雑誌整理に関するお悩み

hideファンたるもの、hideちゃんの事が書かれた雑誌は
そりゃ手に入れたいのが人情ってものでして。
また今は良い時代で、インターネットを使えば
多少昔の雑誌でも手に入らなくはない環境が整っていて。
そうすると、どんどん本棚の許容範囲を超えていく一方で。

それじゃあ必要な部分だけ切り抜いて
あとは処分しようかな、と手を伸ばすのですが、
『前後のページも、人によっては
喉から手が出そうなくらいに必要なものかもしれない』

…そう思うと、つい躊躇ってしまうのです。

たとえば、今手元にあるSHOXX vol.70。
Dir en greyの皆さんがXについて語ってらっしゃるから購入しましたが
その前後も、松岡君、MALICE MIZER、PIERROT、La'cryma Christi、
SHAZNA、GLAY、LUNA SEA…等々、ファンにとっては
もの凄いお宝ページなんじゃないかと思うと、なかなか捨てるのが忍びなくて。
まだ90年代の品なら「巷にもいくらか出回っているだろうから」と
時々は思い切って処分することもありますが、
これが80年代の物ともなるともうもうもう…

せめて有名どころだけでも、ある程度量をためて
売るなり譲るなりできればなーとは思うのですが、
今はとてもそんな、バンド別に仕分けて貯めるだけの時間も気力も無い。

【VISUAL系メインの音楽雑誌、ただしhideページを切り抜いた残り】
こんな↑題目で出品できれば良いのですが
…こんなん欲しがる人いないだろうなぁ…



そして、今日も延ばしかけた手を引っ込めて、
ただ無意味に出版社別に並べ替えてみるだけの日が続くのです。
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-10-10 00:33 | Others

<< 言葉メモ1) 続・hideにまつわるエトセト... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE