続・hideにまつわるエトセトラ「Japanese」

私がhideちゃんに惹かれた理由のひとつに、
『コトバの面白さ』があります。
歌詞やトーク、HPの日記などを読むにつけ
ほんとこの人って独自の言語センスを持ってるよなー、
コトバを楽しんでるよなー、日本語好きなんだろうなー、と思うわけです。
本来の意味よりも、音やインパクトを重視してる…かな?
なんにせよ、読んだり聞いたりする分にはとても楽しいです。
その分、他言語に訳すのは非常に困難です。つか、無理です(笑)。
この微妙なニュアンスはとても訳出できない。

以下、特にツボった表現を、いくつか
ツラツラツラ…と並べさせていただこうと思います。


『こ』の多用

「こっぱずかしーじゃねーか」

ゼペットの木村さんもラジオでおっしゃっていた事ですが、
hideちゃんて時々「こ」を単語のアタマにつけますね。
「こじゃれた」とか「こっぱずかしい」とか。

「こ」をつけると、元の単語より多少軽いというか、
ちょっと茶化した感じになりますよね。
照れ屋の彼らしい表現だなと思います。


敬語のアレンジ

「閉店となさっていただきます」
「お求めになってみたいと思います~~」


日本語としては明らかに間違ってますけどね。
敬語の正しい知識がある上で
あえてやっていると分かるから、面白いんですよ。


「呑め!打て!買え!」

アリーナかSHOXXで見たんだったかな?
たぶんエクスタシー系の商品の広告だと思うんですが、
それに添えられていた松本氏のコメント。
呑む打つ買うの三拍子、はよく聞きますが、それを命令形にするのはあまり聞かんぞ。
ちなみに、その横には大将の「骨は拾ってやるぜ!」というコメントもありました。
誰の商品か忘れたけど、良いアニキに恵まれたもんだなと思います(笑)。

それで思い出したけど、エクスタシー系のベスト版だかなんだかで、
みんなから寄せ書きのようにコメントが付いた広告を見た事があるんですが、
その中に「よっちゃん、僕の歯ァ返してください!」というのがありました。
なんつーか…物凄く当時の情景が浮かぶひとことじゃないですかね?(^^;

…すんません、めっちゃ脱線してしまいました。


「春売りのお姉さん」

要はそういう職業の方々なんですが、
こういう表現だと、なんだか可愛らしく感じるじゃないですか、ねぇ?(笑)


「おもろ!おもろっち!おもろかっし!」

…方言?
ある人がライヴレポを送ったら、こう書かれたハガキが返ってきたそうなんですが。
「おもろ」はともかく、あとの2つは本気でよそで聞いたことない。





<おまけ>

「呑み行くっしょ?」

これは別にhideちゃんに限った表現じゃないですが、
「…っしょ」って、結構言ってますよね。
これを聞くと、ああhideちゃん神奈川の人なんだなーと思います。
私のイメージでは、この言い回しが似合う青年は
hideちゃんかSMAPの中居さんくらいじゃないかと。
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-06-15 21:29 | hide & X

<< 続・hideにまつわるエトセト... Someday I'm... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE