doll's house - HIDE NO HEYA 1998 -

「今年は、最高の年になりそうだよ」
父の満さんに、hideは携帯電話の向こうで嬉しそうに言った。
それは、一戸建ての自宅を都内に新築するため、
土地購入契約を済ませた4月27日の事だった。
(「がんばんだぞ」より)


いわゆるロサンゼルスの原宿と言われているような
ストリートなんですけど、あまり出てこないんですけど、
たまに来るのがこのNecromanceというお店でして、
たまにっつってもホントにたまになんですけど。
『今どきゴシックかい!?』っていう感じの、わりとなんか、
気持ち悪いちゅーか、虫とか、内臓とか、そういう物ばっかり
扱っているお店なんですけど、何でしょう、こういう剥製モノとかですね、
なんか、虫モノですとかね、ま、ほんとゴスな感じのお店なんですけど。
(中略)
えーご覧になって頂けますでしょうか、
なんかこう、…いいお部屋だと思いません?
自分の部屋を、なんかこう、
このお店最初に見た時に、自分の部屋をこうしたかったんです。
(「hIS iNVINCIBLE dELUGE eVIDENCE」より)


この2つが頭の中で合わさってできたのが、このお部屋です。
もしそのお家にhideちゃんが実際に住んでいたら、
こんな感じだったんじゃないかな~というイメージで作りました。
タイトルから、ライヴステージのミニチュアを想像した方が
いらしたらごめんなさい。全然違います。
e0039100_152275.jpg



これからも常に変化し続けるお部屋であって欲しいので、
この部屋に最終的な完成形というのは無いのですが、
いちおう一段落ついたのでアップしてみました。
アイテムの充実度やレイアウトがイマイチな点については、
「引越したばかりという設定だから」という言い訳で逃げさせてください(^^;


e0039100_0525977.jpg
大きさの比較対象として、1ドル札を置いてみました♪


基本のパーツはベニヤ板、内装や家具はヒノキ棒、
壁紙には和紙を使用。
家具と床は水性ニスを5回以上重ね塗りして仕上げました。
体育館のような床を目指してニスとサンドペーパーを
繰り返して仕上げたフローリングの手触りは、官能的な心地よさです(笑)。

本体はともかく、アイテムの殆どはどのドールハウス本を読んでも
作り方が載っていなかったのでちょっと大変でした。
世間のドールハウスというのは、ヴィクトリア前後のイギリスとか
明治~昭和初期の日本とか、そういうモチーフが主流で
1990年代の部屋を作る人なんて余り居ないんですね。。。
CD、VHS、ノートPC、携帯電話、等々試行錯誤の連続でした。
少しでも実物に近い表現ができていれば良いのですが。



以下、細部のご紹介です。

【絵】
e0039100_0531890.jpg
1st solo albumのジャケットでも使用した、H.R. Giger氏の絵を飾ってみました。
額縁はイギリスのミニチュアショップで購入した物を使用。


【メモボード】
e0039100_0533377.jpg
年間スケジュールを書いてみました。soloとZilchとLEMONedが同時進行。


【fun letters & presents】
e0039100_054096.jpg
事務所宛に来た物から、とりあえず段ボール箱一つ分だけ貰ってきました…という設定。


e0039100_05416100.jpg
fanの愛が溢れています。


【床】
こんな部屋なのに、床に直に座るというのもhideちゃんらしいかな
…なんて思ったのですが。もしいただけなかったら、これも
「引っ越したばかりで家具が揃っていないという設定」という事で勘弁してください(^^;
もちろん、設定上は<床暖房完備>です(笑)。
e0039100_85885.jpg


酒樽は『ぷちシリーズ』から。飲み友達の○○さんがくれた引っ越し祝い…という設定。
先日の「だんご屋」から借用した清水焼の湯呑み(茶杯)も、hideちゃんの部屋にこう置くと一気にぐい飲み(酒杯)の風情に(笑)。


【飾り棚】
これ全部このお店みたいに、わりと医療器具とか、
コップとかも全部ビーカーとかにしようかなとかね、
ずっと考えて、コソコソと、時々には買い集めたりもしてるんですけど。
(「hIS iNVINCIBLE dELUGE eVIDENCE」より)

e0039100_0544763.jpg
これ苦労しました。医療器具なんてミニチュアなかなか無くて…
止むを得ず一部プラスチック製品も使用。


e0039100_0563587.jpg
やっぱり本物のガラスだと、輝きが違いますね。
数年前にイギリスのドールハウス店で購入した歯科医セットから、薬瓶とビーカー達。


e0039100_0564720.jpg
コレは南港で購入。イメージ的に合うかなと思って置いてみました。


e0039100_057235.jpg
これの何が凄いって、中もきっちり印刷されてるんですよ。


e0039100_0572258.jpg
字は異常に小さいけど、多分本当に聖書の言葉が書いてあります。


【本棚】
e0039100_0575845.jpg
過去のインタビュー等で語られていたアイテムを集めてみました。


【CD】
e0039100_0581637.jpg
知っている曲はありますか?(^^


e0039100_0583246.jpg
主に、hideがDJを務めた「オールナイトニッポンR」や、本人作成HPの日記「hide's VOICE」に出てきたCDが中心。


【本】
e0039100_0584248.jpg
好きだと言っていた、三島由紀夫を中心に作成。


e0039100_0585570.jpg
その他、Sidney Sheldon、大槻ケンヂ、松本人志、等。


e0039100_059758.jpg
L.A.で完全読破を目指していたという『こち亀』も入れてみました(笑)


【LP】
e0039100_0592138.jpg
「音楽と人」を参考に作成。少年時代に衝撃を与えたROCKの名曲達。


【VHS】
e0039100_0593349.jpg
「ARENA37℃」を参考に作成。仁義無き戦い、Godfather、NAKED LUNCH、THE WORLD ACCORDING TO GARP、等。


【VTR】
で、ビデオ一杯ありますけど、わりとfanの方達がですね、あの、年寄りをねぎらってですね、子供達が、みんなあの、お笑いのをね、CM、ちゃんとカットして全部繋げてね、録画してきてくれたりとか、絶対、日本にいたら見ないようなゴールデンタイムのドラマとかを1回目から最終回まで全部とってきてくれるんですけどね、あると見ちゃうからね、俺もね。
あの、何だっけ、江口洋介のあれとか、1回目から最終回まで2日で全部見ちゃったりとかして、作業に支障が出るので、あんまり過剰な親切はやめて…やめて頂きたく…ありがとうございます(笑)
(「hIS iNVINCIBLE dELUGE eVIDENCE」より)

私、ここの語りが大好きで。
「子供達が年寄りねぎらって」なんて、
ファンへの愛情が感じられる表現だと思いませんか?
苦情を言いたくても言い切れずに、結局お礼になっちゃっている所も好きです(笑)。
e0039100_0595118.jpg
もっと規格品っぽく形を揃えたかったんですが、不器用なのでコレが限界でした。


【メモ】
写真集「無言激」エッセイの直筆原稿。
引越のどさくさで出てきたので、懐かしくて広げてみた…という設定です。
e0039100_10510.jpg
雑誌掲載分をスキャナで録って縮小かけまくりました。小さすぎてよく分からくなっちゃったけど、ちゃんと本人の筆跡になってます。


【ノートPCと携帯】
e0039100_101874.jpg
98年当時だったらこんなんかな、と。ノートPCは、Tribal Ja.Zooのツアーパンフを参考にしました。hide愛用のPowerbookがモチーフと聞いたので。


【タバコ&灰皿】
e0039100_103248.jpg
チェーンスモーカーの雰囲気出てますか?(笑)
hide愛煙のMILDSEVENSuperLightは全部白色で、タバコか何か分からなくなりそうだったので、お友達の分という設定でMarboloを追加。
私は煙草を吸わないので、灰はネオシーダーを吸って集めました。


【ドア】
開閉できるドアを作るのは予想以上に大変だったけど、
今しがた部屋を出たばかり、という雰囲気にするために
半開きのドアがどうしても欲しかったので、頑張りました。
この部屋で一番こだわった部分かも。
『彼はいなくなっちゃった訳じゃない、すぐまた戻ってくる。
一緒に遊んでいた友達を見送る為にちょっと席を外しているだけだから』

…というお部屋にしたかったんです。
(クッションが、今立ち上がったばかりのように凹んでいるのも、同じ理由です)
e0039100_104530.jpg


【ギター】
このお部屋の一番の要!!
このギターの存在が無かったら、このドールハウスの構想もありませんでした。
ミニチュア楽器の作家、吉田和則先生の存在を知った時に
どうしてもhideモデルのギターが欲しくなり、無理にお願いして作っていただきました。
後期hideモデルの代表作、モッキンバードのイエローハートです。
e0039100_105549.jpg
弦の太さが全部違います。なんと、緩んだら上のネジで締める事ができます。


e0039100_111280.jpg
ハートがひとつだけ黒い所まできっちり再現!匠の技です。



あと、ご参考までに、hideちゃんが気に入った、そして
このドールハウスの(一応)お手本にさせてもらった
Necromanceのホームページはコチラです。
内装についてはstore infoで見る事ができますが、
…なんか…まだまだダメですね(^^;全然違う。
もっとアイテム増やさなきゃ。

ところで、今このHPには、なんと
hideStyleというコンテンツができちゃってます!!!
『彼が身に着けているアクセサリーは、ここで購入した物らしい』
という話は結構知れ渡っているのですが、
よっぽどお店でソレを買いたがる人が多かったんだろうなぁ…
でも、hideちゃんは自分で手作りしてたんですけどね↓
(首のネックレスを指差して)コレも、ここでビーズを買ってきて、自分で作ったりとかしてる事が多かったですけど
(「hIS iNVINCIBLE dELUGE eVIDENCE」より)



以上、楽しんでいただけましたでしょうか…?
冒頭でも書いたように、このお部屋はこれからも
どんどん進化させていくつもりでいます。
何か「hideの部屋ならこれを置くべきだろう!」
というアイテムがありましたら、ぜひ教えてくださいね♪
作れるかどうかはわかりませんが、できるだけ頑張ってトライしてみます(^^

※追記
07年12月14日付日記にて、その後の様子をご紹介。(そんなに変わってませんが)
・ご本人のご承諾を頂いて、文中に吉田先生HPのリンクを貼らせていただきました。
・NECROMANCEの内装について、hIS iNVINCIBLE dELUGE eVIDENCE中の映像を発見。コチラ↓ご参照ください。
http://www.youtube.com/watch?v=Z7KQNfZ3JSg
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-03-05 01:04 | hide & X

<< さて何処でしょう? doll's house >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE