生物多様性農業とはなんぞや。


…というネタに、ここ数日、
ぞっぷりと漬かっております。
もうしばらくは漬かり続ける所存。

そもそも『生物多様性』自体が謎ですが。
分からないなりにせっせと情報集めてたら、
…もっと分からなくなりましたw
みんな書いてる事がちょっとずつ違うんだもん。

おおざっぱに言うと、「生き物がいっぱいいる状態」。
「種内の多様性」「種間の多様性」「生態系の多様性」に分かれ、
それらの現在のバランスだけでなく、
時間軸での消滅や誕生の動きまでもを含めたのが「生物多様性」。

92年リオデジャネイロの地球サミットで「生物多様性条約(CBD)」採択、
93年発効、
02年オランダ・ハーグのCOP6で「2010年目標」が採択、
03年カルタヘナ議定書発効
そして、「国際生物多様性年」である2010年、
第10回締約国会議(COP10)名古屋にて開催予定。

…合ってますか?(笑)

んで、「生物多様性農業」は、もひとつ分からないんですよね。
そういう生物多様性に沿った農業なのか、
生物多様性を利用した農業なのか、
生物多様性を守るための農業なのか。
で、どこでどういう活動がなされているのか。

日本では、滋賀県がけっこう熱いらしいです。
琵琶湖を守らなければいけないからでしょうか。
日本最大の湖ですもんね。
まだ鮒鮨を食べた事が無いので、いつか機会が来るまで
作り続ける事ができるよう、是非がんばっていただきたいものです。

あと、兵庫県でコウノトリを守る活動とか。
コウノトリの住める環境づくりを目指した稲作とか。

そんなこんなを調べております。
ネットって本当に有り難いですね。
これだけの事を本屋と図書館と新聞だけで調べたら
きっとむちゃくちゃ大変だったでしょうね。

ネットに感謝しつつ、今日もちまちまと調べます。
明日も調べます。
明後日も調べ続ける事でしょう。

近い将来、専門家並みの知識を得られる事を夢みて。
[PR]

  by rosa_hiho | 2010-06-23 22:21 | Others

<< 至言なり。 癒しの動画たち >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE