上海旅行記⑬0227寒山寺・功徳林・菊花茶

引き続き寒山寺。
なんでこんなモノがこんなところに。
e0039100_22134853.jpg




先ほどの五重の塔らしきものに登ってみました。
この薄曇りも風情があると言えば言えるけど、好天だったら良かったなー…
e0039100_22135498.jpg

屋根瓦に大量の小銭発見。トレビ?
e0039100_2214216.jpg

お寺のはずれにこんな所も。
e0039100_2214775.jpg

意外と急勾配でした。
e0039100_22141571.jpg

そばにあった、ポップコーンと栗菓子の屋台。
e0039100_2214198.jpg


寒山寺めぐりも一段落ついたので、お次は留園へ…と思ったのですが、
バスもタクシーも全くつかまらず、周囲に食事できそうな所も見当らず。
とりあえず目指す方向に向かって歩きましたが
寒いわお腹空いたわで、とても辛かったです。

景色は良いんですけどね~…
e0039100_22142668.jpg


幸い、なんとか途中でタクシーをゲットでき、留園へ。
「先に腹ごしらえしておこうぜ」と、ガイドブックに載っていた近辺の
精進料理店『功徳林』へ行ったのですが、ここが!!!
ある意味非常に中国らしいお店でして。
昔、出張中に立ち寄った店を思い出して、私は懐かしかったですけど。

まぁ、中国のお店としてそんなに珍しくはないレベルだとは思いますが
海外向けのガイドブックに記載するのはいかがなものか。

店内は、この写真の五割減くらいの明るさでした。
e0039100_22144261.jpg

名物のエビもどき炒め。エビ部分は蒟蒻ぽかった。
e0039100_221447100.jpg

麺。盛り付けが豪快というかおおらかというか何というか。
e0039100_22145321.jpg

精進チャーハンは甘酸っぱくない五目ずしみたいな感じ。
e0039100_22145799.jpg


申し訳なかったけど、完食はできませんでした。
味も良かったし、値段の割にボリュームあったのはありがたかったんですが
2人にこの量はちと辛かったです。

もうひとつ辛かったのが、暖房ゼロだったこと。
お手洗い使用と冷え切った体を温めるため、留園の前に
目に入った近くの「園外楼飯店」へ入ることにしました。

入るなり感じた、ホテルの雰囲気の良さとスタッフの対応の暖かさ。
結構格式のあるホテルなのではとお見受けしました。

菊花茶。2杯で30元。
功徳林が総計42元だったのを考えると、やっぱりちと高級?
でも何度もお湯を足しに来てくれたので、モトはとれてると思う。
e0039100_22152562.jpg

やっと人心地ついた2人でありました(笑)。
ここで結構長い時間、奥のTVでオリンピック見てました。
e0039100_22153266.jpg


ところで、今、ブログの為にこのホテルのHP見てたんですが、
上海で食べ損ねた雪蛤(7/28付記事参照)がここにあったなんて…!!!
しかも佛跳墙のミニ版もあるじゃないですか。
ここでお昼食べれば良かったかなぁ…orz
[PR]

  by rosa_hiho | 2010-07-23 22:16 | China & Chinese

<< 上海旅行記⑭0227留園1 上海旅行記⑫0227寒山寺 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE