サヴァン症候群

サヴァン症候群(サヴァンしょうこうぐん、savant syndrome)とは、知的障害や自閉性障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、常人には及びもつかない能力を発揮する者の症状を指す。(Wikipedia)







つべで見かけて、つい見入ってしまいました。
この番組では、従来の「障害者の一部に見られる能力」ではなく
「本来誰もが持っている能力が、脳の特定の部位を損傷することにより現れる」
という考え方が紹介されていたのが、興味深かったです。

ここで取り上げられているのは、絵と音楽に関する才能ですが、
一度見たor聴いただけで再現できるのは凄いですね。
特にピアニストさん、聴き取れるのはともかくとして
その音をどの指で弾けば良いんだろうって迷わないんでしょうか?
連弾曲とか二台以上のピアノを使う曲は、
どの音がどのパートか判断つくもんなんでしょうかね?
あと、セッションできるのも不思議。
他の演奏者の音程やリズムと折り合いをつけられるというのが。
人間ってすごいなーと改めて思いました。


そして、この番組を見て一番強く感じた事。

譜面起こしの才能を持つサヴァン症候群の人が居たらいいなぁ。。。

もし居たら、昨日の記事に出てきた曲のピアノパートを
ぜーんぶ楽譜作ってもらうんだ!!!
[PR]

  by rosa_hiho | 2012-01-28 00:03 | Others

<< イタリヤに行ったりや! 一度は弾きたいピアノ曲 X篇 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE