香港LIVEの記事 中文和訳してみました

趣味と実益を兼ねて(笑)。
昨日の記事URL羅列の内、中国語圏の記事3つを訳してみました。

所要時間1時間のやっつけ翻訳だから、全部信じちゃダメですよ?www
自動翻訳より多少マシって程度だと思ってください。
(特にグレー部分…分からない単語多すぎました。
そして相変わらず「秀3语会友粉丝」が分からないorz)

興味ある方は、両方並べて読んでみてください(^^


组图:X JAPAN香港演唱会 火爆开场激情谢幕(新浪网)
http://ent.sina.com.cn/y/p/2009-01-17/13372346765.shtml


新浪娯楽電:
1月16日アジアワールドエキスポアリーナにて
「X JAPAN World Tour Live In Hong Kong」が開かれた。
コンサートは「Last Song」「Rusty Nail」「Week End」の3曲から
アンコールの「Tears」に至るまでまで会場の観客全てをを魅了し、
5人一緒に観客へ向かってカーテンコールに応えた。


组图:X Japan淋水剥衫辣兴歌迷 秀3语会友粉丝(腾讯网 QQ.com)
http://ent.qq.com/a/20090118/000006.htm
 

騰訊音楽電:
日本ロック界のトップであるX JAPANが昨夜、香港にて
世界ツアーの初日となるLIVEを行った。
メンバーは香港到着時のクールな態度とは変わって終始ハイな様子で、
特にYOSHIKIは興奮の余りシャツを脱ぎ、ドラムセットを倒し、
ドラムスティックを客席へ向かって投げ落とした。
X JAPANのコンサートは予定通り
アジアワールドエキスポアリーナにて行われ、
長年待ち続けたファン達が聖地へと訪れた。
その中には「アニメーションマギー」こと李曼○(たけかんむりに均)、
黎小田や徐浩らがいた。
また台湾のファンがウエディングドレス姿で訪れ、
台湾のライヴ延期について抗議した。

コンサートは8時35分ごろにオープニングを向かえ、
TOSHIがYOSHIKIのピアノ伴奏のもと「The Last Song」を歌い、
PATAとHEATHが演奏に加わった。
「Week End」「Longing」など10数曲を経て、
更に30分にわたる名曲「Art of Life」の前半を演奏した。
ファン達は何度も大合唱とXジャンプを行い、
またギタリストの故HIDEを回想する映像には
涙をこらえきれないファンも居た。

ソロの才能
コンサート中、PATAはギターソロ「秀哥利(←?)」を行い、
常に美人秘書が仕えていたYOSHIKIもまた、
TOSHIの呼びかけに応えて何度もドラミングの技を見せた。
YOSHIKIは水を自分にかけ、またペットボトルを失くし、
ドラムの曲を忘れ、更に言葉悪く自分を指して「好×病(←?)」と言った。

「X」の時には、ハイになった彼は
更にドラムセットをなぎ倒し、その後疲れて床へと倒れこんだ。
『郷に入りては郷に従え』とばかりにTOSHIは広東語を使いまくり
何度も「ありがとう」「一緒に歌おう」「愛してる」等と話した。
また4人はサポートギタリストであるLUNA SEAのSUGIZOとも連携し、
後半はチャイナ服を着てみせた。

HIDE人形がカーテンコールへ
初の海外公演について、YOSHIKIは英語で
「本当に信じられない、永遠にこの日を忘れない、
みんなにどう感謝していいか分からない」と述べた。
コンサートは「Tears」をしめくくりの曲とし、
メンバーはHIDEのキャラクター人形を抱えてカーテンコールに現れ、
ファン達の熱い拍手に迎えられた。


隊長Yoshiki灌迷湯 歌迷狂舞暈大浪(成報)
http://www.singpao.com/20090118/gossip/945125.html


X JAPANの一億元コンサート、水かけや花の投げ込みに大興奮
日本ヴィジュアルロックのトップであるX JAPANが昨夜
アジアワールドエキスポアリーナにて初めての海外公演となる
香港LIVEを行い、会場は熱狂に包まれた。

これは制作費一億元のコンサートであり、加えて舞台の両側には
巨大なX型の立体装飾とT字型のステージがおかれ、
香港のファンにかつてない興奮をもたらした。

リーダーYOSHIKIの繊細な演奏のもと、
X JAPANのLIVEは「Last Song」で幕を開け、
次いで激しいリズムの「Rusty Nail」「Week End」を演奏した。
ステージのスクリーンにはギタリストの故HIDEのパフォーマンス映像が
同時に流れ、まるでX JAPANの4人(←5人の間違い?)が
一緒にファンの前で演奏しているようだった。
X JAPANの香港LIVEは香港ファンにとっての心からの願いであり、
YOSHIKIは思わずステージ上で
「今夜が自分達にとって初めての日本以外の場所でのLIVEです、
香港でコンサートができるなんて、本当に信じられません」と語った。
彼はまたメンバーのPATAが来港時病気にかかっており、
リハーサルに参加できなかった事を明かした。

ヴォーカルのTOSHIは絶えず広東語を話し、
何度も「こんにちは、会いたかった」と叫んだり
「一緒に歌おう」「大声で」と叫んだりした。
YOSHIKIは一晩中とてもやんちゃで、絶えずファンに向かって水をかけ、
またステージ前まで行って2つの大きな花束を投げ、
ファンの奪い合いとなった。

会場全体でファンのウェーブ止まらず
アンコール待ちの間、会場のファン全員で何度もウエーブを作って遊び、
また風船を飛ばし、場内は壮観であった。
アンコールの時、4人のメンバーとサポートメンバーのSUGIZOは
それぞれチャイナ服を着て現れ、観客と早めの年越しをした。
HEATHのマネージャーは当夜リアルタイムでネットの日記を更新し、
HEATHが注意せずチャイナ服をステージ下に置こうとした時に
特効が火を噴いたが、幸い火花が少し髪を焼いただけだったと明かした。
バンドの“テーマソング”である「X」が鳴り始めたとき、
会場全体が「We are X」と叫び、Xジャンプを行い、
それぞれ汗が流れるほど、全力で飛んだ。
YOSHIKIは更にステージ前側まで行って
「You guys are fxxking rock!」と叫んだ。
二度目のアンコールでは、もうひとつバラード「Tears」を流し、
ファン達皆をうっとりとさせた。
「Say Anything」が流れる中、メンバーは巨大な
HIDE人形を抱えながらカーテンコールに応えた。
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-01-19 01:49 | hide & X

<< 「粉絲」とは 祝・香港公演大成功!! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE