでに、おっかけしてたお姉様方からの情報もあったら更に素敵。
打ち上げ三次会で一緒にカラオケ行った人の話とか、
真冬の深夜に居酒屋の外で出待ちして
「こんなに冷たくなっちゃって、雪ん子じゃないんだから」
と言われた人の話とか、
そういう情報も追加したら、事務所も把握してないような
365日1分1秒に至るまでの超詳細な行動記録ができあがるんじゃなかろうかと。
…この辺かなり犯罪入ってくるし、人としてどうかと自分でも思うんで
余り強くは言えないのですが、あったらとっても読みたい。と思う。

以前、「秀の杜」という個人サイトにしては驚く程情報豊富なHPがあって
大変お世話になったものですが、今は半壊状態のまま休止中なんですよね…
「秀の杜」さんへのオマージュを込めつつ、更に最強なサイトを作れたら
…というような話を先日、hide友阿片さんとチャットで話していたら、
彼女が「『ウィキhideア』とか?」と。


そ れ だ !


以来、彼女のその素敵ネーミングが頭から離れず、
いつかどこかで実現しないものかと妄想しまくる日々です。
(↑自分でやろうとしないあたりが他力本願の真骨頂)



夏休みの開放感に紛れて、つい妄想吐き出しました。
お見逃しいただければ幸いです…
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-08-15 12:57 | hide & X

納涼クラシック

ようつべより三連発。


リスト:エステ荘の噴水
Liszt: jeux d'eaux à la Villa d'Este

ラベル:水の戯れ
Ravel: Jeux d'eau

ドビュッシー:水に映る影
Debussy: Reflets dans l'eau

キラキラと飛沫をあげて輝く水の動きが、
目に浮かぶような音色ですね。
聴いてるだけで涼しくなります。



これらの曲を聴きながら

e0039100_13235695.jpg
こういうモノを食せば、暑さ対策も万全(笑)。
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-08-14 13:24 | Others

あーゆーれでぃ?

先日、他部署のKさんと、偶然エレベーター内で再会した時の事。

彼女とは、某巨大セミナーでご一緒して以来。
基本的に今の勤め先ではhideファン&Xファンを公言しない事にしている私ですが、
彼女に対しては、配布資料セッティングの合間に雑談がてら語った事がありました。
激務続きで朦朧としていたのだな。

んで、先日。
お久しぶりですね、その節はお世話になりました、
その後いかがですか、まぁまぁですね
…なんて月並みな挨拶を交わした後、Kさんが一言。

「アレ以来、私の中で○○さん(←私の本名)は
『レディーエックス』なんですよ!!」


こんな素敵な称号をいただいたのは初めてです。
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-08-12 13:06 | hide & X

「音楽と人」1994年3月号

12月21日 火曜日
16時、市川がhideの事務所に到着すると、hideが必死で膨大な量の、他誌用写真チェックをこなしていた。「おー、沢山あるのお」「忙しいんだから」「よし、俺が選んでやろう。どけ」「オヤジ!お願いだからそれだけはヤメて!!」「遠慮深い奴だなあ」
それは違うと思う。

編集後記「今月のあとの祭り」より。
微笑ましいですね(笑)。
けどこの様にhideちゃんからオヤジ呼ばわりされている市川氏、
実はたったの3つ違いなんですね。最近知って非常に驚きました。
もっと離れてるのかと思ってた…


***************

hide友さんに教わった日本橋の某古書店にてバックナンバーを物色していたら、
「何想う、YOSHIKI?」と表記された背表紙が目に入りまして。
よっちゃん巻頭特集かぁ、どうしようかな、珍しく脱いでないから買おうかな、
予算外だけどインタビュアーが市川さんだったら面白いだろうし、とか考えながら
引っ張り出して表紙を眺めたら、掲載アーティスト一覧のかなり上に「hide」の文字が!
えーhideちゃんこの号でも喋ってたん!?全然知らなかったよー!!
と、即購入決定しました。
そしたら、予想以上に素敵トークの宝庫で。

リアルタイムで気付かなかったからこそ、
今こうやってバックナンバーを新刊なみに楽しく味わえるんですよね。
きっと、まだまだこういうの沢山あるんだろうなぁ~~
…そう思うと、当時の自分のニブさ加減が、
情けなくもあるけど同時に有難くもあります(苦笑)。


「あ、先に思いつきで曲のタイトル決めちゃうの、漠然と。で、
『じゃあ"DICE"って曲を作ります。ドラマーを設定しよう』っつって、
ドラマーの人格から決めるのよ。
『コイツは生まれて初めて聴いたアルバムがプログレで、
仰々しい太鼓が売りだったが、最近ドラムセットをシンプルにした。
が、どうしてもツーバスの時の癖が抜けず、サビ前にくるとどうもツーバスを踏みそうになる』
と話しながら(笑)、鍵盤にそのドラムを出してもらって、俺が唄い弾いて出来上がり!」
「全曲、ドラマー違うの(笑)。スネアもハイハットもシンバルも石の人とか(笑)」


…私、バンドとかやったこと無いから分からないんですが、
みんなこうやって作曲するもんなんでしょうか?
曲ごとに各楽器の人格から創って音を決めるって、かなり変わっている気が(^^;



「全然呑まなかった。酒よりも愉しい事があれば俺は呑まない、と!(笑)」
●●でも人生で一番愉しいのは酒だろ?
「他人も自分と一緒と思うなよ!(笑)。俺は違うぞ!違うぞ!」
●●じゃあ一番愉しいのは?
「レコーディングだよ。そういう愉しい話が無い時に、酒に走るのよ」

市川さん相手だとhideちゃんリラックスしてますね。
インタビューというより、トークって感じ(笑)。読んでて楽しいです。
市川さんが原稿用に予め決めていた結論に誘導されている感も無きにしも非ず、ですがw
(あくまで個人的な感想ですが、なんかそんな感じを受けます)



いやしかし堪能しました!
良いお買い物でしたよ♪♪♪



ところでこの「音楽と人」、読者投稿ページは大抵前月号の感想から始まるのですが。
94年2月号は和装hideちゃんが表紙だったんですよね。
で、この3月号で「足が出てる!指がある!!爪が生えてる!!!」
とえらく興奮したコメントに遭遇。

表紙…ってこれよね。

e0039100_21523828.jpg

足なんか出てたかぁ?






e0039100_21525355.jpg

あ…






e0039100_2204687.jpg

コレか。






13年目にして初めて気付いた事実。
自分はファンとしてまだまだだな、と
改めて思い知った夏の午後でした。
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-08-05 21:50 | hide & X

スタッフが1日目で顔青くなって、2日目で白くなる

…2日目の白はともかく、前日のリハはさぞかし
メンバー・スタッフ揃って文字通り「青い夜」だったことでしょうね。
(『青い夜』の理由が気になる方は、Yahooで「右上三頭筋」で検索かけてみましょうw)

そんな伝説のライブが、完全収録永久保存版映像となって蘇りました!!!

e0039100_05523.jpg


常に直前行動になってしまう腰の重い私は、例によって
発売日スレスレになってやっと、Amazonにて購入手続き完了。
最安値のサイトは売り切れてました…自業自得ですね(T▽T)

さて、コレをどう観賞するかが問題なわけですが…
どうせなら、限りなくリアルと同じシチュで見たい気がする。
昼間じゃなくて夜に、細切れじゃなく通しで、
そして間は空けずに二夜連続で。
そんでもって、できれば家族の居ない時に見たい。
周囲に気兼ねせず、じっくりたっぷりどっぷり浸ってみたい。
…うーん…

無事チャンスを掴んで全部見終えるのは、
けっこう先になりそうな気配です。



e0039100_052999.jpg
勢いでついでに買った雑誌たち。
後悔はしていません。




あ、タイトルのセリフは、「Rock'N'ROLL Vol.92(Dec 27 1994)」記載のインタビューから。
「UV Special hide with Spread Beaver LEMONed FILE」にも収録されています。



特典映像がまた問題なんですよねー。
プライベートショットと聞くと、後のお楽しみにとっておきたくもあるし
録りおろしYOSHIKIインタビューと書かれているのを見ると、
何となく先に見ておいたほうが良いような気もするし。
みなさんはどうなさってますか?

[PR]

  by rosa_hiho | 2007-08-01 00:05 | hide & X

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE