寒い夜にはラーメンが似合う

ラーメン好きです。

呑んだ帰りとか、
小腹の空いた帰宅途中とか、
無性に食べたくなります。
美味しいお店の情報なんか聞くと、もうたまりません。
真冬に逆戻りしたかのような最近の天気も、
ラーメンが美味しく食べられると思うと
嬉しく感じてしまうくらいです。

ただ、近頃妙に脳裏に浮かぶ会話がありまして。

以前hideが食ったことあるというラーメンを食う。「市川さん、こういうラーメンを美味いって言うんだよね?ね?ね?」とhideが妙に確認を求める。「美味いけど?」「あーよかった。そうかこれが美味いラーメンなのか」「ん?」「俺ラーメンという食物を初めて食べたのがつい最近だから、どういうラーメンを美味いと言うのかわかんなくて不安だったの。」変な奴。

ご存知、市川哲史氏の「酒呑み日記」からの抜粋です。
(1994年12月Vol.52)

最初にコレを読んだ時は、
「世に言う『YOSHIKI vs HIDE味覚論争』は、
やっぱりYOSHIKIの方が正しかったんじゃ…」
と思ったものですが、よく考えると、実は自分も
何が「美味しいラーメン」なのかは分かってないんじゃないかと。

ラーメンは好きだし、美味しいと思って食べていますが
初めて行った店で『また是非来たい!!』とか
日常で『あのお店のラーメンを食べに行きたい!』とか
それぐらい強烈に、特定のお店のラーメンを美味しいと
思った事は無いなぁと、ふと気づいた訳です。
ましてや「このお店は美味しいから是非行ってごらん!」
と人様に自信をもってお勧めするとか、絶対に無理。

これは、自分がまだ本当に美味しいお店に出会えていないだけなのか
それとも単に味覚が鋭敏でないからなのか。
そんな事を考えながら、新たなラーメン店を求めて
浪速の地を徘徊する今日この頃です。

ちなみに、私の好みの傾向は
こんな↓感じです。

【結構好き】
古潭@なんば
(たこ焼きラーメンが無くなって残念)

四川辣麺@なんば
(これ言ったらダメかもだけど、
あのダシで辛くないメニューも食べてみたい)

一風堂@なんば
(ランチタイムにタダでご飯がつくのが嬉しい)

おちゃらん屋@梅田
(青龍らーめんが無くなるんじゃないかと
心配したけど、残ってて安心しましたw)

段七@梅田
(ちょっと量が少ないのが残念)

べら塩@中百舌鳥
(海老餃子は見た目より食べやすさを追求した方が良いと思う)

尾道ラーメン十六番
(スープが独特、麺は中国のラーメンに似てる。
でも実は、隣の定食屋『もとや』も気になってたり…
いつもタクの運ちゃんで混んでるから美味しいんだと思う>もとや)

【久し振りに行ってがっかり】
神座@道頓堀
(いつの間にこんなに堕ちたのやら…)

金龍@道頓堀
(食券機入れてからダメになっていった気がする)

信濃路@阿波座
(味が落ちたのか、それとも私が慣れて飽きただけなのか)


【評判と違ってがっかり】
一蘭@九州
(あの衝立がいけません…
まるで養鶏場の鶏になった気分で、美味しさ半減)

新福菜館@京都
(あの汁の黒さと、店の薄汚さがダメでした)

龍旗信@なんば
(この値段でこれ!?ってなった)

【久し振りに行きたい】
金ちゃんラーメン@山科
(コロッケラーメンが好きでした…
もしかして山科店無くなっちゃった?)

天下一品総本店
(近くに大学があって、学生に優しいメニューがあったのは
たしかこのお店だったと思います)

【最近気になる】
宗家一条流ラーメン十八代目@なんば
(スープがうまく作れなかったら臨時休業だそうです)

旬の幸@なんば
(ここの柚子塩ラーメンが食べてみたい)

あらうま堂@梅田
(たまゆラーメンが気になります)


ところで、会話に出てくるラーメン屋は
どうも大阪のお店のようですが、
とすると、これはやっぱり
彼がサインを残している「神座」なんでしょうか?

うん、当時なら美味しいと言って差し支えないと思います。
店舗はひとつ、メニューも一種類の
まさに「一杯入魂」な感じの味わいでしたから。
今はねぇ…

hideちゃんゆかりのラーメン屋だから
数年に一度の割合で食べたくなるんですが、
もう行く度にがっかりです。
味覚に自信の無い私が言っても説得力ないですが
少なくとも、初めて食べた時のあの感激は
今の神座のラーメンには感じられないのです。
[PR]

  by rosa_hiho | 2010-04-16 23:35 | hide & X

<< 中国語 嫌いになったら それはその時 悲喜こもごもな三日間 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE