<   2006年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

そうだ TOKYO 行こう 三日目

三日目…というか、二日目終了から約4時間後(笑)。

広尾→品川→外苑前→表参道→原宿

e0039100_1052815.jpg
「酔っ払い明けには蕎麦だろう!」と
チェックアウト時から頭が蕎麦で
固まっていたので、箱根暁庵へ。


e0039100_10491450.jpg
おろしそば。
未だ酒抜け切らぬ身体も
大喜びの絶品♡


e0039100_10493569.jpg
蕎麦湯は薄めが好きなので、
上澄みだけ。


このお店には、なんとなくハイソな香りのするお客様が多いです。
席ひとつ置いて隣に座った、飲食店経営の女社長(←推定)が
「新そば入った?今日のかわり蕎麦は何?
…じゃ、二色で田舎蕎麦とかわり蕎麦ちょうだい」

なんてオーダーしているのが、通っぽいなぁと思いました。

当初の計画では、品川にスーツケースを預けて
時間の許す限り東京をうろついたり、
場合によっては五反田で夕食とったり、
するつもりだったのですが、活動開始が遅過ぎて
コインロッカーは全て満杯。
その時点で心が折れ、必要最小限の予定消化に変更。

青山ベルコモンズ2Fの上品なティールームに集結するが、三人揃うと店の空気が根底から台無しである。そのまま外に出動するも、やはり青山の風景が台無し。
(「音楽と人」1997年3月号)

という訳で、やってきました青山ベルコモンズ。
別に、あのお三方が、この辺の景色に
そぐわない人物とは思いませんが…
市川氏を足して四人になった時点で
台無しになったのでは?(笑)

2Fにティールームらしき所はあったけど、
どうもこれでは無さそうな。
まぁ10年近く経ってる訳だし、改装したんでしょうね。

e0039100_10504215.jpg
でも写真撮ってみたり。
マンゴーヨーグルト美味かったです。


気候も良かったので、その後はぶらぶらと
風の吹くまま気の向くまま、道路の傾斜が導くまま、
道沿いのお店を眺めたりしながら
青山・表参道ヒルズ・裏原・竹下通りを通って原宿駅へ。
(元LEMONed SHOPのあった所は敢えてスルー)
CMやら雑誌やらの撮影っぽい所に
こんな短時間で2回も出くわして、
やっぱそういうオサレな街なんだなぁと思いました。

ここで体力気力共に限界を感じ、品川へ。
新幹線に乗っている間中、泥のように眠りました。
新大阪で起きたのが奇跡なくらい眠りました。

e0039100_1051490.jpg
あぁ、大阪に帰ってきたなと実感。



今回の旅の間、ずっと思っていた事。
痛いの承知で書いてやる。

プロの能楽師として「お能ライフ」を営む現代の青年達を描いた、
成田美名子さんの『花よりも花の如く』という
小学校の図書室に置いても良いような
素晴らしい素晴らしいマンガがあるのですが、
その中に出てくる楽(がく)ちゃんは、
至る所に残された、人の残留思念が見えるんですよね。
(霊視では無いです)

各時代の人々が、かつて存在していた時の「想い」が
残像のように見えるらしい。
本人は「かたつむりが通った跡のように」と称してましたが(笑)。
その時の想いが強ければ強いほど、濃く残ってるんだそうで。

そういうのが見えたら…きっと凄かったでしょうね。
この東京のあちこちに、動き回る
七色と赤とピンクの頭の残像が映し出されて。

飲み屋界隈が一番多く見えそうだけど(笑)。

そんなこんなで無事(?)終了した、二泊三日お江戸ツアー。
旅先でご迷惑をおかけした方々&お世話になった方々、
ごめんなさい、そしてありがとうございました!!!
浪花にお越しの際はゼヒご一報くださいね♪


…ところで、月曜はそんなでも無かったのに
火曜日いきなり物凄くしんどかったんですが、
なんなんでしょう、筋肉痛だけじゃなくて
アルコール・ラグまでが、年を取ると
時間をかけて現れる物なんでしょうか?(泣)


Today's【にほんご/汉语/English】
*筋肉痛/肌肉痛/muscular pain
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-30 10:51 | hide & X

そうだ TOKYO 行こう 二日目

恵比寿→六本木→麻布十番→阿佐ヶ谷→新宿

ルノアール恵比寿店に行った理由は、コチラ

一応、中に入って、食べたくもないのに
ブルーベリーヨーグルトをオーダーしてみたり(笑)。
(あ、美味しかったですよ、普通に)

私が行ったのは東口近辺のルノアールだったんですが、
ふと気になって「恵比寿のルノアールって、ここだけですよね?」と
尋ねたら「西口にも2店舗ございます」とのお答えが。

…まぁ、この内のどれかなのは確かですよ。多分。
e0039100_1032277.jpge0039100_10321251.jpge0039100_10322137.jpg


六本木ヒルズは…『ハリウッド美容』…
「分かった!みなまで言うな!」という声が
聞こえてきそうなので、この辺で(笑)。
ところで、夜の毛利庭園は、武士な方々が一杯
お出ましになるというのは本当なんでしょうか?

麻布十番では、元勤め先の同期宅を訪問。
久し振りに一杯お喋りして、凄く楽しかったです。
着々と人生の経験値を増やしている彼女に、
「そうだよな、これが大人の女のあるべき姿だよな」と
我が身を振り返ってちょっと反省してみたり。

その後、「飛騨高山」にてメル友と軽くお食事。
ここに行った理由は、リンク先の通り(笑)。

留学生、英語、中国語、韓国語、日本語すべてOK。

だそうですよ。心強いじゃありませんか。

e0039100_10355229.jpg
楽しい”呑んだくれタイム”を
約束してくれそうな店構え。


e0039100_10363694.jpg
お向かいには「鶴橋 焼肉」の看板が。
こんな場所でこの地名に出会うとは(笑)


e0039100_10365066.jpg
なんこつ唐揚げ。


e0039100_1037691.jpg
海老とアボカドの生春巻き。
アーモンドスライスは、よそでは
あまり見かけないトッピングですね。


その後に焼きオニギリ。
オーダーは以上!
…だってホラ、食べる為じゃなくて、
ここに来る事自体が目的だった訳だから。ね?(笑)

そしてこの後…
素晴らしいティームの素晴らしい二次会に、
初参加させていただいた訳です。
いや濃かった…アツかった…激しかった…!!

詳細に語るのは何かと憚られるので(笑)、
掲載許可をいただいた写真だけを
さくっと紹介させていただきます。

(↓会場になったキリストン・カフェ)
e0039100_10384661.jpg


(↓ギターの一連隊。壮観!)
e0039100_1039254.jpg


(↓イエロハJr♪触らせてもらっちゃった!)
e0039100_10393885.jpg



もうね、ホント夢のような一夜だったですよ。
1コだけ例を挙げますとね、
「今度はギターに馬乗りにならなきゃ」と呟いただけで
「俺達がサンタクロースだぁ!」と返ってくるなんて
こんな素敵な環境が他にあろうか、と。


e0039100_10404956.jpg
三次会への移動中に
見せていただきました。
匠の技!!
秘伝の技術が含まれているので、
あえてボケボケ画像のまま掲載。


あ、言うまでもありませんが
ティームの隊長は勿論、この方です。

(↓特等席♡)
e0039100_10413181.jpg



さすがに三次会では、後半地蔵に(^^;
実はそのかなり前から、
だんだん記憶が遠ざかっていたり…
何か人の道に外れたことを
していなければ良いのですが(滝汗)

そして、始発の動き出す時間にお開き。
白々と明け染める新宿、なんて光景が拝めたのも
このティームのおかげだと思います。
本当にありがとうございました。

e0039100_12553388.jpg
カッコイイでしょ?(^^
メル友がくれたこの誕生日プレゼントを
身につけて参加しました。
むっちゃんThanks!!


Today's【にほんご/汉语/English】
*馬乗り/骑跨(在人或物上)/sit astride
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-29 10:30 | hide & X

そうだ TOKYO 行こう 一日目

JR東海さんパクってごめんなさい。


さて、もう一週間も前のネタになってしまいましたが
急に思い立って行ってまいりました、二泊三日お江戸の旅。
メインの目的はさておき、前後に追加したマイオプションは、
何と言うか、世界一マニアックなhideツアーというか
時間を置いたストーキングというか
実行しながらも自分自身「これ人としてどうなんだろう」
と思わないでも無かったんですが、まぁその…
カラダが求めてしまったんだよ。という事で。

大阪→品川→広尾

のぞみ指定席の確定を、乗車直前まで延ばしておいたのは正解でした。

出勤先から、退社したその足で大阪に向かう予定だったのですが
その日の内に受け取る筈のpptが、待てど暮らせど来やしねぇ。

最悪の場合は事務所に泊まり込んで、
翌日の乗車に切り替える覚悟だったのですが
受け取ったpptを提出する先の担当も
帰ってしまった事だし、全てを月曜に回すことで決着、
そこからタクシーに飛び乗り、
大阪駅からのぞみに飛び乗り、
品川から山手線に飛び乗り、
目黒から日比谷線に飛び乗った時は終電スレスレでした。

e0039100_10262792.jpg
東京のエスカレーターは、急ぐ人の為に
右を開けておくんですよね。
朦朧としてたんで、乗る度に間違えちゃった。


宿は、去年も泊まった「アパホテル西麻布」。
hideちゃんが主に徘徊、もとい出没していたのが
西麻布だったという、その一点で決めました。

スグそばに、「香港ガーデン」という
とても魅力的な飲茶のお店があるのですが、
何故か営業時間に傍を通った事が無い(笑)。

e0039100_1027372.jpg
翌朝撮影した、近所の開運グッズ店。
これだけ開運グッズに囲まれて、
店員の方はさぞかし
幸福になってらっしゃる事でしょう。


この日は活動する余力ゼロで、ここでダウン。



Today's【にほんご/汉语/English】
*ストーカー/偏执狂or跟踪者/stalker
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-28 10:27 | hide & X

レポ前にニウスをひとつ。

お陰様で無事に帰ってまいりました。
なんか、一部打ち身とか切り傷とか
目に入るような気がしないでもないけど、
まぁ無事だ。とりあえず。

今週中は、今の派遣先には珍しく
忙殺の日々が続く予定。
今日も馬車馬のように働いたさ。
でもココロは元気なのさ。

旅先で、魂の栄養をたっぷり頂いちゃったからねー♡

どんな栄養だったか、東京レポしたい気持ちで一杯なのですが、
当分時間が無さそうなのでひとまずこちらのニュースだけ。

http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/tkhou/20060924/ftu_____tkhou___001.shtml

私が注目したのは最後の一段落。
過去の東京ドームライブがDVD化ですってよ奥さん!

92年の『破滅に向かって』以降の映像は
全く市販化されていなかったから、
いつかは出るだろうとは思っておりましたが…
そうですか、とうとう出る事になりましたか。

過去の全てのドーム映像という事は、
緑ドレッド頭のHIDEちゃんとか
青いHIDEちゃんとか白いHIDEちゃんとか
裸のおねぇちゃんにまみれるHIDEちゃんとか
メンバー全員に騙されて呆然としているHIDEちゃんとか
そういうのが入るかもしれないって事ですね?
いや、是非是非入れて欲しい!!

とりあえず、全「HIDEの部屋」収録は基本ですよね!<断定

あと、特効が暴発してビビってるTOSHI君とHIDEちゃんとか
TOSHI君&よっちゃんの「ねぇ、HIDEちゃん」という呼びかけと
HIDEちゃんのギターとの掛け合いとか
でっかいドームでちっちゃいミーティングやってるX5人とか
PATA&TOSHI&HIDEの3名がちんまりアコギで
弾いてるArt of Lifeとか
…なんか93年ドームに知識が偏ってるな私。

いずれにせよ、エックス物って事は、
またバカ高い豪華な逸品になる事は必至。
頑張ってお小遣い貯めなきゃね~。


Today's【にほんご/汉语/English】
*ドレッド/长发髻/DREADLOCK

なんか、あんまり良い中国語訳が見つからなかった…
中国の人って、ドレッドやらないのかな?

[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-25 22:54 | hide & X

俺ら東京さ行ぐだ

ここに来て下さってる若者の内、どれ位の方が
今日のタイトルのネタ元をご存知なんだろうなぁ…

明日、退社後のその足で新幹線に乗って、
土曜日をお江戸の空の下で過ごして、
日曜日にまた新幹線で帰ってまいります。
まるで短期出張のような行程ですが、
ドコでナニするかは、具体的には未定。
無事に帰ってこれたら報告します(ぇ)。

それでは今から荷造りします(笑)。
みなさま、良い週末を~!





Today's【にほんご/汉语/English】
*ネタ/材料/dope

(今日の対訳語は自信なし。忌憚のないツッコミお待ちしてます。)
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-22 00:56 | Others

続・hideにまつわるエトセトラ「オカン体質」

立て続けに更新しておいて、いきなり途絶えて、
挙句に酒臭いネタが2連発。
まるでhide関連のネタ切れのようですが
違うんです、書きたい事は一杯あるんです。
ただ、どんどん長くなっちゃって
書いても書いても終わらないだけなんです。

そしてまた新しく、書きたい事が湧いたりするんだ。
本日はそんなネタです。


***************

タイトルの通りなのですが、私と某hide友との間に
「hideちゃんオカン体質説」というのがありまして。
よく、優しいとか面倒見が良いとか
兄貴のようだとか言われているけれど
アレはそんな可愛いレベルと違うやろ!
どうみてもオカンやろアレは!!

…とまぁ、そんな観点から「彼の本質はオカンに違いない」と
私達2人で決め付けているのです(笑)。
ROCKET DIVE発売後、ピンクスパイダー、ever freeと
続いた流れなんて、オカン体質の最たる物だと思うし。

「ただでさえチケット代高いんだから」と
ツアーグッズやライヴビデオ上下1セットを
1万円以内に抑えるようにしていた、なんて話にも
単なるファン想い以外のモノを感じてしまうのですよ。

YOSHIKIが魚を食べる時は、骨を取ってあげる係だったとか、

REMの新婚旅行ではツアコン並みに世話を焼いたとか、

その時つわり中だった奥さんの為にオニギリを用意してたとか、

サーベル時代に、宴会の残りでREMにお弁当詰めてたりとか、

どんなに泥酔してパッパラパーになっていても
運転好きの友人に会ったら「気をつけてね、絶対気をつけてね」
と繰り返していた(その『運転好きの友人』談)とか、

今ざっと思いつくのはこんな所ですが、
…やっぱり、普通の「面倒見の良い兄ちゃん」
とは異なる何かを感じるのです。

皆さんはいかがでしょう?



Today's【にほんご/汉语/English】
*ツアコン/旅游团陪同 or TC/tour conductor
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-22 00:45 | hide & X

またしても呑んだくれ

本日のお店は、「もりすけ」。

このリンク先だと妙に小奇麗に見えるけど、
実際はもっと、イイ感じに大衆的でした。

e0039100_023841.jpg
大間まぐろ。
よく知らないけど、有名なんだそうです。
食べ尽くす前に撮影できて良かった(笑)。


e0039100_04650.jpg
ガッチョ(ネズミゴチ)のから揚げ。
ビールにぴったり!


e0039100_06419.jpg
もりすけサラダ。
えらくフォトジェニックな盛り付けでしたよ。


e0039100_07314.jpg
海鮮おにぎり。
また焼酎に合うんだこれが。



他にも、ダシ巻き卵やホタルイカ沖漬けなどなど、
盛り沢山に食べまくりました!!

…そして、翌日の体重計が
ありえない数字を示したのは
言うまでもありません(T▽T)



Today's【にほんご/汉语/English】
*フォトジェニック/上镜/photogenic
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-21 23:55 | Food

ひさびさの呑んだくれ

先日、稲田師匠のブログを見ていたら
「やっぱり道路で寝るのは気持ちいいですね」とあり、
非常に羨ましかったです。
夕べは特に気温も湿度も心地よく
絶好の路上睡眠日和で、かなり誘惑を感じたのですが、
年齢的にも性別的にも理性が許してくれませんでした。

まぁそこまで量飲んでなかったというのが一番大きいですが。
最近のお酒はカワイイもんです。


********************

本日のお店は、ちゃぶだいBar「ございや」。
今、私の関西オススメ飲食店の5本指に入ります♪
(そんなに数知らないけど)


e0039100_1127127.jpgさしみ三種盛り。


e0039100_11272215.jpgカリフォルニアロール。来る度オーダーしてます。


e0039100_11275148.jpgカニとしめじのウニ焼き。絶品!


e0039100_11283025.jpg店長サービスの一品、サラダ。
友人が持参してくれたクーポンでGET。


e0039100_11291560.jpg冷茄子のおくらとろろ。
ずっとイクラと間違えてて、「なんで緑色なんだろう」とかなり長い間思っていた私は真のバカです。


e0039100_1130840.jpgえいひれ。初めて食べました。


e0039100_11303262.jpg町家をアレンジした、味のある店内。


e0039100_11305635.jpgこの奥にも部屋が。結構奥行きあります。



料理もお酒も豊富で美味しくて、
隠れ家的な店内の雰囲気も良くて、
かつ店員さんの接客態度もなかなかのもので。
女2人でこのメニューと、各々3~5杯程度呑んで、総計約8,000円。

大好きなお店なだけに、昨日行ったときに
けっこう空席が目立ったのが気になりました。
金曜日なのに…
やっぱりネックは地の利でしょうか。

ぜひ末永く営業していて欲しいので、なるべく来ようと思います。


<おまけ>
初めて飲みました、「ウコンの力」。
e0039100_11352851.jpg


最近、かなり二日酔いが重くなってたんだけど、
今朝は目覚めもスッキリ!辛くもなんとも無いです♪
すごいぞウコン!偉いぞウコン!!




Today's【にほんご/汉语/English】
*ウコン/郁金/turmeric or curcuma
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-16 11:36 | Food

続・hideにまつわるエトセトラ「追加:書籍」

「ジャパニーズ・ロック・ギタリスト」(2000.2.29)

特別対談:山本恭司VS山本隆士、大村憲司&hideのデータも収録。

ネットでこの情報仕入れた時は、てっきり大村憲司さんとの
対談が載っているのかと思ったんですが、単に
並列して特集組まれてただけでした。
享年間違えられたり、ソロアルバムの所に何故か
「DAHLIA」が掲載されていたりするのがちょっとアレですが、
ギター製作担当だった兵庫さんのコメントが興味深いです。

当時の日本のロックギタリストが、
全部じゃないけどかなり網羅されてます。
お気に入りのギタリストの詳細を捜すのも楽しいかもしれない。

あとビックリしたのが、山本恭司さんと山本隆士さんの対談!!
写真の山本恭司さん…10年前にHIDEちゃんと対談した時
見た目ほとんど変わってないってどういう事ですか!!
Rockerは年とらないって本当なんですね…



「メイク・ア・ウィッシュの大野さん」(2006.2)

ごめんなさい、まだ真由ちゃんのところしか読んでません。
しかも立ち読みでしか読んでません。(^^;
あと、タイトルを見た瞬間「『生協の白石さん』みたい」と
思ってしまってごめんなさい。

hideファンとしては、hideちゃんと真由子ちゃんの
出会いとなったメイク・ア・ウィッシュまでの過程が
「がんばんだぞ」とはまた別の角度、しかも
担当だった大野さん自身によって
語られているのが興味深かったです。
最初に間違えた他のメンバーの事務所って
YOSHIKIの所だったんだ~とか
真由ちゃんが第9希望まで
『hideに逢いたい!』で通したと聞いていたけど、
全部微妙に表現を変えていたんだ…とか
そういう所に喜びを感じておりました。
すみませんマニアックで。

「hideは、そういう男です」

この表現にはとても惹かれました。
「そういう『人』」じゃなくて、
「そういう『男』」なところが
私のツボを直撃するのですよ。
マネージャーさん良い事言った!!!

他にも良い話が数多く載っているし、
この本の収益は全て、難病の子の夢を叶える為に
使われるという事なので、みなさん、
ぜひ買いましょう!!(お前が言うか)





Today's【にほんご/汉语/English】
*メイク・ア・ウィッシュ/Make a Wish基金会/Make-A-Wish Foundation
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-16 02:49 | hide & X

続・hideにまつわるエトセトラ「見たい聞きたい読みたい!3」

だんだん無理難題になってきてる?
いや、そんな事は無い…筈。


****************


ゆばまんがしらの映画
「日本のエコール・ド・パリ」を
自認(大島暁美さん談)していたArtist集団「ゆばまんがしら」。
チーム名は、居酒屋メニューの「湯葉饅頭」を
全員でそう読み間違えたのが発端らしいです(笑)。

チームゆばまんの活動記録については
大島さんのHPに詳しく記載されていますが、
なんでも当初「このメンバーで映画を作ろう!」
という話もあったらしいんです。
残念ながらその話はお蔵入りになったそうですが、
hideちゃんは
「この映画が実現するなら、俺はスッピンにだってなる!」
とおっしゃっていたそうで。

スッピンの『俳優hide』…も勿論見たいですが、
同時に、あのhideちゃんをそこまで言わしめた
映画の内容そのものも、激しく気になる訳ですよ。
どんなストーリーなのか知りたい、
できることなら映画化された物を見てみたい!!



zilchの女装(チャイナドレス)
Ray「(略)ある日、明日は女装だ!っていうと、
スタジオ・スタッフまで全員ドレスアップして」

――hideも?
Ray「僕が女装会長だったから、もちろん着せたよ。一番似合ってた(笑)」
Paul「その日に限って、日本からユニヴァーサル・ビクターの人が来て」
Ray「hideはヤバイ!って、パッとドレスを脱いで、いつも通りに挨拶してるんだけど、その後ろを女装した僕がローラーブレードで、スーッと通ってやった(笑)。
hideは”すみません。アレ、メンバーなんです”って謝ってたよ」


このインタビュー記事から、私がイメージしていたのは
92-94年の頃によく着ていた、ワンピースタイプの
簡単なドレスだったんですよね。
頭からスッポリ脱ぎ着できるような。
普段着の上からでも着られるような。
素顔のままでもそれなりにサマになるような。
それなら、急いで脱いでお偉いさんに挨拶も可能だし、と。

それが最近、くじら姐さんのブログ「くじら倶楽部」から、
着ていたのはチャイナドレスだという情報を得まして。

チャイナドレスですと!? Σ(゜ω゜ノ)ノ

Zilchのレコーディングって、95年-96年頃ですよね。
hideちゃん当時30歳前後…でチャイナドレス。
それは流石にスッピンでは厳しいような。
ヘアセットやメイクも、それなりに施さないと。
それは…見てみたい…

稲田師匠!裕士さん!
写真の一枚も撮ってたり、してないですかっ!!!



WAKE UP! MOTHER FUCKER―今夜、世界ヲ焼キ尽クセ!!
J (1998.1.30)
帯にhideちゃんがコメントしてたという情報を仕入れまして。
すみません、その帯のコメントが読みたいだけです(^^;



オールナイトニッポンR
あの伝説のラジオ番組、4週間分計8時間のCD化!
これはねー、そろそろ実現しても良いと思うんですよ!!
そりゃ、書籍化(「夢と自由」)してくれただけでも
充分嬉しいのは嬉しいんですけど…
でもホラ、あの方の語り口ってのは、文字じゃなかなか伝わりにくいし。
例えば『L.A.でのお酒の過ち』のくだり、本の中では
「やっぱり…けっこうあります(笑)。」
なんてシンプルに済ませてたけど、後で聴いたら
「けっこうあり…(笑)、けっこうありますぅ~。」
って、実に可愛らしい訴えるような口調だったし。

という訳で、以前から何度かご紹介しているこのサイト。
左のLINK集にも記載しておりますが、改めてご紹介。

たのみこむ

依頼自体は既に2003年に提示されているので(hideで検索して下さい)、
あとは、みんなで投票をするだけです。
希望が一杯集まったら、本当にCD化されるかもしれません!!

で、欲を言えば、「hideミュージアムバージョン」が理想。
ミューに行った事のある方はご存知と思うんですが、
一角に、ヘッドホンでこの番組を聞けるコーナーありましたよね?
以前、ずーっとそこに2時間位居座って聴いてた事があるんですが、
「夢と自由」ではカケラも見当たらないセリフがボソボソっと入ってたんです。
たぶんあれは、曲紹介の後の、編集でカットされた部分だと思うんですよ。
あの部分もゼヒ込みで!!!!!



旧hideサイト
PSYENCE A GOGOバージョンと、
98年hide with Spread Beaverバージョンと。

閉鎖された当初は、「あぁそういうもんなのかな」
と、納得していたのですが、なぜか長年経った今になって
何故アレが閉鎖されたのかが分からなくなってきました(笑)。
どうしてあのままアレを公開しておいちゃいけなかったんでしょう?

不安定な構築だったから、サーバーに負担をかけるとか?
   でもそれは整理して再構築すれば済むと思うし。

REM先生の歯科医院情報が、住所も電話番号も晒されていたから?
   そこだけ伏字にしてくれても良いですから!

稲田和彦風俗日記がいけなかった?



   …ああ、あれはかなりマズいかもしんない(笑)。
   


冗談はさておき、新しくファンになった子達にも
アレはぜひ見て欲しいのですよ。
「松本のひとりごと」「hide's voice」のみ書籍化でも良いから…と
昔は思っていたけど、やっぱ日記もモニタ上で見なくちゃ。

「…」が全て「、、、」で表示されていたり、

2ちゃんの住民が見たら思わず
つ「改行」
と書き込みたくなるような日記形態だったり、

「歌詞や詩はすぐ書けるけど、原稿用紙に書くのは苦手。
どこに句読点を打てば良いのかがよく分からないから」

という本人の言葉が、「あぁ確かにねえ」と
非常に納得のいくような文体だったり、

色々とこなれていないように見える部分もなきにしもあらず、ですが
それも全て彼の持ち味だと思うんですよ。
あれを完全に闇に葬り去るのは、とてもとても勿体無いと思います。

会員限定コンテンツの中だけで、しかも期間限定でも良いから
また公開してくれないかなー。
やってくれたら、入会しちゃいますよ私(笑)。



映画
The Doors…面白い映画ですよね。
かなーり昔に見たので記憶も定かではないですが、
良くできてんなぁと感心しきりでした。
主演の人がジム・モリソンそっくりで、
時折本人映像が差し込まれても、全然違和感が無くて。

…ああいうのを、誰か
hideちゃんで作ってくれませんかね?

アレぐらい本人に良く似た俳優さんが
出てきてくれれば、で良いんですけど。
結構面白いものになるんじゃないかな?と思います。



小説
上と内容はかぶりますが、これも是非。

こんな風に書くと夜8時台にやっているテレビ・ドラマみたいに聞こえるかもしれないけれど、本当にあの頃のことをそのままドラマにしたら、どんな番組よりもカッコいい青春群像ドラマができ上がるんじゃないかな。
(「大島暁美著作集 第三巻」(1999年))

激しく同感です。
hideちゃんだけでなく、周りのみんなが魅力的だから、
彼らのしてきた事をそのまま書き綴れば
それはそれは素晴らしい物語になると思う。

理想としては、私がイメージしてるのは
司馬遼太郎さんの「竜馬が行く」なんですけど(笑)。
膨大な資料と知識に基づいて過不足なく事実を表現し、
語り口はあくまで淡々と、そしてまるで
目の前で物語が展開しているかのような現実感を湛えて。
昔、そういうのを自分で書いてみたいとほざいた時期もありましたが、
…最近自覚しました。私には絶対無理。

で、もしこれが書ける人がいるとしたら
大島暁美さんをおいて他にない、と思うんですがいかがでしょう?




これは…実現不可能かな。
どれだけCG駆使しても変な物になりそうだし。
でも書いちゃえ。

DICE-PV (FOOL'S MATE)の松本氏。
百色眼鏡の椎名嬢。


二人のPHOTO SESSIONが見てみたい。


つまりね、

(↓クリックで大きくなります)
e0039100_143264.jpge0039100_1431658.jpge0039100_1433281.jpg
これと、


(↓クリックで大きくなります)
e0039100_1435446.jpge0039100_144750.jpg
これです。



鬼気迫るような艶のある絵が撮れたと思うんですよ。
2人の時代が合ってればねぇ、やってみて欲しかったなぁ。




Today's【にほんご/汉语/English】
*セッション/合影/session
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-16 01:44 | hide & X

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE