続・hideにまつわるエトセトラ「やりとり」




(手紙を取り出して音読)『好きです』(カメラに向かって)僕も好き♪」
(封筒に戻そうとして)あ、返信用のハガキが入ってる!
書かなくちゃ、急いで書かなくちゃ!!!

(ペンを走らせる)(インク切れの模様)…書けなーい(苦笑)


「FILM THE PSYCHOMMUNITY Reel.2」より。
私の大好きなシーンです。

まぁ、どんな人でも芸能界の方は多かれ少なかれ
ファンとの交流に心を砕いてらっしゃると思いますが
(山本太郎さんは「友達だと言ってくれれば良いから」と
ファンを楽屋に招いているそうだし、
桑田佳祐さんがプレゼントの御礼に書いた
とっても達筆な葉書(しかも縦書き!)を見せてもらった事あるし)、
hideちゃんもなかなか頑張っていた、というのは結構有名なお話で。

以下、私が読んだ&聞いた事があるものを並べて見ました。


手紙

・貴志真由子さん
これはもう説明不要ですね。
詳しくは「がんばんだぞ」をご参照ください(笑)。
絶版になってるかもしれないけど、図書館なら置いてあると思う。
ちなみにこの本を読んだ時、私はhideちゃんよりむしろ真由子さんに惚れました。
そのファン度合いに。

・看護婦の国家試験に受かったと報告したら、「良かったね」と返事が来た。
これも「がんばんだぞ」で読んだんだったかな。


メール

・愛さんとのやりとり
これも「がんばんだぞ」から。
愛さんの苗字を失念したのですが、もうひとつの交流として紹介されていました。

・詩を送ったら、詩で返事が返ってきた
これ最近知ったのですが、すごく良い詩でした。
個人的には一部用法に首をひねる語彙もあるのですが、
言わんとするところは十二分に伝わります。
興味のある方は、某SNSで「未公開の詩」にてトピック検索してみてください。

こんな凝ったことを、たった1人のファンへの
返信の為にやっちゃうのが凄いなあと思うんです。

・目の手術前にメールしたら、激励の返信が来た
テレビの特番で見たんだったかな。
「大丈夫だと言って貰えたら頑張れると思います」と送ったら
「大丈夫だっ!パワーも一緒に送ってやる」という返事が来てました。

・店名の許可を貰った
飲食店経営にあたって、店名を「LEMONed」に因んだ物にしたいと
お伺いをたてたら、速攻で「もちろん、いいですよ。…光栄ですよ」
返事が来た、というお話。
これも「がんばんだぞ」から。

・足あと
ネットで偶然見つけたもの。
HP開設のお知らせを受けてやってきたものらしく、
BBSに足あと残してました。
メール欄に自分のメアドしっかり晒して。
当時はのどかな時代だったんだなー、と
それ見てしみじみしてしまいました…




・レポート
ライヴレポを送ったら、大絶賛と共に
「是非ネット上で見てみたい」という要望があった、というお話。
某サイトの開設由来ページにて。

・手編みのセーター
ご存知の方には、カビ生えまくるほど古いネタだと思うのですが、
最近知った私にとっては、非常に新鮮なネタでして…

ある人が、hideちゃんのイメージにぴったりな毛糸を見つけて
デザインを工夫して編み上げて、ファンクラブ経由で贈ったところ
なんとそれをステージ衣裳にして、ライヴで着てくれたそうです。
見た時は、嬉しさの余り泣いてしまったとのこと。そりゃそうですよね。

で。
「写真集『無言激』にも記載されています」とあったのですが、
…それって、ドームで着てたあの赤っぽいモヘアの奴!?
あれスタイリストさんが用意した衣裳じゃなかったのぉ!?
と驚愕してしまいまして。

あんな大舞台で使ってもらえたら、そりゃ号泣もするよなぁ。。。



以下脱線。
身につける系のプレゼントのお話で、2つ思い出したので。


「下着を貰う事もある。中には謎な形の物もあるけど、
いちおう全部一回は足を通すようにしている」
と話していた事


律儀というかなんというか…

「これどうやって履くんだろう?」とか
悩んでる姿を想像しちゃったじゃないですか(笑)


「手作りのプレゼントに、身体の一部を
縫い込んだり編み込んだりは勘弁してください」
と話していた事。


気持ちは分かるけど、後に
「そういうのは木村さんへ」と続けるのはどうかと思います(笑)。






うーん、手紙関連で、もっと色々あったと思うんだけどなぁ…
やっぱり記憶力衰えてるorz
[PR]

  by rosa_hiho | 2008-01-14 00:38 | hide & X

<< 無事登場なさったようで。 老化を感じる時 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE