初夏の新緑大江戸参戦記:ライヴレポ

セトリはYmスタッフレポから。
でもあのスタレポ、けっこう曲名に誤字がありましたね(笑)

16:30ドーム着。
今回はグッズ買うつもり無かったので呑気なもんです。
グッズ狙いだったら、今日の夜明けから並ばなきゃいけなかったろうなー。
でも後からPATAさんグッズに「まるぱ印」の湯のみがあったと聞いて
それはちょっと欲しかったかも…と思いました(^^;

開場は始まってる筈なんですが、まだ外にもお客さんが一杯。
あっちにもこっちにもコスさんが居て見てるだけで楽しい。
姫YOSHIKIコスにセレブYOSHIKIコス、
赤ロン毛hideコスにピンク短髪hideコス、

…サイコテディベアコスまでいる…

どうやって作ったんだろうあの着ぐるみ。外注?
(あと、赤モヒPATAコスの女性もいらっしゃったそうです。
しかも凄く似てたらしい。見たかった~!!!)

1階スタンド上手ギター側に着席。
会場全体が見渡せてイイ感じ。
毎回思う事ですが、Xのライヴって会場もカラフルなんですよね。
頭髪がカラフルな方が沢山居るから(笑)。
眺めているだけでも楽しいです。
そして、ドームの天井が妙に明るいのが変な感じ。まだ夕方だもんね。
17:00なんて早い時間に開演時間を設定したのは
多少押しても大丈夫なように幅もたせたんだろうか、
とか勘ぐってしまいました。

そして案の定(笑)若干押して17:30前に開始。

1曲目は「Rusty Nail」。
良かった、みんな元気そうで。
(いきなりこの↑感想もどうかと思うんですが
やっぱり毎回ハラハラしちゃうんですよね、どうしても)
TOSHIの声も相変わらず凄い。
MCも絶好調。

お次は「WEEK END」。
2曲続けて激しい曲で嬉しい!
家で聞いてる分には壮大なバラードも悪くないけど
ライヴはやっぱり暴れてなんぼな気がするので
ノれる曲の方が好きです。

そして新曲!「Jade」!!
感想は…まだ好きか嫌いかは決められないな、と思いました。
I.V.の時もそうだったんで、もう4~5回聴いてから決めたい。
中盤までは今風だけどXぽくないという感じ。
でもサビはしっかりYOSHIKI節(笑)。
5/1にできたばかりらしいから、たぶんこれからどんどんアレンジして
世に出る頃には全く別の曲になってそうな気もします(^^;

地の底を這うような重低音が響いて…
なんと「DRAIN」やってくれましたですよ!
嬉しさの余り、一人でヒクヒク震えておりました(笑)
知名度のせいか会場の反応はイマイチな気もしたけどorz
でもアレはかっこいい曲だから、またやって欲しい。どんどんやって欲しい。

暗転、TOSHIとPATAとHEATHがてくてく歩いて出てきて、
椅子に腰掛けてまったりトーク。
それにしても出山さんのMC、益々磨きがかかったというか
一皮向けたというか凄みが出てきたというか…
「この一年いろんな事があったけど、どんな問題があっても
どんなにおどされても、脅迫されても、負けないぜ!なあHEATH

て(笑)。

あと、「HEATHは気合が髪にまで表れてる」とか

T「PATAは気合…とは無縁だよね」
P「無縁ですね」
T「PATAが…気合入ってねぇぜ~!!」とか。

「YOSHIKIの気合はいつも通り」と妙にサラッと流してるのも面白かったw

3人ちんまり腰掛けてる構図を見て、思わず「え、VOICELESS SCREAMING!?」
とか期待しちゃったのですが、やったのは「Longing」でした。
やっぱあの曲はやらないかぁ~…好きなんだけどな。
それにしても出山さんがこれまたフォーク色全開で。
TOSHIとPATAはともかく、HEATHがあの衣裳にメイクで座ってベースってのは
ちょっと見た目的に気の毒な気がするなぁと思ってしまいましたw

そして大将が薔薇持ってお出まし。
薔薇投げたりXポーズしたりして楽しそう。
復活してからあのポーズ増えましたね。
昔はあんなに頻繁にやらんかった気がする。
Piano Soloは思ったよりあっさりしてて、そのまま「Tears」へ。
さっきはハードなナンバーが好きと思ったけど、
こうやって聴くとやっぱりうっとりします。
何よりTOSHIの声が良い。
この年でこのキーでこの声量って凄いよなぁ。。。

「Tears」終了後、ステージにはピアノに腰掛けるYOSHIKIと、
その傍にはバイオリンを構えたSUGIZOが。
あれってエレクトリックバイオリンですかね?
自分が慣れてないせいか、どうもあの金属的な余韻が辛かった。
いっぺんアコースティックバイオリンでも聴いてみたい。

そのまま「」のイントロへ。
うーんhideちゃんのギターイントロじゃないのかー、とちょっと残念でしたが
こういうのも新鮮で良いですね。
そして「紅だぁーっ!!!」で会場一杯に舞い散る銀テープはやっぱり壮観。
いっぺんアレを頭からかぶってみたい(笑)。

そして「ラストナンバーいくぜ!」と「Orgasm」開始。
映像で見てただけの時は「長ぇよ!」とか思っていたのですが
実際参加すると、これほど楽しい曲はないですね。
全力で歌って叫んで暴れる事に意義がある。
お約束のCo2とか「ここまで声届かせろ!」とかやってる中、
ふと気付くと、スクリーン上の石塚先生の背後になにやら巨大な物体が。

そうこうしている内に、ステージ両脇から
ずももももも…と全長12mのYOSHIKITTY
出山さんが花道中央で「腹から声出せ!」とか「隣の奴に負けるな!」とか
かっこよく煽ってる背後にYOSHIKITTY
なんかもうね、余りにもシュールで笑ってまいました。
インディーズ時代のQ太郎ってこんな感じだったのかと(笑)。

そしてYOSHIKIさんがマイク奪って煽りだしたんですが
いきなり「We are!」「You are!」て。
コケました…
よっちゃんそれ「X」だから。

気を取り直して(笑)TOSHIが「Orgasm」の煽りを改めてやってくれて、無事終了。
今回着ていたのが裏地なしのチャイナドレスでちょっと肌寒かったのですが
曲が終わった時にはもう汗だくだくのだらだら。
でもその分気分爽快。

「また会おうぜ!」とメンバーが去っていった後、あれ?と思ったのは
たいがいこの辺で沸き起こるアンコールの声がいっこうに始まらなかったこと。
アンコールの意思表示である手拍子とか、「We are X!」コールは沢山出たのだけど
言葉での「アンコール!」てのは無かった気がする。
こういうのが自然発生するかしないかが
その場の流れで決まるのも、ライヴの醍醐味なんでしょうかね。

でもウエーヴはいつも通り沢山やりましたw
両側から起こって無事クロスして端まで行ったりすると拍手喝采。
アリーナ席は、最初前後に作ってたのでなかなか続かなかったのですが
左右からやりだした後は見事にうねってて
上から見ていると、ほんと見応えありました。

そうこうしてる内に第2幕。
「VIOLET UK」と「h.NAOTO」のコラボファッションショー開始。
うーん、かっこいいとは思うのですが、
Xのライヴとしては違和感あるなぁ。
VIOLET UKのライヴでやってくれれば見たいんだけど。

ショーの終了とかぶるようにしてYOSHIKIさん登場。
スクリーンに大写しになった表情が妙に険しく見えて
「ひょっとしてアンコール無かったから怒ってる…?」と心配になった私。
ライヴ後、友人に「気合入ってたって事じゃない?」と言われて安心しましたが
その時は「このまま帰っちゃったらどうしよう」とひたすら案じておりました(^^;

有り難い事にYOSHIKIさん帰らずに(笑)DRUM SOLO開始。
今回もドラムセットにキーボード組み込まれてましたが
前の片手演奏から、今回は両手演奏にグレードアップ。
Say Anything」弾いてくれてました。
しかもその間中、両足はツーバス踏みっぱなし。
どうやったらあんな事できるんだろう。

花道の先頭まで行った処で、やおらドラムセットの上に立ち上がる大将。
そりゃ相当良い眺めだとは思いますが、こっちにしてみたら
「危ないから降りなさい!」と気が気じゃないです。
座りなおして、頭を抱えるような仕草。
昔、HIDEちゃんがインタビューで語っていた事を思い出しました。

「そういえばさ、ドラム・ソロの途中で、ヨッちゃんが癖なんだろうけど、
頭を抱えるみたいなポーズをする箇所があるんだよ。それで、
俺が袖で見てたら、PATAが向こうのほうから急いで走ってきてさ。
『おい、あのシーンは終わったか』って聞くから、
『いや、まだだよ』っていったら、
『ああ、良かった。あれを見なくちゃな』っていって、一生懸命見てた(笑)」

(「SHOXX」Vol.31より)


思い出しつつ、これの事かぁ、と思いながら見てました。
今回も石塚先生はちゃんとご覧になったのでしょうか?(笑)

DRUM SOLOが終わるのと重なるようにして
TOSHIのアカペラで「WITHOUT YOU」が始まって。
その間にYOSHIKIがドラムセットから花道に降りたのですが、
そこが脚立のようなハシゴを降りる形になってて。
あんなヨロヨロなのに大丈夫?落ちない?と一人ハラハラしておりました。
こうやってみると、なんか心配してばっかりだな、私(^^;

「WITHOUT YOU」の映像がリニューアルされてて、
デビュー前後に屋外でとったらしい写真に
「緑の草木が背景って似合わねぇー!」とか
ジェットコースターに笑顔で乗っている映像に
「絶叫系への恐怖を克服したフリをしているね?」とか
そういう笑い所を探しつつ見てました。
だってそういう事でもしてないと、正気で聞けるもんかあんな曲。

YOSHIKIがTOSHIをおんぶして退場。
「ほらっ、TOSHI、乗って!」と物凄く背中で催促してる光景が
見てて微笑ましかったですw

これで終わりじゃないよね、と思いつつ、
やっぱりアンコールの起きる気配が無い会場に、ついついまったり。
そしたら段々会場が明るくなってきて「え、え、何事!?」とめっちゃ焦ってしまいました。
だってまだ20:30かそこらでドーム側に追い出される時間でもなかったし。
と思ってる間に「World Anthem」が始まりひと安心。

大将登場、ピアノの旋律が流れるや会場も「I.V.」サビの大合唱。
反応良いなー。

そしたら、「韓国とフランスからも来てくれています」
ファン代表らしき人達がステージにあがり、
「延期になってしまってごめんね。絶対やるからね」とTOSHIが言い、
署名入り横断幕を受け取ったYOSHIKIが一人一人とハグ。
うあー良いなあぁ!と思ってる間に、TOSHIとのハグがスクリーンに映ったのですが
その瞬間のTOSHIの満面の笑みが妙に エ ロ オ ヤ ヂ に見えて
思わず笑ってしまいました(^^;
さっきまで「YOSHIKIとハグなんて、ファンの人良いなぁ」だったのに
「綺麗なお姉ちゃんとハグできて良かったねTOSHI!」な感じに(笑)。

けどTOSHIのセリフが日本語だったんでYOSHIKIがフランス語か
せめて英語で通訳してあげるのかな…と思っていたら
いきなり叫びだしたのが「We are!」「You are!」
もう一度「よっちゃんそれry」と突っ込みたい気分で一杯になりましたorz
こっちにI.V.大合唱させておいてそりゃあねぇだろと。

まぁそんなファンサービスタイムも終わって、
大合唱に合わせてI.V.開始。
この曲は聴けば聴くほどにハマっていく、
誰かが言っていたけど「スルメのような曲」です。
だから「Jade」もそうなるんじゃないかなと期待してます。

そして!
「X」!!!

えぇ飛びましたとも全力で。
だってHIDEちゃんの飛べ飛べコールが凄すぎて。

「トベトベトベトベ」
「飛べ~や、飛べ」
「やれ、飛べ、それ、飛べ、飛べ、飛べ、飛べ飛べ飛べ飛べ」
「トベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベトベ…
屋根を、ぶち破っちまえ~っ!!!


ほんとこんな感じで。
過去の飛べ飛べ映像根こそぎ使ったんじゃないでしょうかアレ。

たとえ「え、だってXジャンプ禁止って聞いたし…」と躊躇していたとしても
「そこまで言うんなら飛んでやらぁ!」となってしまいそうな煽りっぷりでした(笑)
メンバーの皆さんもパワー全開。
よっちゃんバラ鞭でドラ叩いてるし。
そんなんで叩いても、音は出ないでしょうに(^^;
で…
「On BASS, HEATH!」に始まって、PATA、SUGIZO、HIDE、YOSHIKI、
…ってやってたら、そこでタイムアウトに。
あそこの、5人分の尺で6人紹介するのは厳しいんだろうなぁと思いました。
「On VOCAL, TOSHI!」を殆ど犠牲にする形で続きを歌ってた出山さん。
優しいですね。

思う存分飛んで暴れて、はー満足、と思っていたら
「本当はここで終わりなんだけど…」と出山さん。
この一言は嬉しいですね!
たとえ演出だとしても(笑)嬉しいです。

その後、顔を見合わせて「さて何やる?」という風情の
YOSHIKIさんとTOSHIさん。
本気で何やるか考えてなかったんですかw
一瞬アンフィニ弾きかけたように見えて、わーい♪と思ったんですが
結局「ENDLESS RAIN」に落ち着きました。
演りやすいんでしょうね、これ。
昔ラジオで演った時も、ベロベロに泥酔しながらも弾けて&歌えてましたもんね。

そしたら終盤の合唱中に、お2人ステージから引っ込んでしまわれて。
うわーやられたと思いました。
だってそんな風にされたら、合唱止めるに止められないじゃないですか。
そして赤坂BLITZの悪夢再びですよ。エンドレス合唱(笑)。
一回会場全員で示し合わせて合唱止めたらどうなるだろう、
とかチラッと思ってしまいました(笑)。
まぁしないですけどね。
よっちゃんが喜ぶなら歌いますですよ。
ペンライトも綺麗だったしね。星の海って感じで。
そういや今回、ペンライト用意する暇が無かったのが残念でした。
今度は絶対赤と青と白の3種類持ってこよう。
そんな私は、何か振りたい時は、持参した
UFOキャッチャーhide人形を振っておりました。

…と、合唱していたら、「ART OF LIFE」のピアノソロのリフレインが。
うわー大盤振る舞い!!と感動しつつ、
そろそろ時間やばくね?という危惧が一瞬脳裏を掠めたのですが
気にしたら負け!と即座に脳内から消し去りましたw

そしてピアノソロ。
やっぱりよっちゃんのピアノソロ好きです。
ドラムソロより好きかもしれない。
でも今回はあくまでもART OF LIFEのインプロヴィゼイションって形だったから
去年の創造の「獣がここに居る」みたいなイメージはありませんでした。
あれは凄かったなー、魂剥き出しって感じで。

そこからART OF LIFEをラストまできっちり演奏して、
とうとう、終了。

花道を駆け巡るメンバーがみんな、
達成感に満ちた凄く良い笑顔をしてました。
今回の席からは、上手ギター側の花道だと表情が肉眼でも分かったので、楽しかったです。
TOSHIがハグの為に両手広げてるのに対して、照れがあるのか、
軽く前蹴り喰らわすフリしてからハグに応じた石塚先生が印象的でしたw
同じ花道で仰向けに寝そべりつつ花束を解体している大将。
なんだか不器用そうに時間かかってる様子を見ていて、
「手ぇケガしなや~」とまたオカンな気分になってしまったり(^^;

あと、YOSHIKIがステージから降りて、アリーナ最前列と花道側のファンの手に触れるように
手を伸ばしながら全力疾走してるのが、凄く羨ましかった。
スクリーンでその光景を見た後、実際の姿に目を移してそのスピードにびっくり。
めちゃくちゃ足速い!!
昔、スポーツ医師か誰かが「身体能力が高い」と言っていたそうですが、
確かにそうなのかもなと思いました。
そして花道から遥か離れたスタンドの所まで走っていく姿にまたびっくり。
そうか…花道とは全然関係ない所にまでセキュリティが配置されていたのは
ああいう時の為の要員だったのかw

そして担がれてきたhide人形…ニューバージョンになってる!
デビュー直後の金髪バージョンですよ!
石塚先生の髪から作った付け毛もちゃんとある!www
少し小柄になって、腕が可動式になってて。
メンバーがそれぞれ抱えて、こちらに向けて手を振ってくれました。

最後にYOSHIKIが一人ひとりに耳打ちしてたのは、
手つなぎジャンプのタイミングの打ち合わせかな?
(たぶん7回目の)腕上下でジャンプして、ほんとにほんとの終了。

みんな何度も何度もお辞儀したり手を振ったり水投げたり
hide人形に水かけようとしたりw、最後の瞬間まで名残を惜しんでいました。
そしてHIDEの位置のスピーカーに大将が薔薇を置いた姿が印象的でした。

直前まで本当にやるかどうか危ぶまれていたとは
とても思えないような、堂々とした、立派なステージでした。
心から言えます。

「いやぁ楽しかった!!!」



そして、時計を見たら21:30少し手前でした。
本気で東京ドーム出禁になるかもしんない(笑)
[PR]

  by rosa_hiho | 2009-05-05 20:33 | hide & X

<< 初夏の新緑大江戸参戦記:ライヴの後 初夏の新緑大江戸参戦記:ライヴの前 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE