花のお江戸の暴れん坊将軍 3日目

20080329
日比谷→水道橋→横須賀中央→汐入→水道橋→日比谷


一夜明けて。
最寄のコンビニにて、スポーツ紙いくつか購入。
(これは、この後3日間の日課になりましたw)
ネット上の書き込みと紙面の記事とで、
昨日のいきさつはなんとなく分かったような。
賛否両論色々ありました。
記事の見出しも、好意的だったりそうじゃなかったり(苦笑)。
『5万人のブーイング』とかね。

「終了のアナウンスに「え~!?」と声があがったのに苛立った」
という書き込みも見かけました。

…うーん。
私も声をあげた一人だったんですが、
終了への不満を表したつもりは無いんですよ。
すぐに再開できないくらいにYOSHIKIさんの体調は悪いのかと思って
驚きと心配のあまりに声が出てしまったんです。
だから、そういう人、他にも居るんじゃないかなぁ。
と思いました。

とりあえず、今日の公演に問題ありそうな情報は無かったので一安心。
私はチケット買ってませんがw
今日は、『hideちゃんゆかりの場所巡りの日』なのですよ!

まずはホテルにて朝食。
ここ、無印良品のカフェ「Meal MUJI」が入ってるんです。
大阪でも時々愛用しているので、これは嬉しかった。
e0039100_1135785.jpg
和定食♪


定食は、和洋のいずれか選べます。
宿泊客は、フロントにて割引券購入可。

ここで「横須賀行く前に、ドームのグッズ売り場に寄ってみようか?」という話に。
昨日のアツヤさんの話では、10時頃ならまだ人少ないらしいし♪
と思って行ってみたのですが

…甘かったorz

リアルタイムでも書きましたが、既に結構な行列。
11:23でここが最後尾って。。。
e0039100_1142313.jpg


やっぱ初日と2日目とじゃ事情が違いますわな。
これに並んでたら、横須賀で色々歩き回る時間が無くなる、
そう判断して泣く泣くドームを後にしたのでした。

さて気を取り直して、改めて横須賀へGO!!
路線図死ぬほどにらんで
携帯で乗り換え検索しまくって
それでもなんだか不細工な流れだったとか、
まぁ色々あったんですが例によって省略。
でも一個だけ…
「前○両は××行き、後ろ○両は××行き、
途中で切り離しますのでご注意ください」

とかいうのはホント勘弁してください。
道中仮眠とるつもりだったのに、
気になっておちおち寝る事もできません(泣)。

そんなこんなで横須賀中央駅着。
なんとか到着!!
嬉しさの余り駅の看板バックに記念撮影w
通りすがりのお姉さんが、快くシャッター押してくれました。
e0039100_115817.jpg



ところで、リサーチが間に合わなかったんですが
hideバスってどこにあるんでしょう?まだ走ってるのかな?
時間と路線が決まってるんでしょうか、
それとも「見られたらラッキー!」な感じなんでしょうか。
…まゆげ付コアラのマーチみたいなもんかなw

そこからまた迷い迷って「ヤジマレコード」へ。
初ヤジマですよ初ヤジマ!!
噂の通り、レジ横すぐにhideコーナー。
各種CDやらDVDやらポスターやら大量に飾られてました。
中でも(私にとって)貴重だったのが、
LEMONedのプロモ用に書かれたと思われる直筆メッセージ。
A6横くらいの紙に、横書きにちまちまと
何行にもわたって書かれたコメントは初めて見る内容で、
彼らしい考え方と独特の言語センスに溢れていました。
むっちゃんはその筆跡の愛らしさに、
私はその彼特有の言い回しに、
しばしうっとり(笑)。

地下にもhideコーナーあるかな?と階段降りる途中で
「hide関連の名所」っぽい書き込みのチラシを発見。
ドブ板ストリートの外れに「一福食堂」なるお店があり、
そこの「中華丼」がお気に入り…なるほど。
『お昼はここで食べよう!』という事に相成りました。
でも、この時点で既に1時まわってたんですけどね(笑)。

駅前に戻って、先程気になっていたコチラへ。
「BAGEL&BAGEL」というお店の所にありますよ、
と事前にコメントで情報いただいていたので(有難うございました!!)、
前に貼りついてじっくり眺めてまいりました♪♪
e0039100_115468.jpg
(クリックで拡大します)


けっこう大きくディスプレイしてくれてました…嬉しいな。

「一福食堂」まで胃袋がもちそうになかったので(笑)、
「BAGEL&BAGEL」にて各々テイクアウトで一品購入。
元hideミューの場所までてくてく…てくてく…てくてく…
コレは以前から思っていた事ですが、
駅からミューまでの、あの距離が辛いですよね(^^;
タクを使うには近すぎ、かといって歩くにはちと遠い。
自転車だったらちょうど良いかも(笑)。

辿り着いたは「うみかぜ公園」。
マウンテンバイクやローラーブレード、ミニバスケ等、
アウトドアスポーツを気軽に楽しめる憩いの場。
ここで猿島を眺めつつ、先程のベーグルサンドをいただいてしばし休憩。
e0039100_1164373.jpg


…この景色から、左90度首をめぐらすと、元ミューが目に入る訳で。
今はすっかり住宅展示場の一部になっちゃってますが。
やっぱミュー欲しいなぁ。
前みたいにでかくなくても凝ってなくてもいいから、
色々見たり聴いたりしゃべったりできる場所が欲しいですよ。

ところでこの写真だと結構な上天気に見えますが、
背後には驚く程どす黒い雲がたちこめてて。
「やっぱりSUGIZOさんが…」
↑まだ悪天候をLUNA SEA組が司るイメージから抜けない模様(笑)。

天気が崩れない内にと、次の目的地へ。
目指すは「中央公園」です。

これね。
事前にリサーチしてなかった自分が悪いんだとは思いますが。
まさかあんな所にあるなんて。

地図(図書館で道路地図からコピーした奴)片手に、
うみかぜ公園から歩くこと約30分。
近づいている筈なのに、公園らしい景色が見当らない。
工事現場のおじさんや病院の患者さんらしき人に訪ねたところ
「あぁ、この坂を上ってあの辺に…」
と指差して教えてくれたのですが。

e0039100_122949.jpg
(クリックで拡大します)



軽く山登りじゃねぇか。

この写真じゃ伝わらないかもしれませんが、この坂、
傾斜がほんとハンパなかったですよ。
道路地図ってなんて高低が分かりにくいんでしょうね!(ヤケ気味)
まぁこの桜は見事だったです。

2人してぜいぜい言いながら登ること10数分。
道を尋ねること更に数名。
辿り着いた時は「ここがhideちゃんの遊んだ公園なんだー」と
感慨にふける事も忘れてました。
正直、途中で何度も『もう引き返そうか』と思いました(笑)。
(…今ふと気になったんですが、私、もしかして道間違えてます?
本来はもっと楽な道があったんでしょうか?)

そしてまた、この公園がでかいでかい。
お気に入りだったと噂の「UFOの遊具」を探す気力すら失せる位。
至る所花見客で一杯で、のどかな雰囲気に浸れたのが
せめてもの収穫だったかもしれません。

さて帰りましょうか、と少しでも楽な道を探しつつ
下へ下へと降りていくと、これもhideちゃん絡みの
「横浜市立文化会館」正門側へ偶然到着。
ここで、松本少年がBOW WOWの楽屋へ潜り込んだんですね(笑)。

そんで、ここの裏側に救急車が到着してたり
頭部から流血させながらも親交を深めようとする
酔っ払いがいたりした訳です。
うーん花見だなぁと思いましたwww

とりあえず、傾斜を下っていけばまた主要道路に出るだろう、と
適当に周囲の住宅街を通過。
噂によれば、この辺りに元松本邸があるそうなんですが
「文化会館に醤油を借りに行ける位近い」
某赤毛の方が自分でおっしゃってましたよね(笑))、
もしそうだとしたら、hideちゃんが昔言っていた
「家出しても電車の乗り方分からないからすぐに帰った」
「電車乗るのも滅多にないくらい、行動範囲の狭い子どもだった」

は無理もない話だと思いました。
あんな山の上じゃあ、駅に出るのも一苦労ですよ。
電車に乗る気も失せますよ。
よく六本木の美容学校まで通えたなぁ。(そこまで言う)

なんとか車が往来する道路までたどりつき、ドブ板までタクシー利用。
異常に話好きな運転手さんで、座ってから到着まで喋りっぱなしでした。
ミューがあった頃は、こんな風に横須賀からドブ板まで
ご利用になるお客さんが沢山いらしたそうで、
閉館以降はめっきり減った、との事。
なりにタクシー業界にも貢献してたんですね、hideファンは(笑)。
「今東京で何かやってんだってねー」
とか、色々お話してくれました。

ドブ板到着時点で既に日は傾き加減。
例によってゆかりのお店なんかをいくつか歩いたり、
でも基本的に夜のお店(ライヴハウス)なので入店までは憚られたり。
そして、「一福食堂」もやっぱり人に道を訊かないと辿り着けず(^^;

でも横須賀に来てからずっと思ってたんですが、
なんだかここの皆さん、ものすごくあったかいです。
道を訊いた時の反応が東京とひとあじ違う。
東京でも皆さん親切に教えてくださるんですが、
なんかもっとあったかい感じがして。
勝手な感触ですが、どこかにhideちゃんと同じ匂いを感じたり(笑)。
こういう所に生まれ育って、hideちゃんのあの人柄があるのかなーと思いました。

そして、かの「一福食堂」へ到着!
すごくすごく味のあるお店でした。
壁に貼られたメニューとか、店内の様子とか、
もう永久にそのままでいて欲しいと思えるような。
…まぁ、言い方を替えると、
「(人によっては)女性一人で入るには勇気の要る店」
とも言うかもしれません(笑)。私は平気ですが。
あと、個人的には、壁に貼られた『冷やし中華(年中)
というメニューが素晴らしいと思いました。
そんな店ほかで見た事ないですよw

むっちゃんは鍋焼きうどん、私は中華丼とホッピーをオーダー。
ホッピー初めてだったんですが、
「はいはい♪」と気前よく中ジョッキにドボドボ注がれる焼酎に驚愕。
e0039100_1233120.jpg


これ、結構な量じゃないですか?
この疲労度合いでこれ全部飲んだら、確実に酔う…ヘベヘベになる…

でも飲むけどw

初ホッピーは、なかなか面白い味でした。
むっちゃんの「(割る方の)ホッピーはどこで買えるんですか?」との問いに
「ああ、ここで売ってあげるわよ~」と快くテイクアウトさせてくれる店員さん。ありがとうございました。
(荷物になるから、後日スーパーで買えるもんなら買いたいな、
という希望もあったのですが、その辺私に自信がなくて…
こういうのって、東京のスーパーでは普通に手に入るんでしょうかね?)

そして中華丼到来。
e0039100_1264699.jpg


これが!もっっの凄く美味しかったんですよ!!
他のお店のよりあっさりした味付けで全然くどくなくて、食べる程に「もう一口」ってなる。
この時点で「味覚論争」の勝者はhideちゃんだと確信しましたね、私は(笑)。
hideちゃんが好きだったと聞いて入ったお店、注文した料理だけど
万一それがガセでもいーや、と思う位に気に入りました。
今度関東行く事があったらアレの為だけに横須賀に行きたい(笑)。

…とは言うものの、やっぱり気になったので
お仕事の邪魔にならない時を見計らってお店の人に質問。
「私は直接は知らないんですけどね、
よくここに来て、中華丼食べてホッピー飲んでたみたいですよ」

ああ、やっぱりガセじゃなかったんだ…
美味しいもんねこの中華丼、分かる、分かるよhideちゃん!(←酔ってます)
「午前中にも、京都からって方が中華丼とホッピー注文してましたよ」
みんな考えることは同じかぁ(^^;
「今、東京でやってるらしいですね、コンサート」
あぁやっぱりご存知なんですね♪

「高校はここから電車で少し行ったところだったんですよね」
よくご存知で…
「私は会った事無いんですけど、息子が同級生だったんですよ。
卒業アルバムに一緒に写ってますよ」

まじですか!?

うわー…
間接的とはいえ、学生な松本少年を知る人に出会えるとは。
訊いてみるもんだなと思いました。

それにしても、ホントお店全体の雰囲気が凄く良いところでした。
店員さんもお客さんも仲良しって感じで。
常連らしき人がコチラのホッピーを見て
「おっ流石だね!」と、
マイ焼酎(一升瓶w)から注いでくれようとしたのですが
今から東京戻るのにこれ以上は飲めず、心苦しく思いながらご辞退。
後の予定が無かったら、腰据えて酌み交わしてみたかった…
実はホッピー自体持て余していたのですが、それは
こんな素敵なお店で残す事なんてできない!と気合で飲み干しました。

へろへろ歩きながら汐入、一旦横須賀中央まで戻って急行に乗り換え。
実は一福に入る直前、何気なく携帯でブログチェックして
「25番ゲート前の売り場は全然並んでませんでしたよ♪」
という衝撃のコメントを発見して、羨ましさに身悶えしていたのです。
で、今から行けば、ライヴ始まった少し後くらいにドーム前に着くから
人も少ない筈!並ばず買えるかもしれない!とか思いまして。
本日二度目の水道橋下車と相成りました。
いざドーム前、まずは22番ゲートのメイン売り場…
e0039100_1273553.jpg


やったー!全然並んでない!!!
と喜び勇んで売り場前に行ったのですが…

甘かったorz(本日二度目)

X JAPAN関連はことごとく売り切れ、
メンバー別の商品もめぼしいものは殆ど売り切れ。
この時点で2人は決めました。
「明日の朝できるだけ早く、ここに来て並ぼう!」と。

ゲート付近にて、漏れ聴こえる音をしばし観賞。
e0039100_128451.jpg
(クリックで拡大します)


今日は定刻どおり始まったんですね(笑)。

ドームホテルにて道を尋ねながらATM探し。
相方のカードが使えるATMが、未だに見つからないんです。
どこ行ってもエラーメッセージばかり。

探しながら本屋でXモノをチェックしたり。
e0039100_1293330.jpg


ドーム前だけあって、公演アーティストの書物を押さえてるんですね。
店頭には、最近出た物から、よそではもう見かけないような物まで
各種Xモノが溢れていました。

日比谷に戻って、やっと夕食。
これは事前にチェックしておいたので、隣のビルの「寿司清」へ。

むっちゃんが日本に来る事があったら、
絶対、日本の「廻らない寿司屋」へ一緒に行きたい、
というのが私の長年の夢だったんです。
で、京都支店で昔アルバイトをしていて
値段や雰囲気もある程度掴めているここにした、という訳で。

こちらの予算を伝えて「適当に握ってください」とお願いしたら
一人一貫ずつにしてくれました。
少しでも色んな種類を出そうとしてくれる心遣いが嬉しかったです。
…出てくるネタの説明が、全然通訳できなかったけど(苦笑)。
魚の種類って難しいですね(^^;

お腹も満たされてホテルに戻り、
何気なく携帯でライヴ情報をチェックすると…
画面に乱舞する「今日は良かった!」「今日は満足♪」の文字。
うあああああなんだよちきしょうそんなに良かったのかよ
昨日と今日とでそんなに差があるってのかようあああああ

とか思ってしまった事は否定しません(笑)。
追加公演の話が出た時点で購入を検討すべきだった?という後悔も頭をよぎりました。

でも。
「この日は破壊と創造のチケが取れなかった人の為に
YOSHIKIが追加した公演だから、その人達にチャンスを譲ろう」
と思って購入を見送ったのは自分だし。
(「3日連続はコッチの体力と財布がもたねえ」てのもありましたがw)
感動は、10年ぶりの初日の方が絶対強かった筈だし。
うん、羨ましいと思う必要は無い。

「今日は横須賀の日だったんだし、横須賀で一杯楽しんだから、
これで良かったよね」
と2人で改めて納得し合いました。



そして、これは本当に本当の正直な話。
羨ましくないやい、てのは最初は多少負け惜しみも入っていましたが、
眠りに入る少し前にフッと、その気持ちも消えたんです。
『破壊』も、あれはあれで、行って良かったと思えるライヴだった。
と、改めて心から思えたので。

YOSHIKIのキレっぷり飛ばしっぷりはたぶん初日の方が強い筈。
予定通り演奏したって事は、どこかで自分を制御してたって事だし。

それに、初日の内容の方が、より「Xらしい」とも言えるし。
なにしろ「何が起こるか分からない」をこの上なく見事に体現したんだから(笑)。

そう思った訳です。


あと、後々振り返ってみるならば、破壊の方が面白いんじゃないかなとも思いました。
だってネタとしてはもの凄く楽しいじゃないですか、
「公演時間より待ち時間の方が長かったライヴ」なんて。
ねえ?(笑)
[PR]

  by rosa_hiho | 2008-04-21 01:00 | hide & X

<< 花のお江戸の暴れん坊将軍 4日目 花のお江戸の暴れん坊将軍 -破... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE