hideにまつわるエトセトラ(3)

<番外編>

以下の作品は、hideちゃんとは関係のカケラも無いんですが(笑)、
当時けっこう慰められたんで挙げてみました。
各アーティストのファンの方には、
「妙なモノに関連づけすんな!」とお怒りの向きもあるかもしれませんが
お見逃し頂ければと思います…m(_ _)m


遺書。 / Cocco
Maxi Single『カウントダウン(1997/3/21)』収録

骨埋める 場所なんて いらないわ。
大事にしてたドレスも、
写真立ても、
ひとつ残らず焼いて。


hideちゃんが大絶賛していたCocco(5/6の日記参照)。
まさかこういう形でお世話になるとは、夢にも思いませんでしたが。

なぜかリアルタイムでは全く食指が動かず、98年5月以降、
「もうhideちゃんの新曲が聴けないなら、せめて
彼が好きだった曲を色々聴いていこう」
という動機でやっと手をつけたんでした。
アルバムだと、1stの『ブーゲンビリア』に収録されています。


花葬 / L'Arc~en~Ciel (1998/7/8)

瞳あけたまま 腐食してゆく身体
鮮やかに失われる この意識だけを残して
春を待てずに

くるい咲いた夜に 眠れぬ魂の旋律
闇に浮かぶ花は せめてもの餞

ばらばらにちらばる花びら 雫は紅
欠けた月よ廻れ 永遠の恋を写し


不謹慎かもしれないと思って
今まで言った事無かったんですが、書いちゃおう…
初めてコレ聴いた時、私は
モチーフがhideちゃんだったら嬉しいな…と思ってました。
自分を使ってこれだけ鮮やかな、そして突き抜けた表現されたら、
Artistとしてはいっそ本望なんじゃないかと。

けど、ひょっとしてこれってラヴソングですかね?
歌詞を読んでて、そんな気がしてきました、今(笑)。
アルバムでは『The Best of L'Arc-en-Ciel 1998-2000』に収録。


PARADICE / Southern All Stars (1998/8/5)

喜びも悲しみも
刹郡のSunshine Day
大空を切り裂いて
手にしたOne Fine Day

Amen."愛"はLibido"憎"はlnsane
瓦磔の中で歌う声は
疲れ果てた天使のゴスペル
祈る言葉lcalled your name


今調べたら、これは反核への想いが込められた歌なんですね。
…って、歌詞を真面目に読めばすぐ分かりそうなものですね。
(もっと読解力もたなあきませんね、自分)
でも、この歌の雰囲気と
歌詞全体から滲み出る何かに、慰められました。。。
アルバム『さくら』にも収録。


いつも何度でも / 木村 弓 (2001/7/18)

さよならのときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる
生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんなおなじ


声と、メロディーと、歌詞と、ゲルトナーライアーと。
その内どのひとつが欠けても、
ここまで心を揺さぶられはしなかったと思うんですが。
特に声ですね。この人の声は、反則ですよ(笑)。
有線で流れた時、条件反射のように泣けてきて、自分でもびっくりしました。



今日のは、当初のテーマから
ズレてしまってますね。すみません(^^;
それでは最後に一発、とっておきのを…


<超・番外編>

『いつも心に松本を!』

当時の文通友達が、
折に触れて書いてくれたキャッチフレーズ。
なんか良いと思いません?(笑)
使い心地がよくて、よく思い出してます。

良かったら皆さんも使ってみてくださいね。
『いつも心に松本を!』(笑)



Today's【にほんご/汉语/English】
*モチーフ/主题/motif
ライアー/七弦琴,手摇风琴/Leier
(Leierはドイツ語かもしれない)
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-08-16 00:04 | hide & X

<< X-PRESS!! hideにまつわるエトセトラ(2) >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE