酒は飲め飲め 飲むならば

「酒好きhide好き中国好き」と
銘打っていながら、酒ネタが非常に少ないこのブログ。
(中国ネタも少ないですが…)
本日は久々に酒ネタです。
素敵な「あて」(酒菜)に出会ったので、
ご紹介させていただきます。
「酒盗」です!!

(↓じゃ~ん。)
e0039100_2259424.jpg



鰹の胃や腸の塩辛です。king of 酒の肴。
コレを食べると、盗んででも酒を飲みたくなる…
というネーミングからもお分かりの通り
非常に酒の進む一品。
実は今まで食べた事が無く、
先日鹿児島空港で見つけたので
買ってみました♪

残念ながら家にお酒が無かったのですが、
『日本酒に合う物は白いご飯にも合う!』
という訳で、まずはご飯の友として試食。

味は…イカの塩辛とそんなに変わらないですね。
ちょっとだけイカよりは濃いかな?と思わなくも無いですが、
目隠しして食べ比べたら区別つかないかも。(←味オンチ)

商品に添えられた説明書きによると
大根おろしとあえたり、柑橘類を搾ったり、
納豆と混ぜたり、カマンベールに乗せたり、
果ては和洋中様々な料理の隠し味に使ったり
(ミートソースにも!!)と、
様々な用途があるらしいです。

あっさりした食材なら大抵の物に合うだろうと思います。
茹で野菜(アスパラ、ジャガイモ、サヤインゲン)とか
豆腐とか(湯豆腐でも冷奴でも)、ウドンとかパスタとか。

夕食では、長芋と合わせてみました。
海苔に少しだけ酒盗を乗せて、
短冊に切った長芋も乗せて、
くるっと巻いてできあがり。
…これにキリッと冷えた辛口の日本酒…なんて
これからの季節にピッタリ過ぎて、
想像しただけで「くぅ~っ!」となりますね。
本当に盗んででも飲んじゃいそうで怖いです(笑)。


犯罪に走る前に、早めに日本酒を買いに行ってきま~す!
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-05-19 23:02 | Food

<< 泉北タカシマヤ Doll... 中之島バラ公園 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE