ヅカヅカヅカヅカ

職場のツテで、宝塚月組の
「ME AND MY GIRL」を観てきました。

タカラヅカ自体が初体験だったので、何もかも珍しくて新鮮。
開場前に近所のガーデンを散策したり、
中の喫茶店でお茶したりと堪能しまくりました。

「ME AND MY GIRL」のストーリーは、男版マイ・フェア・レディといった感じ。
笑いどころ満載のコメディだったので、気楽に楽しめて良かったです。
(冒頭のウィリアムが誰かに似てると思ったんですが、
「男はつらいよ」の寅さんに芸風が似てるんじゃないかな)
最後に大階段の歌やら踊りやらもあって、
「That's タカラヅカ!!!」な風情を満喫できたし。
うん、面白かった。

何より良かったのは、今回は新期生の初舞台で、
口上とラインダンスも見られたこと。
数日前にそのことを幹事に聞かされ、
「だから遅刻も早あがりも極力しないでください!」と言われたのですが
それが大変納得できる舞台でした。
最初からこんなに珍しい物を観られるなんて、とってもラッキー。

欲を言えば、「タカラヅカ」と言われて即連想する
『背後に孔雀みたいな羽背負って大階段降りてくる図』を
観たかったのですが、今回それは無かったです。
あれはどういう時にやるんだろう?
トップが出演してる時なのかな?
それともトップが引退する時なのかな?
うーん、タカラヅカはまだまだ奥が深いです。

あと、ダンスシーンで男性パートが女性パートを
リフトする場面が頻繁にあるのが驚きでした。
あれって、よく考えたら女性同士ですよね。
皆さん力持ちだ…
[PR]

  by rosa_hiho | 2008-03-23 01:34 | Others

<< 今週なんだぁ… 味の素スタジアム…ってどこだっけ? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE