音は可愛いんだけどねぇ…(注:閲覧要注意)

☆注意!☆
やや痛グロいお話なので、
苦手な方はお読みにならないよう
お願い致します。














謎の湿疹を診て貰う為皮膚科を訪れ、
ついでに長年気になっていた
右眉毛下の塊について訊いてみたところ。

「あぁ、粉瘤ですね」

ふんりゅー?
なにやら可愛らしい響き。

帰宅後検索してみたら出るわ出るわ。
まずgoogleさんとこで「ふんり」まで入力したところで候補が並ぶ。
しかも至る所で「意外とポピュラー」と紹介されている。
そうかー、実は良く知られている代物だったんですね。

お医者様には「治療は切除手術になるんですが
ウチでは無理なので、ご希望でしたら紹介状書きますよ」
と言われたのですが、痛くも痒くもない状態で長年やってきたし、
ちょっと訊いてみただけだったんで、その場は保留にさせてもらって。
それが、約2週間前。

おとといくらいから、いきなりえらい勢いで腫れてきましてね。

でかいわ赤いわ痛いわ痒いわ。
て言っても、直径1cmにも満たないものではあるんですが、
場所が場所なんでえらく目障りで。
まさに「目の上のタンコブ」状態。

そこで改めて検索しまくったんですが、
前回ので分かっちゃいたんですが、
これ、自然治癒は滅多にないみたいですね。
どこ行っても「切除」「手術」「袋を取り除け」のオンパレード。
ついでにうっかり某形成外科サイトに行って
粉瘤・脂肪腫・ガングリオンと立て続けに見てしまい
治療画像でお腹一杯状態ですorz

それでも、紹介されてるのはたいてい数cmサイズで
私みたいに小粒のは見当らないので、
これ本当に粉瘤?と、一抹の疑問(というか願望)も
なくはないのですが。

とにかく、連休明けたらまず皮膚科行って
対策を考えることに致します。


歯科に皮膚科に整骨院…
今年はやけに病院のお世話になる年です。



あ、それと。

湿疹は結局アレルギー性だったのですが、
今現在の自分の体質を確認する為
血液検査を受けたのですが。
その、採血の注射が。

やけに気持ち良かった。

全く痛みを感じず、むしろ快感と言って良いような
感触だけが腕に残りました。
思わずもっととか言いそうになりましたよええマジで。

昔は病弱だった為、注射には人一倍耐性ある方だと思いますが
長年の注射器経験でもこんな感覚は初めてです。
これは、よっぽど看護婦さんの腕が良かったんでしょうか?
注射針さばきが絶妙だと、気持ち良くなってしまうんでしょうか?

「俺の胃カメラはみんなが呑みたがる」と豪語する
胃カメラの名手が滋賀県には存在すると聞きますし、
快感をもたらすような注射ができる人も居るという事なのでしょう。
私だけが気持ち良かったんじゃないですよね。
そう思いたい。
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-09-20 12:02 | Others

<< 「罪と音楽」のタイトルに思う事 鶏・三・昧 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE