カテゴリ:Food( 58 )

 

父の日ディナー in 桃谷楼

10日も前の話題ですみません…

父の日 兼 姉の誕生日祝い 兼 私の誕生日祝い 
…という名目で、家族と豪華ご飯を食べに行きました。
オーダーしたのは、「父の日ファミリーセット」というコース。

(それぞれの料理名を中国語でどう言うのか
気になったので店員さんに尋ねたら、
精算の時までに厨房で確認して教えてくれました。親切!)

(↓蔵尾ポークの発芽金胡麻 辛みソース掛け)
(温拼肉片)
e0039100_022360.jpg


(↓水餃子スープ)(饺子汤)
e0039100_025759.jpg


(↓鶏肉のニンニク風味揚げと春巻き)
(蒜味炸鸡 春卷)
e0039100_0221464.jpg



メインは、次の6品から2品選べます。
1)海老のチリソース煮(干烧虾仁)
2)酢豚(古老肉)
3)北京ダック(北京烤鸭子)
4)若鶏の胡麻風味炒め(芝麻炒鸡片)
5)海の幸のXO醤炒め(XO酱海鲜)
6)季節野菜料理(炒时菜)

1)海老チリと6)季節の野菜料理を選んでみました♪
e0039100_0223178.jpg


e0039100_0225131.jpg



(↓粒コーンのおこげ料理)
(玉米锅巴)
e0039100_0231664.jpg


(↓焼き麺)(炒面)
e0039100_0232810.jpg


(↓単品で追加オーダー。海鮮チャーハンです)
e0039100_0234151.jpg


(↓手前の豆板醤をつけて食べます)
e0039100_0235939.jpg


(↓デザート)(甜点心)
杏仁豆腐♪
e0039100_0241039.jpg



中華なのに比較的アッサリしていて、味付けも濃すぎず、
かなり満足のコースでした♡

他にも、月替わりのコースメニューや
夏限定メニューなども沢山あるようです。
今月のも美味しそうですよね…「延寿药膳」…
食べるだけで寿命が延びるなんて素敵。

私が行ったのは泉北パンジョ店ですが、
他にもいくつか支店があるようなので、
良かったらお近くの「桃谷楼」を試してみてくださいね!


Today's【にほんご/汉语/English】
*父の日/父亲节/Thanks Father's Day
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-06-28 00:30 | Food

苦手な食べ物

先日の勉強会でこの話題になりまして。

自分では、特に好き嫌いは無い、
新しい食材でも大抵の物にはトライできる
(香菜も蚕蛹も蛙肉も臭豆腐も蜂の子も平気、
試したこと無いけどホビロンと蛇肉と狗肉も
機会があれば食べてみたい)
…と思っていたのですが…
良く考えたら、3つありました。苦手な物。

1)血豆腐
豚や鶏、鴨などの血を固めたもの。
赤い塩味のゼリーといった雰囲気。
抵抗感は無かった筈なんですが、完食できませんでした。
食感がダメだったのかなぁ…

2)サルミアックキャンデー
コチラ↓ご参照ください。
フィンランドの激マズ キャンデー
フィンランドとかスウェーデンとか、あの辺の方々にとっては
物凄くポピュラーなお菓子らしいです。
なんつうか…梅干に黒砂糖とミントと葛根湯とを
ふりかけて1日置いたような味。
これも完食はムリでした。
(あ、SALMIAKは中国にもあるらしいんですが、
中国語で何て言うか調べても分かりませんでした。
ご存知の方ゼヒ教えてくださいm(_ _)m)

3)野菜の炒め煮・目玉のせ
これは、食べれない事は無いけど
存在しなくても全然困らない…という程度。
白身と黄身が別々に加熱された物が嫌いなんです。
ましてや、その白身に緑黄色野菜の色素が
移ったりしていた日にゃ…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
卵とじは大好きなんだけどなー。


でも、子供の頃は好き嫌いが多くて
寿司ネタなんて玉子以外全滅だったのに
今じゃこれだけストライクゾーン広がったんだから…
いつかは、この3つを『大好物♡』なんて言う日が
来るかもしれませんよね。




Today's【にほんご/汉语/English】
*ホビロンorバロット/毛蛋or卵化蛋or死胎蛋/Balut
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-06-20 22:50 | Food

食 in 肥後橋

前々から気になっていた『里山カフェ』に行ってまいりました!

SOLVIVA農園という所で収穫したオーガニック野菜を材料に、大阪で自然食レストランを展開しているチェーンがあるそうで、ここはその系列店。

e0039100_11111282.jpg←友人チョイスの「農園御膳」


e0039100_11112212.jpg←わたくしチョイスの「備中高原鶏と有機大豆豆腐のハンバーグご膳」


e0039100_11113477.jpg←一見、緑黄色野菜のポタージュのようですがさにあらず、抹茶カプチーノ。エスプレッソと抹茶のブレンドです。不思議な美味しさ。


e0039100_11114691.jpg←最初ほうじ茶かと思いましたが、れっきとした紅茶(ミルクティー)です。


e0039100_11115716.jpg←抹茶スクエアケーキ。ディスプレイに品名も値段も何も表示されていなかったのがちょっと謎。


e0039100_11121316.jpg←モカチーズケーキ。なかなか美味しかったです。同じく表示なし。ひょっとして時価!?



e0039100_11122752.jpg←難波駅の『有機茶寮』も同系列と思われます。これは有機茶寮の看板メニューのひとつ、特製玄米野菜カレー。大豆やひじき、鰹節などがトッピングされてます。



こういうのを毎日食べていたら、
さぞかし体に良いだろうな~と思わせるラインナップでした。
職場の近くにもこういうお店があれば良いのにな~!!


e0039100_11123972.jpg←サカナともカエルともつかない奇妙な彫り物。他はそれなりにこじゃれたアイテムを配置している店内で、ここだけが異常にシュールでした。
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-06-01 11:10 | Food

宴 in 京都

京都に勤めていた時の元同期が
この程寿退社と相成り(お疲れした!)、
六角通りの「忍庵」で行われた送別会に
参加させていただきました。
同期の8~9割は参加という、まるで
同窓会のように賑やかな集まりでした。
久し振りに一杯お喋りできて、楽しかった~~♪

さてこの「忍庵」、京都らしい素材を生かした
和風創作料理がメインのようです。
お店の雰囲気も店員さんの応対もなかなかのものでした。
(特に、酔っ払いどもの無理難題にもすんなり
応対してくれた点は高く評価したいと思います)

e0039100_1164694.jpg←生ハムとクリームチーズのサラダ


e0039100_11656100.jpg←奥から時計回りに、生湯葉とお野菜のぐるぐる巻き、ソーセージ盛り合わせ、京赤地鶏とせせり身のから揚げ


e0039100_117738.jpg←さつまいものハニースティック。炎が上がってます。


e0039100_1171914.jpg←生麩のピザ


e0039100_1173886.jpg←一口寿司カナッペ仕立て


e0039100_1175063.jpg←利き酒セット。1000円で3種類を半合ずつ味わえます。これは芋焼酎バージョン。右から米麹、麦麹、紫芋。
他に梅酒バージョンと日本酒バージョンがありました。


e0039100_118157.jpg←こんな風に、障子を上げてお向かいの人とこんにちはする事もできます。



良い食事、良いお酒、良いメンバー、
これに勝る至福のシチュエーションはありませんね。
とても気持ちの良い時間を過ごさせてもらいました。
(でも、気持ち良く過ごしすぎて帰りの電車で熟睡し、
うっかり十三で降りて梅田行きに何台も乗りそびれ、あげく
梅田発御堂筋線の最終に飛び乗る羽目になり、結局
深夜バスでなんとか自宅に辿り着けたのは内緒です。。。)

[PR]

  by rosa_hiho | 2006-05-30 11:05 | Food

酒は飲め飲め 飲むならば

「酒好きhide好き中国好き」と
銘打っていながら、酒ネタが非常に少ないこのブログ。
(中国ネタも少ないですが…)
本日は久々に酒ネタです。
素敵な「あて」(酒菜)に出会ったので、
ご紹介させていただきます。
「酒盗」です!!

(↓じゃ~ん。)
e0039100_2259424.jpg



鰹の胃や腸の塩辛です。king of 酒の肴。
コレを食べると、盗んででも酒を飲みたくなる…
というネーミングからもお分かりの通り
非常に酒の進む一品。
実は今まで食べた事が無く、
先日鹿児島空港で見つけたので
買ってみました♪

残念ながら家にお酒が無かったのですが、
『日本酒に合う物は白いご飯にも合う!』
という訳で、まずはご飯の友として試食。

味は…イカの塩辛とそんなに変わらないですね。
ちょっとだけイカよりは濃いかな?と思わなくも無いですが、
目隠しして食べ比べたら区別つかないかも。(←味オンチ)

商品に添えられた説明書きによると
大根おろしとあえたり、柑橘類を搾ったり、
納豆と混ぜたり、カマンベールに乗せたり、
果ては和洋中様々な料理の隠し味に使ったり
(ミートソースにも!!)と、
様々な用途があるらしいです。

あっさりした食材なら大抵の物に合うだろうと思います。
茹で野菜(アスパラ、ジャガイモ、サヤインゲン)とか
豆腐とか(湯豆腐でも冷奴でも)、ウドンとかパスタとか。

夕食では、長芋と合わせてみました。
海苔に少しだけ酒盗を乗せて、
短冊に切った長芋も乗せて、
くるっと巻いてできあがり。
…これにキリッと冷えた辛口の日本酒…なんて
これからの季節にピッタリ過ぎて、
想像しただけで「くぅ~っ!」となりますね。
本当に盗んででも飲んじゃいそうで怖いです(笑)。


犯罪に走る前に、早めに日本酒を買いに行ってきま~す!
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-05-19 23:02 | Food

地地道道的泰国菜 in FUKUSHIMA!

職場の皆さんと、大阪は福島駅近辺にあるタイ料理
SWEET BASIL」に行ってきました!
JR福島駅から更に北へ徒歩数分、
旧プラザホテルのお向かいですが、看板がとっても小さいので
気をつけていないと通り過ぎてしまいます。

駐車場も無く、駅からもけっして便利が良いとは
言えないにも関わらず、平日でも
「予約ナシですんなり入れたらラッキー」と
言われるような繁盛っぷり。
タイ人料理長が作る本場の味が人気の秘密です。
ドリンクもタイ物が充実しています。

(シンハービールよりも更にアッサリ、チャンビール)
e0039100_15454611.jpg



一同タイ料理の味は勿論知っていたし、
私は二度目だったので
決して心の準備が無かった筈は無いのですが…

「辛~い!!」

オーダーした料理の一皿目が来てから、何度
「辛い」という単語を繰り返した事でしょう。。。
一応メニューに辛さの度合いは書いてあるのですが
(唐辛子の絵で表示、0個~3個の4段階)
舌が最初のショックで壊れたのか、どの皿が
どの程度辛いのかも判別できません。
しまいには、もち米に対してすらも、その温もりが
刺激となって舌に痛みを感じてしまう始末。

(シーフードの赤カレー炒め。辛い料理が続いた上に
更にコレが来たので、動揺の余りピントがぼけました。。。)
e0039100_15533964.jpg



(救いの神、豚肉のナンプラー味チャーハン)
e0039100_15442143.jpg



ただ、確かにその場では辛さにのたうっていたのですが、
辛さの中にも美味しさがあるのが、このお店の素晴らしい所。
喉元過ぎればなんとやらで、帰宅途中で早くも
またこのお店に行きたくなっていました。

ただ、今度はメニューをよく見て
唐辛子の数が0か1だけの物でまとめてみたいと思います(^^;




(日本のデザート感覚ではまずお目にかかれない、
もち米のココナツミルクがけマンゴーのせ)
e0039100_15523553.jpg
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-04-21 15:33 | Food

食在中国

「中国で一番おいしかったもの」と問われて
あれもこれも…と思い出していたら
止まらなくなってしまいました(^^;
一番なんて決められない!!!

で、以下、思いつくままにざっと書き出してみました。
あくまで私の好みの味という基準ですが
行く度に食べ、また同行の人にもお勧めしている食べ物達です。

<北京>
・煎饼
ワタクシの一押し!大好きです♪♪♪
クレープのような薄さで、お好み焼きのようなソース味。
ゆるく溶いた小麦粉を鉄板に流して、薄い揚げせんべいのような物を載せて、
甜面酱や辣酱などのソースを塗って、卵を割って、香菜や葱をふって、
折りたたんでできあがり…この説明で想像つきます?


e0039100_23395826.jpgこんな感じです。


e0039100_23404057.jpgせんべいというか、練った小麦粉を薄く延ばして揚げたもの(炸饼)です。


王府井の小吃街で買えたんですが、おととし行ったら
山东煎饼という似て非なるモノに変わってました(泣)。
んで、去年は西单の歩道にあるオープンカフェ(?)で買いました。

他に、早朝の街角のあちこちで
コレの屋台が出てます。安いけど少し味が薄め。


e0039100_2343582.jpg背後から撮影してみました。


大学の時、クラスメートに作り方を知っている人がいて、
大学祭で屋台を出してみんなで作って売ったりもしました。
呼び込みの為に、女子は全員チャイナドレスを着たりして。
懐かしいなあ。。。

・刷羊肉
いわゆる「ヒツジのしゃぶしゃぶ」。
(ホントは「さんずいに刷」だと思うんだけど、何故か文字が出ない…)
ヒツジ肉って臭みが強そうなイメージがあるけど、
極薄の肉を使って、しかも濃い胡麻みそダレで食べるから
全然臭みを感じないんです。
メニュー記載の「糖蒜(ニンニクの甘酢漬け・ラッキョウみたいな味です)もお気に入り♪

今までは、王府井にある「东来顺」が一番だと思っていたのですが、
先日、亚运村近辺でご馳走になった「八先生」とかいうお店のも
かなりいけました。タレも変わっていて面白かったし。


e0039100_2328315.jpg食べる直是にかき混ぜます。赤は腐乳。緑は…忘れてしまいました(^^;


e0039100_2345253.jpgこちらは东来顺の写真。


・糖葫芦
サンザシのあめがけ。
材料のサンザシも、生バージョンと火を通したバージョンの2種類があります。
生の方が少し酸っぱめ。

昔は、冬の風物詩だったそうですが、最近は春や秋でも観光地でけっこうみかけます。
材料も、サンザシオンリーから、キウイ、いちご、プラム、プチトマト(圣女果)、山芋、むかご…とどんどんバラエティ豊かになってきました。
次はどんなバージョンに出会えるか、行く度に楽しみです。


e0039100_23454319.jpgほんと彩り豊かになっちゃって…


・北京烤鸭
いわゆる「北京ダック」。
これも好きですが、別の友人と北京に来る度に食べているので
最近ちょっと食傷気味かな。
「全聚德」が有名ですが、私は「便宜坊」の方が好きです。(少しあっさりめ)

・酸奶
コレ別に北京名物って訳じゃないと思うんですけどね(^^;
あちこちの売店で、素焼きの瓶に入って売られていて、
その瓶の可愛らしさに惹かれてついつい買ってしまいます。

・「都一处」烧卖
前门の近くにあるシューマイ屋さん。かなり有名。
まぁ「ガイドブックに載っているレストランの味」
といったところでしょうか…?
でも何となくもう一度食べてみたい気がするお店。

<天津>
・「狗不理」包子
天津といえばココ!という位有名ですね。


e0039100_23464416.jpg一皿20個入り。どうやらこれで一人前のようです。


感激するほどおいしい物では無い…けれども、
天津に行ったらやっぱり食べてみたい味…かな?
でも、北京の支店でも食べることはできます(笑)。

<上海>
・闸蟹
いわゆる「上海ガニ」です。
先日の出張で上司にご馳走になったのですが
いや~ホント美味しかった!!(^^
旬は9月~11月らしいんですが、
それ以外の季節に食べたら、やっぱり不味いんでしょうか?
例えば3月あたりだと、どうなのかな?
ぜひ上海の皆様にお聞きしてみたいところです。

・小笼包
カタカナ表記だと、『ショーロンポウ』…で合ってます?
中からスープが出てくるところが包子との違い。
豫園にある老舗「南翔饅頭店」が有名です。
(南京东路近くなど、何箇所か支店が出ているようです)

・生煎
小笼包をフライパンで焼いたもの。
下はカリカリ、でも中からジューシーなスープが出てきます♪
「小杨生煎馆」という所で買いましたが、美味しかったです(^^

・「冠军大饭店」
上海南駅近くにあるレストラン。
ここで昼食をご馳走になったのですが、きのこのスープがやたら美味でした。
白いご飯にかけたいな~と思わせる味で。

(上記上海のおいしい物については、コチラの『上海出張日記』が詳しいです!)

<内蒙古>
・ビスケット
元宝山ツアーに行った時に貰ったビスケット。
草原で食べると異常に美味しくてひたすら食べ続けていて、
「そんなに気に入ったんなら」と袋一杯お土産に貰ったんですが
北京に戻ったら、何故かヒツジ臭くなってました(笑)。

<寧波>
・凉皮
ぷるぷるした食感の凉皮に、ごま油と調味料と野菜をトッピング。
月湖公园近くのお店でいただきました。
もう一度食べたいなぁ~。


e0039100_23595164.jpg見た目も涼しげ。


<青島>
・「顺峰海鲜楼」
青島でも高級な部類に入るレストランだそうです。
味付けといい火加減といい、さすがに絶妙でした♪

<南京>
・「大娘饺子」
南京特産という訳じゃなくて、
ファーストフードのチェーン店なんですが(^^;
日本でいえば「なか卯」みたいな感じかな。
主に南方で展開している水餃子のチェーンです。
ここは、水餃子も美味しいけど
「粉丝(春雨ヌードルみたいなもん)」が安くて種類豊富でgood!
一人旅や留学時のお昼にありがたい存在です。

<広州>
・「流花粥城」
24時間営業のお粥やさん。
地元の方で賑わっているから人気店なんだと思います。
流花近辺のホテルに泊まったら、朝食はゼヒこちらで!!!
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-01-13 00:05 | Food

超絶簡単おつまみ

【酒好きhide好き中国好き…】なんて書いていながら、
よく考えたら冒頭の"酒"が全く登場してませんでした。
看板に偽り有りでしたね、ごめんなさい。

たまには酒がらみのネタって事で…
ものすごぉ~~く簡単に作れて、
飲みが進んだ頃に食べると美味しいおつまみを
以下、数点ご紹介します♪

・なま大根
3センチほどの輪切りにした後、
5ミリ角の拍子切に。
ワサビを乗せて、醤油をかける。
(↓完成図)
e0039100_1171150.jpg



・きゅうりカップ
きゅうりを円錐状に剥いていって、
中に好みの具を詰める(ツナとか)。

(↓りんごの皮むきに近い要領…かな)
e0039100_1171544.jpg

(↓徐々に上達)
e0039100_1165825.jpg

(↓ツナ詰めてみました。lovely♪)
e0039100_1181555.jpg



・ピリ辛ししとう
青いししとう1パックを洗って水切りし、
コチュジャンをつけながら食べる。



え、そんなもん「作った」内に入らない?
酔っ払いにはコレで充分なんですよ…
[PR]

  by rosa_hiho | 2005-11-13 02:56 | Food

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE