メイドカフェが女仆咖啡厅なら執事カフェは管家咖啡厅なのか

確か、「YOSHIKI/佳樹」の中訳版の発売日が27日でしたね。
売れ行きはどんな感じなんでしょう?
香港台湾でまず発売、その後大陸にも…というお話だったけど
それは繁体字なのかな、それとも簡体字?
ネット上では既にファン独自の翻訳も出てたみたいでしたが
どちらの訳がより原文に近いんでしょうね。
読み比べるのも面白いかもしれない。

…と、相変わらず仕事には使えなさそうなジャンルでの
中国語の知識ばかりが増えそうなろざさんです、こんばんは。

今日、学校で”保姆”についての日中ニュアンスの違いを話し合っていて、
先生が「執事は中国語で”管家”と言います」
と言われたときに浮かんだのがタイトルの疑問。

帰って早速調べてみたら、両方言うみたいです。
カフェの方は、咖啡厅・咖啡屋・咖啡店などなど各種表現があるんですね。なるほど。
中国にはまだ無い…と思っていたら、
最近上海に一軒できたという記事を発見。
写真見た感じでは、どちらかというとホスクラ寄りに見えましたが。

で、1巻しか読んだことないけど絵が結構好きな
「黒執事」はなんて訳すのかな?とgoogle先生に質問。
これも、”黑管家”・”黑执事”両方言うんですね。ふむふむ。



…だからどうして私は、絶対仕事に使わないような語彙ばかり
せっせと増やしてしまうんでしょう…orz



ところで、「女仆」「咖啡」で検索していたら、
「日本一家咖啡店里扮女仆的全是男人!」
(日本には全員男が女装しているメイドカフェがある!)

というタイトルが多数ヒットしたんですが…
本当にあるんですか!?
そして、そのお店は一体どの客層に需要があるんでしょう???
[PR]

  by rosa_hiho | 2010-01-31 01:18 | China & Chinese

<< 上海行くよ! 蘇州にも行くよ! 手肌つるすべ♪ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE