続・hideにまつわるエトセトラ「Beat Night Club」(2/3)

最初はコーナー3つ分だけUPするつもりでしたが、
hideちゃんが喋ってる部分全てテープ起こしできたので
コーナーの前後も併せてUPする事にしました。
という訳で、昨日の(1)も加筆修正しております(^^

*********

さてお知らせの後は、インディーズで大注目されているが次々登場し、
激しいバトルを繰り広げる「ザ・ジェリーリーファントムのインマガバトル」です。
あの、ザ・ジェリーリーファントムというバンドはわたくしまだ未聴なんですけども、
バトルという事でですね、わたしの秘密兵器のインディーズバンドがおるんですけども、
これを差し向けますので、ぜひバトルをしていただきたいと思います。
それでその暁にはですね、その取得の暁には、わたくしこの耳で確認したいと思いますので。
ザ・ジェリーリーファントムの皆様、こころして聴くように、という事でわたしからの秘密兵器、
L.A.のインディーズバンドです、「オーバーソウル7」をそちらに差し向けますので、宜しく。


(ザ・ジェリーリーファントムのインマガバトル)

えーhideがお送りしています サークルKプレゼンツ Beat night club code rock'n'roll。
さて先ほどお送りしたザ・ジェリーリーファントムのコーナーですが、
私の差し向けたL.A.よりの刺客「オーバーソウル7」はいかがでしたでしょうかね。
あのー「オーバーソウル7」はそんな、刺客とは申しましても、
とてもとてもキュートなコケティッシュな女の子ヴォーカルのですね、
わりとサイボーグロックなんじゃないかと思います。
ザ・ジェリーリーファントムの皆様もですね、番組を続けるにあたって
私もぜひ聴いてみたいと思いますので、ザ・ジェリーリーファントムの皆様も頑張って、
来週も宜しくお願いします。ということで。

それではまたまた続いてコーナーのお知らせです。
コーナーのタイトルは「I Love You, BABY」

どんなコーナーかと言いますとですね、
普段あなたがお世話になっている物に対して気持ちを伝えようという物です。
えーと普段お世話になってる物って言いますとね、、私は商売柄というか、
趣味が音楽くらいしか無いんですよね、無かったんです。
(咳払い)
あんまり、運動とか、スポーツも、人が汗流してるのを見て何が楽しいんじゃい、
と思うし、やる方も、汗流して何が楽しいんじゃい、と思う方で、
スポーツも別に特に無いですし、わりとだからその、レコード買ったりとか、
音楽聴いてライブ見に行ったりとか、そういう事がスポーツになり、趣味になりという感じで、
他にあんまり趣味無かったんですけども、2年ぐらい前から、わりと唯一の趣味っちゅーか、
音楽以外の趣味っちゅーのができまして、それがインターネットだったり、するんですけども。

2年ぐらい前にツアーを回ってた時に、舞台監督さんが
ツアー用に僕のHPを作ってくれたんですよね。
それがきっかけで、あ、おもしれーや、という事になって、
ブックタイプのマッキントッシュを買いましてですね、小さい画面の中で繰り広げられる、
なんでしょう、小さな小さな小宇宙、それでも、さりとて世界中に通じちゃってるぞ、ていう
不思議な、なんかこう、世界観が面白くて、ハマっていってしまったんですよね。

でも最初は僕、マッキントッシュとかっていうのは、マニピュレーターの
稲田っていうのが居るんだけど、そいつと音楽作ってたりして、
オペレーションっていうか操作っていうかコントロールはその人に任せてたんで、
ワープロも打ったことないし、あの、基本的に機械大っ嫌いな人だったんで、
絶対自分ハマるとも思わなかったし、いわゆるパソコンオタクとかっていうのは、
へどが出る程そのイメージ自体が嫌いで…別にあの、好きでやってる人は構わないんだけど、
自分がなるなんていうのはへどがでると思っ…思っていた人がですね、今や、
やってない人が見たら、まるっきりのパソコンオタクじゃあーりませんかっていう、感じなんですけど。

何が面白かったんかって言うとですね、そりゃあの自分の狭い部屋からですね、
世界中どこへでも飛び回っている…ほんとは飛び回ってないのかもしれないですけど(笑)
だって別に見たわけじゃないから、確認したわけじゃないから分かんないんだけど、
その状況が面白いのと、あと、そのね、インターネットやるにあたって、いろいろその、
何て言うんでしょう、なんつったら良いのかな、装備をしなけりゃいけない訳ですね。
ロールプレインゲームとかで言う、アイテムみたいなものを揃えないと、
見れる物も見れなかったりするっていう。

それをですね、いっこいっこ、なんかもう、どーでも…そんなもん、
別に、最初から付けとけよ!っていうような物をですね、色んなところから引っ張ってきて、
入れて、その画面が初めて見れた時の感動たるや、もう、あの~、あの…少年の、
あの~(笑)、なんていうんでしょう、あの、ベッドの中で初めて、あの~(笑)、あのですね、
あの、オトコ…になった時を思い出しましたね。それぐらいの、なんかこう、
到達感と、あの、射精感…あ、言ってんじゃねぇか(笑)、射精感がありますね。

というようにですね、アナタノ気持チヲソノ愛スル物ニ伝エテクダサイ…何人だ(笑)。

えーそれではちょっと喋り疲れたので、一曲聴いて頂きたいと思います。
えー1月に出したさっきの「ROCKET DIVE」のカップリング曲でもあるんですけれども、
hide with Spread Beaverで「DOUBT(mixed lemoned jelly mix)」。


(DOUBT(mixed lemoned jelly mix))
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-05-05 00:10 | hide & X

<< 続・hideにまつわるエトセト... 続・hideにまつわるエトセト... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE