そうだ TOKYO 行こう 三日目

三日目…というか、二日目終了から約4時間後(笑)。

広尾→品川→外苑前→表参道→原宿

e0039100_1052815.jpg
「酔っ払い明けには蕎麦だろう!」と
チェックアウト時から頭が蕎麦で
固まっていたので、箱根暁庵へ。


e0039100_10491450.jpg
おろしそば。
未だ酒抜け切らぬ身体も
大喜びの絶品♡


e0039100_10493569.jpg
蕎麦湯は薄めが好きなので、
上澄みだけ。


このお店には、なんとなくハイソな香りのするお客様が多いです。
席ひとつ置いて隣に座った、飲食店経営の女社長(←推定)が
「新そば入った?今日のかわり蕎麦は何?
…じゃ、二色で田舎蕎麦とかわり蕎麦ちょうだい」

なんてオーダーしているのが、通っぽいなぁと思いました。

当初の計画では、品川にスーツケースを預けて
時間の許す限り東京をうろついたり、
場合によっては五反田で夕食とったり、
するつもりだったのですが、活動開始が遅過ぎて
コインロッカーは全て満杯。
その時点で心が折れ、必要最小限の予定消化に変更。

青山ベルコモンズ2Fの上品なティールームに集結するが、三人揃うと店の空気が根底から台無しである。そのまま外に出動するも、やはり青山の風景が台無し。
(「音楽と人」1997年3月号)

という訳で、やってきました青山ベルコモンズ。
別に、あのお三方が、この辺の景色に
そぐわない人物とは思いませんが…
市川氏を足して四人になった時点で
台無しになったのでは?(笑)

2Fにティールームらしき所はあったけど、
どうもこれでは無さそうな。
まぁ10年近く経ってる訳だし、改装したんでしょうね。

e0039100_10504215.jpg
でも写真撮ってみたり。
マンゴーヨーグルト美味かったです。


気候も良かったので、その後はぶらぶらと
風の吹くまま気の向くまま、道路の傾斜が導くまま、
道沿いのお店を眺めたりしながら
青山・表参道ヒルズ・裏原・竹下通りを通って原宿駅へ。
(元LEMONed SHOPのあった所は敢えてスルー)
CMやら雑誌やらの撮影っぽい所に
こんな短時間で2回も出くわして、
やっぱそういうオサレな街なんだなぁと思いました。

ここで体力気力共に限界を感じ、品川へ。
新幹線に乗っている間中、泥のように眠りました。
新大阪で起きたのが奇跡なくらい眠りました。

e0039100_1051490.jpg
あぁ、大阪に帰ってきたなと実感。



今回の旅の間、ずっと思っていた事。
痛いの承知で書いてやる。

プロの能楽師として「お能ライフ」を営む現代の青年達を描いた、
成田美名子さんの『花よりも花の如く』という
小学校の図書室に置いても良いような
素晴らしい素晴らしいマンガがあるのですが、
その中に出てくる楽(がく)ちゃんは、
至る所に残された、人の残留思念が見えるんですよね。
(霊視では無いです)

各時代の人々が、かつて存在していた時の「想い」が
残像のように見えるらしい。
本人は「かたつむりが通った跡のように」と称してましたが(笑)。
その時の想いが強ければ強いほど、濃く残ってるんだそうで。

そういうのが見えたら…きっと凄かったでしょうね。
この東京のあちこちに、動き回る
七色と赤とピンクの頭の残像が映し出されて。

飲み屋界隈が一番多く見えそうだけど(笑)。

そんなこんなで無事(?)終了した、二泊三日お江戸ツアー。
旅先でご迷惑をおかけした方々&お世話になった方々、
ごめんなさい、そしてありがとうございました!!!
浪花にお越しの際はゼヒご一報くださいね♪


…ところで、月曜はそんなでも無かったのに
火曜日いきなり物凄くしんどかったんですが、
なんなんでしょう、筋肉痛だけじゃなくて
アルコール・ラグまでが、年を取ると
時間をかけて現れる物なんでしょうか?(泣)


Today's【にほんご/汉语/English】
*筋肉痛/肌肉痛/muscular pain
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-09-30 10:51 | hide & X

<< 【あのこのこともっとしりたいバ... そうだ TOKYO 行こう 二日目 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE