花のお江戸の暴れん坊将軍 2日目

※ライヴレポは後日別枠で書きます。
 本日はドームまでの行動のみ。

030228
本郷三丁目→日比谷→明治神宮→日比谷→水道橋


前日のレポに入れ忘れたので、ご紹介。
東大前駅→太栄館の道中にあった、
日本料理屋の店先の光景です。
e0039100_163626.jpg


この魚達は本物なんだろうか…
本物だとしたら、この辺の猫は魚に興味ないんだろうか…
未だに謎です。

さて、昨夜日付変わった頃に入浴して、
その後身づくろいして寝た割には早い目覚め。
…と言っても、時間ぎりぎりのチェックアウトでしたがw

ロビーは、昨夜の大騒音の元凶と見られる若者で一杯。
これぐらいやらせてもバチは当たらんだろうと、
そのうちの一人に宿の前で1枚撮っていただく。
妙に愛想無しにさかさか撮ると思ったら、
次の瞬間玄関で仰向けにのびてました。
どうやら死ぬほど二日酔いだった模様www

前日使ってみて「宿→春日駅間は大荷物を持つ身には危険」
と分かったので(物凄い急勾配なんです)、今回は本郷三丁目駅を使用。
はからずも、宿に最寄りの駅3つとも使った事になりました。
うーん、「どの駅も使える」と言うよりは
「どの駅からも中途半端に遠い」宿でした(笑)。

道中、郵便局のATMで引き出そうとするも、
むっちゃんのカードがエラーで使えず。
おかしいな、同じ「銀聨」マークの別のカードは使えるのに。

割と下町っぽいところだったので、
昔ながらの木造住宅やお豆腐屋さんなど
懐かしい光景がちらほら。
惹かれるらしく、熱心に撮影するむっちゃん。
地元の中学・高校の制服を扱うお店にも興味津々のご様子でした。

そうこうする内に、よさげなお店があったので遅めの朝食。
e0039100_172629.jpg
10:15 「魚河岸まぐろ市場」にて。


「飛騨高山」に置いてなかった鬱憤を晴らすかのように
味噌汁を堪能するむっちゃん。
昔は全然好きじゃなかったのに、最近美味しいと思うようになったそう。
大人になって味覚が変わるってありますよね。

新しく入ったらしい店員さんがアジア系ぽかったので
訊いてみたら、やっぱり中国の方でした。
…てことは、私達の馬鹿話も全部お分かりだったと(笑)。

お腹も満たされて、いざ日比谷へ。

(…と、毎回簡単に書いていますが、
地下鉄乗る度に乗り過ごしたり反対方向に乗ったり
妙な改札の抜け方したりと、それはそれは大変だったです。
あのロスが無けりゃあ、もう2-3ヶ所行けたんじゃないかと思う位)

そして、ホームからホテルまでが…実に実に遠かった!!!

いえ、普通の状態なら問題無かったと思うんですが
私達の降りた線から最寄の「13番出口」までが異常に遠かったんですよ。
しかも妙に階段の上り下りが沢山あったりとか。
その度に、スーツケース抱えて登ったり降りたりする訳です。
ホテルに辿り着いた時には、心底疲労困憊しておりました…

本日から3日間お世話になる「レム日比谷」は、
友人のご主人のつてで特別に都合していただきました。
そんな有難いホテルなのに、来るなり
「チェックイン前に荷物だけ預かってください」
余裕も何も無い表情で我侭こいてすみませんorz

ともあれ、荷物が無くなってとっても身軽な気分に。
それでは念願のレモショに行きますか!!

地下鉄であれこれお喋りしつつ、
「レモショと竹下通りと、あと時間あったら
明治神宮に行きたいな~~お昼も食べなきゃな~~
ドーム行く前にいったんホテル戻って着替えるとして、
逆算したらどれくらい余裕あるかな~~~
グッズ買いたいから、ちょっとは早めに行った方が良いよね~~」

…などとシュミレーションしつつ、ふと横を見ると。

hideちゃんぽく髪をピンクにしてる欧米系の女性が
X の ト ー ト バ ッ グ 下 げ て る 。

勇気要ったけど訊きましたよ、
「そのバッグ、今回のライヴのグッズですか!?」って。
したら、横に立っていた日本人らしき男性が
「ええ、今日10時から販売開始ってYmで告知してましたよ?」
と…

「アナタさっきYm見てたじゃないの!!」
すんませんむっちゃん、コンテンツのタイトルが
『YOSHIKIグッズ販売について』だったんでスルーしてました…
正直YOSHIKIグッズには興味無かった

己の情報収集能力の無さを呪うも後の祭り、
とりあえず当初の予定通り、レモショに行く事に決定。
いきなりの質問にも快く答えてくれたお2人と更に話してみると、
それぞれフィンランドと名古屋からお越しとの事でした。
ボーイスカウトのイベントで知り合ったんだそう。
そしてお2人ともhideファン。

中国人とフィンランド人と名古屋人と大阪人とが
hide話で大盛り上がりの地下鉄(笑)。
こんな光景が生まれたのも、
ドームライヴが実現したからこそですよね!!

「僕たちは特に予定は無いので、
レモショに行くつもりなら連れて行ってあげましょうか?」

一度行った事があるというアツヤさんのお言葉。
自力で辿り着ける自信が全く無かった私には
後光が射して見えました。いやマジで。
有り難く甘えて、明治神宮駅で下車。
竹下通りを抜けて、いわゆる「裏原」へ。
この界隈にお店を構えるなんて、レモショもやりますな。

そして。
「確かこの辺…」というアツヤさんの言葉と共に
私達の眼に飛び込んできたのは、行列でダダ混みの道路でした


実はね、最初少し考えてたんですよ。
「28日はドームついでに来る人も多いだろうから、
27日夜の内に行っておいたほうが無難かも」
って。
でも、疲労と空腹に負けたんです。。。
あの時、Ymの情報を押さえていれば、
27日夜にレモショに行って、
28日朝にドーム前でグッズ買ったのになぁ。
後悔先に立たず。

とりあえず行列に加わる私達。
一定の時間毎に数名ずつ入店する方式らしく、
少しずつは確実に動いている模様。
とは言うものの、いつ入れるのかは全く不明(笑)。

e0039100_113091.jpg
2F階段部分(窓ガラスの所)にも
ギッシリ並んでいるのが
お分かり頂けますでしょうか?


リアルタイム更新でも載せた
こちら↓の写真は、1F入り口近辺のもの。
e0039100_1113864.jpg


この時点で、並び始めて30分は経ってました。

まぁでも、並んでいるのも結構楽しかったです。
前後に色んな時代のhideちゃんはいるし(笑)。

並びながらも引き続きあれこれお喋りする4人。
飛び交う日本語・英語・中国語。
(つか、私が英語できれば、英語オンリーで会話が成立したんですよね。
今気付きました。)

連れてきて頂いた御礼&出会いの記念にと、
大阪から連れてきたキーホルダータイプのhideちゃんを
受け取っていただきました。
限界破裂の緑アタマver.と、某誌撮影時の所謂「派手な消防士」ver.。
大阪の片田舎から、名古屋やフィンランドまで
旅してくれるんだと思うと、なんだかとっても楽しいwww

そして、いよいよレモショ内部へ到着。
あれもこれも素敵で目移りします。
実を言うと、ここでモノ買う気は
そんなに無かった筈なんですが、

なんなんでしょうこの大人買いっぷり。
e0039100_1142742.jpg


買いたいだけの物を買って、大満足の中日2人連れ。
チェックインと着替えが残っている為、ここでお2人とお別れしました。
「今夜はお互い楽しみましょう!!」と言い合いながら。

アツヤさん、ミーアさん、あの時は本当にありがとうございました!!
改めて、心から感謝!!!
そして、機会があれば、またどこかの会場でお会いしましょう♪♪♪

来た道から帰るのが無難と、竹下通りを通って明治神宮駅へ。
途中、オープンテラスのサ店にて、
とっても素敵な刺繍を施した無敵な特攻服姿のお姉様を発見。
どうやって作ったのか、むっちゃんも私も興味津々だったので、ついつい質問。
「元々の特攻服はネットで買って、刺繍は自分でデザインした物を業者に委託した」
と、快く答えてくださいました。
(余談ですが、特攻服も素敵でしたが、お姉様もとても素敵でした。
「ああ、これ?」って余裕の笑みが『姐さん』って感じで♪)

帰りに、ちらっと、本当にちらっとだけ、神宮橋近辺を覗いて。
コスはあんまり居ませんでした。

乗り過ごさないよう気をつけつつ、日比谷に到着。
ホテルの隣が宝塚の東京劇場なのですが、
行ってみたら、入り口の所でそこの男役と娘役らしき2人が
「ここが、そのレム日比谷なんですね!」
って、宣伝の撮影やってました。
後で聞いたら、スカパー用のCMなんだそうです。

預かって頂いていた荷物と共にお部屋へ。
昨年秋にできたばかりのホテルの、
モノトーンベースのモダンなレイアウト。
e0039100_1164163.jpg

お洒落♪


今朝がた出てきた、昭和初期のような8畳部屋とのギャップが凄いですw

ゆっくり堪能する間もなく着替えへ。
最初から決めていた通り、ドーム初日の今日は
2人ともチャイナドレスで統一です。
オーダーメードしたという、むっちゃんの白地黒バラミニチャイナが素敵。
本人は「今日はゴスじゃない」と言っていたけれど、
ちゃんと「ゴスなチャイナ」になってたと思いますwww

とは言うものの。
この時点で既に「今日の気候にこの衣裳は薄着すぎるかも」
という感じがかなりあったりして。

さて大丈夫なんでしょうか…
[PR]

  by rosa_hiho | 2008-04-12 01:06 | hide & X

<< 花のお江戸の暴れん坊将軍 -破... 花のお江戸の暴れん坊将軍 1日目 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE