春節早々hide談義―hideの魅力(追加)

「俺ってこんな役だったら誰よりも自信が有るんだけどなぁ。」

(↓こんな役。)
e0039100_1172272.jpg


新年好!
中国は今日がお正月(春节)ですね。

北京は13年ぶりに爆竹が解禁されたと聞きましたが、
事故とか大丈夫だったのかしら…?

日本では松の内どころか小正月すらとっくに終わってしまいましたが、
肝心な所を書き漏らしていたので、春節にかこつけて追加です。(笑)


***************


私が最も魅力を感じ、かつ、コレはそんじょそこらの
人間には真似できまい!と思うhideちゃん特有の才能、
それは彼の『人外モード』です。
(どうも上手い形容が思いつかないんですが…どなたか
良い言葉があったら教えてください)

子供の頃から弟を怖がらせて磨きをかけ(笑)、長じては
「エックスでは頭のおかしいギタリストでいられる事が凄く楽しい」
と語れるほどに修練を積んだ、彼の演技というか演出。
常人離れ、時には人間離れすらして見える
あの仕草と表情とオーラが、私は大好きなんです。

Q:映画でやってみたい役柄は?
A:(羊たちの沈黙の)レクター博士


この某誌のQ&Aにも、とっても納得がいきます。
ぜひ一度トライしてみて欲しかった!!

そんな『人外モード』を堪能できる作品、と言ってまず思い浮かぶのは、
92年東京ドームLIVE「破滅に向かって」のソロコーナー「HIDEの部屋」でしょうか。
元々はYOSHIKIファンだった筈の私が
完全にHIDEの虜になってしまったのは、コレを見た
衝撃のせいだったような気がします(笑)。

次に挙げるとしたら、やっぱり「Seth et Holth」!
映像の中に居るのはもはやHIDEではなく、
完全に「血を交わしてしか会話できない吸血鬼」のSethです。
画面の片隅で、手についた血を舐めながら、
にた、と笑うその表情は、はっきり言って
どアップで手前に居るHolthよりもインパクトがありました(笑)。


e0039100_118498.jpgSeth et Holthの元ネタとなった撮影より。


e0039100_2374745.jpgSeth et Holthより。


その他、LIVEやPVだと
「HIDE OUR PSYCHOMMUNITY」の『EYES LOVE YOU』『HONEY BLADE』、
「SEVENTEEN CLIPS」の『限界破裂』『ピンクスパイダー』、
「hIS iNVINCIBLE dELUGE eVIDENCE」の『ピンクスパイダー』(studio live)
あたりがお気に入りです♪(あ、多少系統はズレますがSEVENTEEN CLIPSは
『BACTERIA』も良いです!
鼻血が出そうな位に格好良いですよ~)


e0039100_22455630.jpg限界破裂より。


e0039100_22462334.jpgBACTERIAより。


そんな風に、私にとってはhideの才能の中でも
最高に魅力ある部類に入る『人外モード』ですが、
時々、ファンの「hideのパフォーマンスを見て怖かったけど
ROCKET DIVEの歌詞を読んで見る眼が変わりました」
とか
「今まで怖い人だと思っていたけど
ラジオの話を聞いていると愉快な人なんですね」
とかいうコメントを見かけるんです。
で、そのたびに「え?こわ…?」と戸惑ったんですが、
もしかして、この辺の演出って、人によっては怖いものなんでしょうか?


奇声を発しつつギターを弾き狂い、
拘束服を着せられ、移動ベッドに載せられ、
ステージから運び出されながらも、なおも
狂気をはらんだ笑い声をあげ続ける…

そんなパフォーマンスを見て
う~んLovely♡」とか、ひょっとして思っちゃいけなかったんでしょうか…(- -;
この辺、余りhideファン同士の間でも語った事が無いんで
よく分からないんですけど、どうなんでしょう?
良かったらゼヒご意見お聞かせください!
[PR]

  by rosa_hiho | 2006-01-29 22:26 | hide & X

<< 平成17年度通訳案内業試験 停滞中 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE