ネット用語におけるXメンバーの愛称@中国語圏

相変わらず、中国語学習へのアプローチの仕方が
非常に偏っている今日この頃のろざさんです。

先日、台湾で知り合ったX fansに、
ネットでのメンバーの愛称を各種教わったのですが
(http://jazoo.exblog.jp/10476506/の台湾レポに加筆しました)、
検索していたら他にも色々出てきたので、
もう大陸その他中国語圏一緒くたにして追加してみたいと思います。

TOSHI:玉米(トウモロコシの意。
初期の逆立てた髪型がトウモロコシの穂に似てるから)

YOSHIKI:女王(見たまんまw)、阿YO、某YO、小YO、老YO、YO大人
YOYO、林小花、林花花、拉面公主、田鼠、猪

PATA:大叔(叔父さん)

HEATH:小狐狸(子ギツネ)

HIDE:秀秀、DEDE、粉红蛛(モモイロノクモ)、
大爷(おじさん、おじいさん、旦那:
…自分の事を”おっちゃん”と呼んでいた事からの中訳?)

SUGIZO:大狐狸(大ギツネ)、SUGI

TAIJI:大哥(アニキ)、泰哥

やっぱりYOSHIKIさんのが圧倒的に多いですね~
以下ちょっとまとめて解説してみます。

女王は置いといて(笑)、YO絡みは当然YOSHIKIから来てる訳ですが、
「阿」は呼称の前につけて親しみを表す接頭語(「阿Q正伝」て本がありましたね。)、
「某」「小」「老」も、それぞれニュアンスは違うけど用法としては同じです。
「大人」は…、えーっと、
(書)世代が上の人に対する敬称/(旧)地位の高い長官に呼びかける敬称
だそうです。なるほど。

林小花、林花花、…はどうしてこんなニックネームがあるのか
私も常々疑問だったのですが、それは中国語圏でも同じらしく、
あちらの「教えて!goo」的なサイトでも質問を見かけました。
どうやらいくつか説があるようです。曰く、
「はにかんで笑う様子が花のようだから」
「某フォーラムで誰かが
『林小花,林小花,男人四十一枝花(※)』と言ったのが広まった」
など。
あと、これは日本語サイトのどこかだったと思うんだけど
「『佳樹』には中国語で「綺麗な花の咲く樹」という意味がある」
というのもありました。
まぁ色々総合されてこうなった、って事なんでしょうかね。

えー次、「拉面公主」。
直訳すると「ラーメン姫」。
「ラーメンが好きだから」「昔の髪型から」の2説あるようです。

「田鼠」はノネズミ。
えーと、その…「見た目から」らしいです(^^;
まぁ「さんまのまんま」でも「(食べるなら)スティック系」て言われてましたもんね。
日本でも某所で「モグラ顔」って聞いた事あるし。
基本的に齧歯目タイプのお顔立ちという事なんでしょう。

「猪」はイノシシではなくブタ。(中国語でイノシシは「野猪」)
…ブタってひどくね?と思ったのですが、
別に悪意があってついた綽名では無さそうなので調べてみたところ、
「大食い」「話がよく脱線する」「動きが神経質そう」
「アーティストで「猪」と呼ばれる人は何人かいる(例:HYDE)」

などなどのご意見がありました。


ところで。
「YOSHIKI 林小花」で検索していてよく見かけたのが、
ニックネーム欄の「TAISO」という記述。
TAISO…体操?大層? ???

これが本当に分からなくて。
あちこち検索しまくって、前述の「教えて!goo」的な所で探したりして。
やっぱりアチラでも「『TAISO』って?」みたいな質問がされてて、
「HIDEがよく呼んでた」なんて回答がチラホラしだして
ますます「え、そんな呼び方HIDEちゃんしてたっけ???」と悩んで
解答欄をスクロールしていく内、ひとつの回答にブチあたり。
「それって『TAISHO』じゃね?」


。。。


「大将(TAISHO)」っすか!!!


これには本当に脱力しました(笑)。
某NHKの番組でぴったりしたウェア着ながら
子供達と戯れるYOSHIKIさんを連想した、
私の数分間を返して!…という気持ちでしたよ、本当に。
やたらYOSHIKIさんのニックネームの所でヒットしたのは、
最初に誰かが間違えて、そこからあちこちへ
コピー&ペーストされていった結果なんでしょうね。
ネットって怖いですね。

yoshiki taisho に一致する中国語(簡体) と 中国語(繁体)のページ 約 120 件
yoshiki taiso に一致する中国語(簡体) と 中国語(繁体)のページ 約 430 件


今の所、ヒット数はこんな↑感じなんですけど、
少ないながらも最近のサイトは「taisho」表記が主流なようだし、
その内修正されていくんだろうと思います。

そういや、でも、私も大将と呼ばれるに至った由来は知らないな~
あれってHIDEちゃん以外にGEORGEさんやUMEさんも使ってましたよね?
エクスタシー由来って事なんでしょうか?

あ、そうそう、前述の「田鼠(ノネズミ)」ですが、発音がtian2shu3なので
「『TAISHO』と発音が似ているから」という説もあるようです。


…以上、『どこにニーズがあるか分からない
中国語の豆知識』でした!(笑)
くどいようですが、あくまでもネット上の呼び名らしいので、
普段は普通にメンバー名で呼んでいるんだと思います。

ちなみに上記の質問サイトによると、
「YOSHIKIさんの綽名はこれからもどんどん増えていきそう」
との事でした。
これ以外の表記を発見された方は、ぜひろざまでご一報くださいませw





※補足。というか余談。
「男人四十一朵花,女人四十豆腐渣」または
「男人四十一枝花,女人四十烂茶渣」。

調べたところ、これは広東にある諺で
「男は四十で花となり、女は四十でオカラ/出がらしとなる」
という意味になるらしいです。
えらい言われようですが、それはひとまず置いておくとして、
上述の”フォーラムでの発言”は
これを踏まえて出されたのだと予想されます。
中国語で発音すると、
『林小花,林小花,男人四十一枝花』って確かに凄くリズムが良いので、
”そこから広まった”というのはとても納得できる説だなと思いました。
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-07-13 00:29 | hide & X

<< エックスの細マッチョ 通学帰り2 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE