暴力OKバー in 南京

「その昔、中国江蘇省南京市には、
客が思う存分泣ける『泣きバー』
なるものがあったらしい(今でもあるのかな?)。
それを一歩推し進めて、
客が思う存分店内を破壊できる
『暴れバー』ができないものか。
きっと需要は高いに違いない」


そんな事を昼食時に口走っていたら、
夕方、派遣仲間が
「なんてタイムリーな!」と
こちら↓のニュースを教えてくれました。
暴力OKのバーでストレス解消、中国で話題に

原文(英文)はコチラ↓。
Bar offers violent solution for strains

「中国・江蘇省の省都南京で、
店員を殴ったりグラスをたたき割ったり
店内で大暴れして、たまったストレスを発散できるバーが
話題を呼んでいる。」んだそうです。

殴られ役まで完備…
そこまでは望んじゃいませんよアタシは(滝汗)

とりあえず、次に南京に行く機会があったら
ぜひ覗いてみたいと思います。

それにしても、泣きバーも南京だったよな…
南京の人ってストレス溜まってるのかしら。



Today's【にほんご/汉语/English】
*ストレス/精神压力/stress

(店内破壊OKのサービスが浮かんだのは、
けして某松本さんを想定しての事ではありません。
ええ、断じて違いますとも。)

[PR]

  by rosa_hiho | 2006-08-08 00:21 | Others

<< ドールハウスフェア in ... 肉体マイナーチェンジ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE