イランの少女マルジ

ゆうべ久しぶりに思い出した。

形式はマンガなんだけど、イラン・イラク戦争などの激動の時代を
生き抜いた少女の過去が自伝的に描かれた、大変に深いお話。

本屋でざっくり飛ばし読みしただけで、
飛ばしすぎて殆ど覚えてないけれど、続編含めて
淡々と描かれながらも大変にインパクトの強い内容だった記憶はある。

でも、自分にとって一番印象深かったのはこのシーン。

マルジがお祖母さんと別れ際にハグをして
「おばあさんの胸はどうしてそんなにふかふかなの?」
「毎晩冷たい水に漬けてるからハリを保てるのだよ」

そしてマルジの「私は、祖母が実際に毎晩それを
行っていたのを知っている」というモノローグに続いていました。

さて、冷却法というのは、確か佐伯チズ先生も推奨されていた美容法。
洋の東西を越えて実践者の存在が確認された訳ですが、
…胸を冷水に漬けるって、どうやるんだろう?
洗面器に氷水張って、ざぶっと浸せばいいんだろうか。
今の季節ならともかく、真冬とか考えただけで心臓止まりそうなんですが。
イランって冬もあったかいんかな。

ハリは欲しいが勇気が出ない。
毎晩実行しているよ!という勇者な方が
いらっしゃいましたら、ぜひ感想をお聞かせ下さい。
[PR]

  by rosa_hiho | 2012-07-13 12:33 | Others

<< もうしばらくの間、保冷剤で夜を... 名前を聞いても聞いても忘れてし... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE