勝手にレビュー:無言激

HIDE 無言激―ヴィジュアル&ハードショック写真集
Hideo Canno Norio Kajiki / 音楽専科社
ISBN : 4900343323
スコア選択: ※※※※※



『唖然!奇才HIDEの天才的感覚が作り上げる
初のVISUAL & HARD SHOCK』



1992年、こんなキャッチコピーと
共に発売された、HIDEちゃん監修の写真集です。
余談ですが、彼には「奇才」「鬼才」という形容が似合いますねー。
特に「鬼才」が。(辞書によると、「人間離れした才能」らしいですよ。
…うーんぴったり♪)


「こんな人が写真集を作ると、
こういう風になるのだな」という事が
非常に良く分かります(笑)。
いかに自分を素敵に撮るか、ではなくて
いかに自分を使って面白い写真を撮るか、
心を砕いている所が、いかにも彼らしい。

ロケ7ヶ所、スタジオ2ヵ所、バックステージにドーム密着、
A to Z、と時間と予算を使い倒した超豪華仕様。
各章の冒頭につけられた自作エッセイ(?)には
solo woksの歌詞の片鱗が垣間見られます。

復刻版じゃなくて初版バージョンを持っているのが
ちょっと自慢です♪(古本だけどさ)

第1章 サディストの憂鬱

e0039100_072053.jpg


この写真ちょっと分かりにくいですが、
SMやボンデージに凝っていた当時の傾向が
色濃く反映されてます。
片目しか出ていないのに物凄い迫力。

第2章 舞枯

このテの退廃的な風情が、ほんと良くお似合い。
ただ、カラーで見ると、エクステが黒いんですよね。
地毛と統一して欲しかった。もしくは地毛を黒にするか。
それだけが、ちょっと不満です。

(大好きな一枚↓)
e0039100_074793.jpg


第3章 俗信仏

私は何も与えず
何も求めない
君は何も期待せず
何も信じない
私は何も聞かず
何も諭さない
君は何にも従わず
何にも景仰しない
私は私の中に
君は君の中に
祈れ


この詩大好き!特に最後の三行。
思いっきり突き放しているのに、
奇妙な連帯感のある感じが良いです。

e0039100_0214862.jpg


全身金粉塗りたくり…
見るからに皮膚呼吸できなさそうですが
見事に似合ってるのが素晴らしい。

(↓魔除けに良いかもw)
e0039100_022361.jpg



第4章 双生

自分の中の、相反する2人の自分。
歌詞にも時々、そういうイメージ出てきますね。
こういうのを見ていると、AB型だね~と思います。

(↓手にしているのはヘビ。
そういう事するから、"おチャメな爬虫類"とか
呼ばれちゃうんじゃないかなぁ…)
e0039100_026916.jpg



第5章 INTO THE BACKSTAGE

朝6時にドーム入りした伝説を持つ男(笑)。
いくらメイクや髪立てに時間がかかるからって
12時間も余裕を見ておくって…どんだけ慎重なんだ(^^;

この時はそこまで早くは無かったと思うんですが
開演までにちゃくちゃくと支度を進めていく様子が
丁寧に写し出されています。

(↓ハ虫類対決)
e0039100_0322651.jpg



第6章 ON STAGE

私が魂を奪われた"HIDEの部屋"始め
本業(笑)のギタリストとしてのカッコ良さが全開!!

金髪、ペイントモッキン、PATAちゃんの付け毛
…懐かしいですね~

(↓演奏中は指に何もつけないのが彼のこだわり)
e0039100_0411886.jpg



第7章 自己中心的な静物

ヒデラ誕生(笑)。

写真ではこの章が一番好きっ♪
このセピア色のHIDEちゃんを描いてみたいと
どれほど願ったことでしょう。。。
技術も根気も無い私には、どだい無理な話でした。。。

それにしても、これ、どこかの廃ビルの
屋上だと思うんですが、怖くないのかなぁ。

(↓あぁ絵心がそそられる…)
e0039100_044434.jpg


(↓これっ!この表情ですよ!!)
e0039100_0445379.jpg


(↓ただいま脱皮中w)
e0039100_0453525.jpg


(↓一番描きたかったのはコレ。この顎。)
e0039100_0463592.jpg



第8章 浄化

e0039100_047195.jpg



パイプ男になりたい。

衣裳担当さんに、HIDEちゃんがした説明は
これだけだったそうです。(あと、ちっちゃな白黒の写真)
担当さんは夜毎パイプ男の夢にうなされながらも
これを創り上げ、「この衣裳は恵美ちゃんの勝利」と
HIDEをして言わしめたんだとか。

多くのプロフェッショナルの力が結集して
できた作品なんだという事に、
改めて気づかされるエピソードです。

第9章 鍵

無くしたのは此処
見つけたのも此処
見た事も
来た事もない此処
又、此処に来た
失うために?
見つけるために?


この詩も好きっ♡

この撮影が行われた前夜には、
前泊ロケならではの「狂乱の宴」が繰り広げられ、
数々の伝説が生まれたらしいですが(笑)、
写真からはそんな疲れは微塵も見えません。
極寒の海に入ったり、砂丘を豪快に転げ落ちたり、
体を張った名シーンがラストまでたっぷり続きます。

(↓眼で殺す(笑))
e0039100_1115738.jpg



A to Z MONOLOGUES

ただのA to Zと侮るなかれ。
ひとつのアルファベットにつき、お題が3つずつ、
つまり、3×26=78個もの質問に答えているのです。
しかも、ひとつひとつ非常に丁寧に。
fanなら絶対、一読の価値アリです!!!


**************


最終章のコメントにも書きましたが、
この写真集は本当に、買う価値があります。
最初から最後まで、見ごたえ充分!!


最後に、表紙撮影のエピソードをひとつ。
赤ちゃんを膝に抱いた姿(ちなみに、表表紙は赤ちゃんの、
裏はHIDEの口が加工で消されてます。
「"無言"激」だから?)だったんですが、
この赤ちゃんが、抱かれた瞬間
火がついたように泣き出して、あやしてもあやしても
一旦泣き止んでも、抱かれるとまた泣き出す始末。
結局、泣き疲れた一瞬を狙って撮ったそうです。
言われてみると、確かに、赤ちゃんが微妙に
歪んだ表情をしているのが分かります(笑)。

ちなみに、HIDEちゃん自身も必死であやそうとしていて、
それがまた妙にサマになっていたそうですよ。
けど、この↓メイクした顔にいくらあやされても…ねぇ…(^^;

(↓この顔に見下ろされたら、
赤ちゃんもさぞ恐ろしかった事でしょう)
e0039100_1113411.jpg



Today's【にほんご/汉语/English】
*あやす/哄hong3(孩子)/lull

[PR]

  by rosa_hiho | 2006-06-23 01:14 | hide & X

<< 德国世界杯 苦手な食べ物 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE