ご家族4名様シンガポールツアー:3日目

朝食は、毎朝ホテルのバイキング。
少しずつメニューが違っていたので嬉しかったです。

e0039100_2222463.jpg
パンプディングの練乳がけ(左端)が美味しかった!!
優しい味です。




【セントーサ島観光】

昨夜とは打って変わった雰囲気の、昼のセントーサ島。
自由時間は約2時間。

まずはスカイタワー。以前はマーライオンタワーが一番高かったらしいですが、
今はこやつに取って代わられました。

e0039100_2224320.jpg
座席に座って眺めます。


e0039100_2225683.jpg
マーライオンタワーが遥か眼下に。


e0039100_2231293.jpg
昨夜のナイトショー会場も見えます。


(↓動画だとこんな感じ)




そして、この2時間で一番やってみたかった、「リュージュ」!
e0039100_2235488.jpg


自分でスピードを調整する(=飛ばしすぎると事故が起きる)ため、
ガイドさん的には余りお勧めしないアイテムだったようですが、
家族全員、無事に楽しく満喫いたしました。

e0039100_2241192.jpg
帰りはリフトで。
リュージュもこのように連れ帰ります。(合理的)


e0039100_2244012.jpg
この写真を撮るの、少し怖かった…
(上半身をひねりながら撮りました)


e0039100_2245463.jpg
リュージュの風景も見えます。



時間が余ったので、昆虫館へ。
ガイドさんは「剥製と化石が大半」と言っていましたが、
なかなかどうして、ナマ昆虫も沢山居ました。

e0039100_2251915.jpg
手を伸ばせば届く距離。


e0039100_2253525.jpg
足元で水飲んでます。


でもここで一番インパクトがあったのは、マイク真木を名乗る
やたら日本語が達者な従業員さん。
(確かに似ていた)
既に新ネタ「ちょっと!ちょっとちょっと!」を
仕込んでらっしゃったのが衝撃でしたよ。


e0039100_2262391.jpg
道中見かけたラッフルズ・ホテル。やっぱ素敵…


e0039100_22165844.jpg
天福宮。英語名忘れた…


e0039100_2263328.jpg
貨幣をイメージして、金柑の鉢が置かれています。
クリスマスツリーみたいな飾り付けがラブリー♪




【チャイナタウン】

初日夜に行ったチャイナタウンを再訪。

e0039100_2272539.jpg
かなり雰囲気が違うけれど、やっぱり賑やか。


残り時間10分で、カットフルーツ盛り合わせを売る屋台を発見。
最初イートインだったのをテイクアウトに切り替えて、バスへ猛ダッシュ。
バス内は食事厳禁なので、次の観光先で時間と場所を見つけて平らげる所存。

つか、昨夜もフルーツ三昧じゃなかったですかこの一家。
どこまでフルーツ好きですかこの一家。



【中国茶】

中国茶道を体験。

e0039100_2274143.jpg
茶道風景ではなく、お兄さんが目的で
撮影許可を求めたのは内緒です。


ちなみに、先ほどのカットフルーツも下車して、また乗車しました。
(場所も時間も無かった…)


【免税店・オーチャード通り】

昨日と同じ場所で、1時間の自由行動。
またもやとっとと店を出て、例のフルーツの消費場所を探す一家。

e0039100_228117.jpg
盛り合わせ(大)。四人前にちょうど良い量。


散々持ち歩いた甲斐のある、味も種類も量も大充実の盛り合わせでした!
美味しかったー♪♪♪

えーと、その直後、、伊勢丹デパ地下にて、
カットフルーツスタンドがありましてですね。
なんか非常にそそられましてですね。
…買いました。

我ながらどんだけフルーツ好きかと。

e0039100_2282398.jpg
なんとかSHEED。(前半のスペル忘れた)
果物とは思えない程に極甘。


けど、まだドリアンを試してないよなー…と思った矢先、
目に入ったのがこちらの「ドリアンパンケーキ」。
e0039100_2284379.jpg


「中の餡は、味付け無しの100%天然ドリアン」と
店員さんが主張するので、母がひとつ購入。
これにてドリアンへの挑戦もコンプリート。

e0039100_2285438.jpg
濃厚なバナナみたいな味。


その後は、シンガポール高島屋その他のお店を散策して時間終了。


【モンゴリアンバーベキュー】

…ってどんなだ!?と興味津々だったのですが、

e0039100_229107.jpg
こんなでした。


社員食堂スタイルで肉・野菜etcを選んで、焼きゾーンの店員さんに渡して、
焼いてもらうのを順番に並んで待つ、という方式なんですけどね。
混雑時は、絶対自分が渡した肉と違うのが返ってきてる気がするんですよね。
でも、肉ってビフォーアフターでは全然見た目が違うから、
文句の言い様も無いんですよね。

e0039100_2292412.jpg
チャングムでお馴染みの、イ・ヨンエさんも来たらしい。


他にも、寿司に刺身に茶碗蒸し、南海風チキンライス、
ミートスパゲティ、グラタン、クラゲの中華風サラダ、
等等、実に無節操なバラエティー豊かな
ラインナップを誇るバイキングコーナーもありました。

e0039100_2293751.jpg
いくらでも楽しめそうです。


時間制限が無ければ、倍は食べたことでしょう。


【ナイトサファリ】

こちらもシンガポール観光の目玉だそうです。
セントーサのナイトショーと言い、温暖化に伴って日中の観光が厳しくなるにつれ
こうやって夜の観光地開拓に力を入れるようになるのかなー、とちょっと思いました。
トラム乗車移動2コースと、徒歩移動数コースの内から選べます。
今回はトラムコース。英語車と日本語車があります。

乗車前にも、こんな物を観て楽しめます。



限りなく自然に近い状態での野生動物を拝めるのがウリ、だそうですが
そんなナチュラルでも無かったような…

あと、当然ながらライトも撮影も不可なので、非常に見え辛いです。

「右手に○○が見えますでしょうか」
 …見えません。
「左手にいるのが××です」 
 …コレが電気仕掛けでも、この距離と明度じゃ分からないだろうなー。
「△△がいるんですが…通過中に出てきてくれると良いですが」
 …元々居なくてもバレないんじゃないか、それ。

等と心貧しい考えを抱きつつの数十分でありました。

でも、たとえ豊かな心で乗車したとしても

「次は○○です…絶滅の一途を辿っております」
「××が見えますでしょうか、もはや世界で僅か数十頭しか生息していないと言われております」
「△△、こちらも絶滅が危惧されている動物です」


軒並みこんな説明が続くので、やっぱり、
単純に楽しむにはやや辛い観光地だと思いました。


【ウェルカム・ドリンク】

旅行社が1名1杯用意してくれたチケットを手に、ホテルのラウンジへ。
ステージで歌っていたお姉ちゃんが、
「アンニョンハセヨ」と声をかけてくれましたが
すみません、私達韓国人じゃなくて日本人なんです。

(↓こんなお店、サービスチケットでも無きゃ入ってないよな~)



翌朝は、08:25フライト。
…06:00ホテル発。
……05:15起床ですってよ奥さん!!


おやすみなさい。






【おまけ】

今回の衝動買い大賞。

シンガポール航空のスッチャさんを見てると
どうしても欲しくなって、つい…
時間があれば、リトルインディアでサリーも買ってたと思います。
(本気でどうかしてる)

e0039100_22101190.jpg
試着してません。



入らなければ、コレを目当てにダイエットに励む所存。
[PR]

  by rosa_hiho | 2007-04-15 21:29 | Others

<< 別館作りました。(hideネタ... ご家族4名様シンガポールツアー... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE