初夏の新緑大江戸参戦記:ライヴの後

ゲートを出て、今回チケを譲ってくれた&隣席だったO氏と別れ、
2人のSさんと飲む食べる語る。
ドーム近辺が悉く満席or閉店間近で、
かなり遠くまでジプシーしてしまったのですが
あてもお酒も美味しくて、結果的に良いお店に入れたなと思います♪
それにしても、ライヴ後呑み会は初めての経験だったのですが

ライヴ満喫の喉にしみるビールがあんなに美味いとは!!

そして美味しいお酒と共にトークも弾む。
人の感想を聞くと、また違った角度から振り返る事ができて
二重にも三重にもライヴを楽しめる気がします。
新曲「Jade」の感想を述べあったり、
前のブログに書いた通り『ドラムソロ前の険しい顔』に新しい解釈を貰ったり、
PATAコスさんの存在を教えてもらったり、
大将がTOSHIのMCを仏語訳しないどころか
「We Are!」しか言わなかったのは
どうせそれ以外何喋ってもカミカミだからに違いないと解釈したり、
そんな事を喋り捲っておりました。
ライヴレポ中の、出山さん笑顔の「エロオヤヂ」レタリング
(太字、半角スペース、「チ」にてんてん)は、
この時の3人の合作によるものです(笑)

もう一軒いって更に語って、Sさんに限界が来た処で散会。
数日前から超ハードスケジュールだったのに
深夜まで遊んでくださって、Sさん本当にありがとうございました!!

タクで戻ったら、ホテル前の車にでっかいXステッカー貼った車が。
思わず写メってアップしてしまったのが
3日深夜のブログ記事です。
酔っ払いの仕業と思ってお見逃しくださいm(_ _)m

翌日ゆっくり起きてのんびり支度して、チェックアウト。
スーツケースをフロントに預けて、
4日ブログの通り「吾照里」にて昼食。

そして池袋。
前々から「普段着にできるサリー」が欲しいと思ってて、
ネット通販じゃなく直接店頭購入ができるらしい
インドサラサの店」をチェックしていたのです。
(ちなみに、HPでは経路として「JR池袋西口」とありますが
地下から行くなら、1a・1b・2aあたりの方が近いかなと思います)

その陰には勿論、「普段サリー着て近所へ買い物に行ったりしてた」
hideちゃんのおばあ様への憧れがあります。

これですね。
e0039100_1945148.jpg

まぁおばあ様は、こんな着こなしはなさってないと思いますが(笑)

そういう訳でお店に行ったのですが、
店員さんがとても明るくて可愛らしくて
しかも丁寧な接客してくださる方で、
大変楽しいひとときを過ごさせてもらいました。
ぬこ部長はいるし(笑)。←HP参照
「パーティかイベントでお使いですか?」の問いに
「いえ、普段着に使いたいんですが」と、
普通そういう事言う奴おらんやろ的な回答をしたにも関わらず、
全く動じる気配も見せずに
「それならこちらの棚がおすすめですよ~」と対応してくれました。

サリー選びの間も話が弾み、Xのドームライヴで来た事を話すと
「そういえば昨日いらっしゃいましたよ、
『hideの着ていたサリーが欲しい』って来られた方」と。
ただでさえサリーなんて(インドのお国柄的に)
同じモノを2つなんてそうそう手に入らないと思うのに
数十年前の品を、しかもライヴ当日に購入てのは
余りにも無謀ではなかろうか、と門外漢ながら思った次第です。
良く似た色柄を探す位で妥協するしかないんじゃないかなぁ。。。
結局、そのお客さんはビンディのみ購入していかれたそうです。

実店舗の規模は小さいのですが、サリーの他に
アオザイ・チャイナドレスatcアジア民族衣装各種も扱ってて、
服も、買い付け分以外に現地工場でオリジナルデザインや
日本人体型に合わせた仕立ての商品も作っている、
かなり手広い経営をしてらっしゃるお店のようでした。

「いま他にお客さんもいないから、どんどん試着してください!」と
アオザイも何着も着せてもらったりして。
チャイナ・シンガポール民族衣装・サリーに加えて
近い内にアオザイもワードローブに追加してしまいそうです(^^;

勿論、肝心のサリーも実践で着付け教えていただきました。
基本はコレ、外出時はコレ、家事する時はコレ、などなど数パターン。
アクセも、チュール・ビンディ・ティカ・パンジャとあるわあるわ。
どれだけ沢山着けても良いらしいので、
これから少しずつ買い集めていこうと思います。
本日は、サリーとペチコートとアンクレットのみ。

(買っちゃった♪)
e0039100_19482163.jpg


「サリーは着物や浴衣に比べたら全然難しくないから、
どんどん普段着に着て、慣れていってくださいね~!」
と、最後まで明るく優しく送り出してくれました。

ところで。
実は、この時点で帰りの交通手段を用意してませんでした(笑)。

金券ショップを検索したら一番分かりやすそうなのが
渋谷だったので、センター街近くの「大黒や」へ。
そしたら「新幹線回数券はGW中使えません、ウチは回数券以外扱ってません、
この手の金券ショップはたいがいそうです」とにべもない対応。

すごすご引き返し、道中目に入った「チケットフナキ」に入ったら
「回数券使えないんでこちらになります、
東京駅の東海ツアーズで、日にちの変更手続きしてくださいね」
と普通の片道切符を販売してくれました。
あきらめないで行ってみるもんですね。

こちらは、池袋の東京芸術劇場前でやっていた大道芸フェス。

e0039100_19493292.jpg

e0039100_19495690.jpg

ヨーロッパとかだと、こういうの日常的にあったりするのかなぁ…
ちょっと憧れます。

ボケボケ歩いて、のんびりスーツケース回収して、
ゆっくり東京駅に行ってチケット手続きして。
余裕で自由席座って、いい頃合に帰阪。

自分にちょうど良いペースで動いた筈なのに、
翌日以降のこの疲労っぷりは年齢のせいでしょうかorz
いや、ドームでの腕振りの筋肉痛が翌日来たんだから
まだまだ若い!そう思いたい!!

この旅でお世話になった皆さま、
本当にありがとうございました!!
次回お会いできる時を楽しみにしています!



で、購入したサリーを
自宅でおさらいがてら着てみた訳ですが。

e0039100_19503711.jpg


…微妙……

なんかお店の時と違うのは、自分があちこち
着付けを間違えてるからなんでしょうね。
詳しい動画サイトでも探してじっくり勉強して、
いずれ買い物やお散歩に着ていけるようにしたいと思います♪
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-05-06 19:56 | hide & X

<< “王子”と聞いて思い浮かぶアー... 初夏の新緑大江戸参戦記:ライヴレポ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE